挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

45/200

7-045.輪廻の指輪

  
 ヒロとソラリスは小屋の外に出た。ドアノブが付いていない玄関扉の開け方が分からず戸惑ったが、ソラリスが力任せに開けるまでもなく、少し押しただけですんなりと開いた。杜の気をたっぷりを含んだ空気を柔らかい風が運んでいく。心地いい。ヒロは両手の甲を目の前に透かして金と銀の指輪を見つめた。

「おい、ヒロ、もしかしたら、あの爺ぃに担がれたんじゃねぇのか?」

 ソラリスが口を開く。

「ん?」
「あの(じじ)ぃ、リムに話があるとかいって、結局、お前とリムを引き離してるじゃないか。この隙にリムを自分のものにしようとか、何か魂胆があるんじゃないのか。その指輪だって怪しいもんだ」

 ソラリスの口振りはモルディアスへの不信で満ちていた。モルディアスに追い抜かれた一瞬に金貨の入った袋を丸ごと抜き取られたのだ。返して貰ったはいいが、その目的はヒロとリムを此処に連れてくるためだ。要するに出汁(ダシ)にされたのだ。頭にくるのも無理はない。あるいは、金貨袋を盗まれたことが盗賊としてのプライドを傷つけたのかもしれない。

「直ぐに分かるさ。ソラリス。リムのことも、この指輪のことも」

 ヒロは左右の人差し指で、交互に反対側の指に填めた指輪を撫でた。これを付けただけで魔法が使えるようになる。俄には信じられなかったが、目の前で見せるというのだ。ヒロは逸る気持ちを抑えた。

 やがて、モルディアスがリムと連れだって外に出てきた。

「ヒロ様~」

 リムがヒロに駆け寄るとがばっと抱きついた。その目はまだ潤んでいる。

「大丈夫か。何もされなかったか?」
「はい。大丈夫です。何も有りませんでした」

 ヒロは本当に何もなかったのかと心配になったが、この場はリムの言うことを信じることにした。

「……リム」
「はい」
「リムは俺が魔法を使うのを見たくないと言っていたね。これから試してみることになったんだけど、魔法が発動したら、君に魔法を見せてしまうことになる。だからしばらく小屋で待っていてくれないか」

 リムはローブの袖で自分の目元を拭ってからコクリと頷いた。

 日の光がまぶしかったのか三角帽子の(つば)の位置を整えているモルディアスにヒロは断りをいれた。

「モルディアス。済まないがリムに小屋の中で待って貰っててもいいかな。俺が魔法を使うのを見せたくないんだ」

 モルディアスは一瞬おや、という表情を見せたが、おもむろに手を出して指をパチンと弾いた。それを合図に小屋の扉が()()で開いた。

 ヒロはリムが小屋に入るのを見届けてからモルディアスに訊ねた。

「で、俺はどうすればいいんだ?」

 モルディアスはヒロの質問に答えず、右手を上げると呪文を唱えた。と、庭の隅の土が盛り上がったかと思うと、いくつもの大岩が顔を出し、そのまま天に向かって積み上がっていく。やがてそれらは巨大な人型となった。石人形(ゴーレム)だ。その頭は周囲の木々を見下ろすほどの高さにある。ざっと見て二十メートルは下らないだろう。質量に至っては想像もつかない。石人形(ゴーレム)は、のそりと首を擡げるとゆっくりとヒロに向かって歩き出した。石人形(ゴーレム)が一歩踏み出す度に、テーブル大ほどもある足形が地面を抉っていく。

「こやつを的に魔法を使うがよい」
「使うったって、どうやって?」
「すでにお主の周りにマナが満ちておる。心の中で(イメージ)を浮かべるだけでよい。お主の錬成属性で最も強いのは炎じゃ。手の先から炎が出る姿を思い浮かべよ」
「魔法を使うときって、呪文とか何かあるんだろう、なんて言えばいいんだ?」
「お主には必要ない。言われた通りにせい」

 ヒロは言われたとおりにしてみる。炎のイメージか。ヒロは右手を前に伸ばし、冒険者ギルドでロンボクが実演してみせた、炎粒(フレイ・ウム)をイメージした。

 ――ボゥ。

 ヒロの手の平の先に炎の玉が現れた。最初はゴルフボールくらいの大きさだったのが、どんどん大きくなる。一秒と経たずに炎球はバスケットボールくらいのサイズになった。

炎球(それ)石人形(ゴーレム)にぶつけよ!」

 ヒロはどうやればこの炎の球をゴーレムにぶつけられるのか分からなかったが、咄嗟に野球のボールを投げるイメージで、一度腕を引いてから振り抜く。

 ――ドガァァァァアン。

 超高速で放たれた炎球はまっすぐに飛んで石人形に命中した。派手な音を立てて、石人形のどてっ腹に穴が空いた。腹から砕け落ちた岩が地面に深く突き刺さる。適当に投げただけなのに。石人形(ゴーレム)の材質が何かは分からかったが、地面に突き刺さった岩がそれなりの強度と質量があることを示していた。

 腹に穴を開けられた石人形(ゴーレム)は動きが鈍ったものの、止まった訳ではなかった。ズシン、ズシンと足音を立ててヒロに近づいてくる。

モルディアスはソラリスの隣で胡坐を掻いて欠伸をしている。

ちょっと魔法を見るだけじゃなかったのか。ゲームだったらまだチュートリアルモードの筈だ。石人形(ゴーレム)は動きを止めて、コーチが赫赫然々と説明している所だ。だがカクカク動いているのは石人形(ゴーレム)の方で、動きを止めたのはモルディアスの方だ。

迫る石人形(ゴーレム)を前にして、ヒロは身の危険を感じた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ