挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

54/125

8-054.昼下がりのギルドは冒険者で賑わう

 
 ――虹の街ウオバル。

 人口一万五千人を数えるフォス王国有数の都市である。アラニー河を背に高い城壁に囲まれたの中心に、この地の領主であり、現フォス王の弟であるウォーデン卿の居城がある。ウオバルは国境にほど近い位置にありながら、王国有数の魔法騎士大学で教官を努めるマスタークラスの騎士団と高位の魔術師達を中心とする守備隊を有し、その守りは堅固であった。

 また、付近の杜にはモンスターが出没し、彼らを狩ることで生計を立てようと、腕に覚えのある冒険者達も多数集まり、隣国からも一目置かれる存在であった。

 要するに、ウオバルに手出しをする無謀な企てを試みる者は皆無であり、王国の中でも治安のよい都市の一つである。

 そのウオバルの冒険者ギルドに魔法使いの男と盗賊の女、そして精霊見習いの少女が足を踏み入れた。

 男の名はカカミ・ヒロ。二十六歳。この剣と魔法が支配する異世界に転移した日本人だ。彼は元の世界に帰る為の手掛かりを探しにウオバルに来ていた。

 ヒロの右隣にいる年の頃十歳くらいに見える小さな少女はリム。精霊見習いだ。エンジ色のローブを身に纏い、金色のくりくりとした可愛らしい瞳を輝かせている。

 反対の左側に控えるのはソラリス。盗賊だ。巨人族の血を引く彼女の背丈はヒロより頭一つ大きい。茶色のマントを羽織っているが、その隙間から良く発達した筋肉が見え隠れする。盗賊というよりは戦士といった方がぴったりくるのだが、盗賊になる前は剣士をやっていたという。

 ヒロはこの世界に転移してから、ウオバルに来る道中で、リムとソラリスを仲間にした。ソラリスの勧めで何かと便宜が図られる冒険者の仮登録したのだが、本登録されるためには、冒険者ギルドの指定する承認クエストをこなさなければならない。ヒロはその為に、ここウオバルの冒険者ギルドに来ていた。

 冒険者ギルドの広いフロアには数多くの冒険者が集まっていた。

「こんにちは。ヒロさん」

 白のカッターシャツに黒のサスペンダーでズボンを吊った男が爽やかな笑顔を見せる。ぱっと見はどこかのバーのカウンターに立っていそうな男だ。男の名はロンボク。これでも魔法使いである。

 ヒロは昨日、ソラリスの紹介でこの男(ロンボク)と知り合いになったばかりなのだが、この都市(ウオバル)や冒険者について、色々教えて貰っていた。

「やぁ、ロンボク」

 ヒロが挨拶を返して、ロンボクしか座っていないテーブルに近づいた。

「お急ぎで無ければ、座りませんか。受付は混雑してますし、私も退屈してたんですよ」

 ロンボクが話し相手が出来た嬉しさなのか、ヒロ達に席を勧める。ヒロがフロアの一角にある受付カウンターをみると、十人近くが並んでいた。ギルドの職員がてんてこ舞いになって、立ち働いている様子が見えた。空くまで少し待つことになりそうだ。

 ヒロとリムが座ったのに続いて、ソラリスも座ろうとしたが、椅子を引いたところで、思い出したようにロンボクに顔を向けた。

「ロンボク、お前、まだ会えてないのか?」
「えぇ、今朝から待ちっぱなしですよ。言伝(ことづて)では朝一で来ることになっていたのですけどね」
「そいつは御愁傷様だな」

 ソラリスの軽口にロンボクは苦笑いで返した。ソラリスは昔、剣士をやっていた時分にロンボクと同じパーティにいたという。しばらく二人は馴染みの間柄らしく軽口を叩き合っていた。

「ヒロさん、今日は承認クエストを?」

 ソラリスとの会話が一区切りついたタイミングで、ロンボクがヒロに水を向ける。昨日、ヒロが冒険者の仮登録をした際、ロンボクも付き添っていた。その時のやりとりを覚えていたのだ。

「うん。受付(ラルル)に言われてたからね。もっと早く来る積もりだったんだが、ちょっとあってね。今になってしまったよ」

 ヒロの返答に、ソラリスが付け加えた。

「ロンボク、昨日、深淵の杜で魔物をやっつけたのさ」
「え、深淵の杜に行ったのですか」

 ロンボクが驚きの声を上げる。

「最近、見たことない魔物が出るって噂になってますよ。ベテランのパーティでも手傷を負うくらい強いって聞いてます。魔物(それ)には遭わなかったのですか」

「あぁ、やっぱりそうなのか。あたいも見たことない気味悪い魔物だったよ。結構手強い奴だったぜ。でも、最後はこのヒロが魔法で止めを刺したんだ。あたいの見たとおり、ヒロは魔法が使えるんだ」
「いや、ソラリス。魔法は爺さんから貰ったこの指輪のお陰さ」

 ヒロは両手の人差し指に填めた金銀の指輪を撫でた。謎の魔法使いの老人、モルディアスから手渡された指輪だ。これを身につけることで、ヒロは魔法を使えるようになったのだ。

「なるほど、魔法装具(マジックアイテム)ですか。確かにそれで魔法を使えるようになる人も少なくありません。何にせよ、おめでとうごさいます」
「ありがとう」

 ロンボクはヒロの礼を受け取ると受付を振り返って列が空いた事を確認した。

「ヒロさん、受付が空いたようです。少しお付き合いさせていただいてもいいですか? 好い加減、席に座っているのも、根が生えちゃいそうでしてね……」

 腰を浮かしたヒロに、ロンボクが首と肩を回しながらボヤく。

「もちろん、構わないよ。ロンボク」

 ヒロは笑って受けた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ