挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

41/125

6-041.杜の魔法使い

 
 小屋の中は丁度三等分に仕切られており、ヒロ達は玄関入って左の部屋に案内された。部屋は広く、少なく見積もっても二十畳以上はあった。

 部屋の中央に、一枚板の大きなテーブルが五脚並べられていたが、どのテーブルにも本が山と積まれ、色のついたフラスコが散乱していた。中には毒々しい紫色の怪しい液体の入ったフラスコもある。

 窓は小さいものが三つ。一面の壁にだけ平行に並んでいる。先程みた木の板のひさしがついているものだ。窓から入る光はそう多くはなかったが、部屋の中は意外に明るかった。四面の壁の上部にランプらしきものがずらりと並べられ、煌々と明かりを灯している。窓の部分以外の壁には天井まで届く作り付けの書棚があり、びっしりと本で埋まっていた。如何にも魔法使いが使いそうな部屋だとヒロは思った。

 老人は向き直り、ヒロ達が部屋に入ったことを確認すると、ゆっくりと自らのローブの中に手を入れ、白い皮袋を取り出した。皮袋の下半分がパンパンに膨らんでいる。相当重量があるものが入っていることが窺えた。老人は皮袋を近くのテーブルの僅かな隙間に置く。金属同士が擦れる合う音がチャリと鳴った。

 ソラリスの体がぴくりと反応したのがヒロにも分かった。それでもソラリスがすぐさま取り返しに動かなかったのは、老人に話があるといったヒロの言葉が頭にあったからかもしれない。あるいは、この得体の知れない老人を前に無防備に動くのは危険だと判断したのかもしれない。

「ほれ。女、お主の金子(きんす)じゃ。無断で借りて悪かったの」

 盗んだ癖に老人は、無断で借りたとヌケヌケと言った。ソラリスはちっと舌打ちすると、ズカズカと老人に近寄り、皮袋を取り返す。老人を見下ろすソラリスの眼は苛立ちと怒りに溢れていたが、老人に手を出すことはなかった。ヒロはソラリスが乱暴を働くのではないかと少しハラハラしていたが、ソラリスが自制したことにほっとしていた。

「女、お主、巨人族の血を引いているかの」

 老人はソラリスを見上げ、ぽつりと言った。

 ――巨人族。

 ヒロの頭に、エマの街の道具屋の光景が甦る。たしかカダッタという道具屋の親父は自ら巨人族だと言っていた。ソラリスも巨人族の一人だったのか。ならば、彼女の雲突くような体格も、カダッタと懇意にしていたことも説明がつく。老人がソラリスの体格だけを見てそう判断したのかどうかは分からない。もしかしたら、この世界の住人であればこそ分かる何かがあるのかもしれない。

「けっ、それがどうしたい、(じじ)ぃ、余計なお喋りを止めねぇとその首引っこ抜いてやんぞ」

 ソラリスが凄んで見せたが、老人は少しも動じる様子を見せない。ヒロの止めろの声に、ソラリスは素直に従い、ヒロの傍に戻る。

「爺さん、そろそろ訳を教えてくれないか。どうして俺達を此処まで連れてきたのかを」
「ほっ、ほっ。若いの。若いのは気が急いていかんのぅ。まずはお主達の名前を教えてくれんかの」
「人に名を訊くときは、自分から先に名乗るのが礼儀じゃないのか」

 ヒロの言葉に老人は嬉しそうに笑った。

「そうじゃの。儂の名は、モルディアス・ロイ・ラボーテ・クリンダリル。モルで良いぞ。見ての通りしがない魔法使いじゃ」

 モルディアスは笑みを消さない。ヒロの反応を楽しんでいるかのようだ。

「俺の名はヒロ。こっちの赤髪はソラリス。こっちの小さいのはリム……」

 ヒロは一瞬、リムを精霊だと言おうかと迷ったが、それより早くモルディアスが答えを口にした。

「精霊じゃな」

 リムが吃驚した顔でヒロを見る。ヒロは大丈夫だとリムの頭を撫で落ち着かせた。

「それで、爺さ……いや、モルディアス。俺達に何の様だ?」

 モルディアスは、ヒロの問いに直ぐには答えず、くるりと背を向けると、壁際の本棚に行った。本の隙間から一つの水晶玉を取り出して戻ってくる。冒険者ギルドで代理人と名乗った紫色のローブを着た女、エルテが持っていたのと同じ透き通ったアクアマリン色の水晶玉だ。モルディアスは、テーブルの本の山を片手で押しのけて隙間を作ると、端に置いてあった小さな座布団を引き寄せ、そこに水晶玉を置いた。そして自分もテーブル脇の椅子にゆっくりと腰掛ける。

「ヒロ、お主は冒険者かの」

 モルディアスは鋭い眼光をヒロに向けた。当たり障りのない質問だがその眼は笑っていなかった。 

「いや。冒険者になった積もりはない」

 ヒロは否定した。冒険者の仮登録をしたとはいえ、それは色んな便宜を図って貰えるとソラリスにアドバイスを受けたからだ。正直、冒険者になってどうこうという気持ちは持っていなかった。

冒険者ギルド(あそこ)()って、冒険者じゃないと言うかの。ヒロ、お主は冒険者ギルド(あそこ)で、紫のローブを着た女が持っていた水晶玉を触ったの、あれは何じゃ?」

 冒険者ギルドでエルテに勧められた魔法力(マジックポイント)測定のことだ。モルディアスはヒロの対面に座って、その一部始終を見ていた。

「あれはただ勧められたからだ。特に意味はないよ」
「そうかの。心の何処かに、魔法使いの素質がないかと思わなかったかの」
「それは……」

 確かに実際に魔法が使えれば、冒険者ギルドが斡旋する報酬の良いクエストもこなせるようになるかもしれない。そんな淡い期待がなかったといえば嘘になる。ヒロは見抜かれたのかと言葉に詰まった。

「もし、お主に本当に魔法の才能があったらどうする? その才能を使わぬまま埋もれさせておく積もりかの」

 モルディアスは、そんなヒロの心を見透かすかのように静かに告げた。その口振りはヒロの本心などとうに知っておると言わんばかりだった。

「それは……、使えたらいいと思うさ。だけど、俺には魔法力はない。あの時もその後もどっちも駄目だったんだ」

 ヒロはエルテの水晶玉による魔法力測定と、冒険者ギルドの受付での測定とどちらも魔法力がないと判定された事をモルディアスに話した。ならば、なぜ魔法使いの素質があるなどと考えたのかと、モルディアスに嗤われるのではないかと思ったが、モルディアスは何も言わず平然としている。無論、ヒロはヒロでウオバルにくる途中、黒曜犬に襲われたときに無意識のうちに炎の魔法を使ったことが原因であることは言わなかった。敵か味方かも分からないこの老人に余計なことをペラペラと喋る訳にはいかない。ヒロはモルディアスの次の言葉を待った。

「そうかの。物事の本質が見える者がそう多くないのは世の常じゃ。これでもう一度測り直してみるとよいの」

 そう言って、モルディアスはテーブルに置いた、青緑に透き通る水晶玉に目線を落とした。

「モル、あんたもまた冒険者の代理人とかしているんじゃないのか?」

 ヒロは警戒を緩めなかった。冒険者ギルドでソラリスから紹介された魔法使いのロンボクは、冒険者から契約を取りたいが為に、冒険者をヨイショすることがあると言っていた。このモルディアスという老人も同じ類の輩ではない保証はない。

「ほっ、ほっ、ほっ、こんな爺ぃを代理人にするくらいなら、もっと若くて活きの良いのが沢山おろうて。無駄なことじゃよ」
「測り直して俺に何の得があるんだ?」

 こんなことをするためだけに、わざわざソラリスから金貨を掠めとるリスクを冒す筈がない。もっと別の目的がある。ヒロはそう推測していた。

「得にするもしないもお主次第じゃ。じゃが、何もしなければ何も起こらん。お主は何かあると思うたからこそ儂についてきたんじゃろ。のう?」

 モルディアスは少しばかり挑発的なまなざしをヒロに向けた。それ程人生経験がある訳ではないが、こんな場面には何度も遭遇してきた。チャンスは一度切り。それを掴むか掴まないかでその後が大きく変わることをヒロは知っていた。失敗も数多くしてきたが、その一歩を踏み出してきたからこそ、今の自分がある。ヒロは奥歯を噛みしめた。

「分かったよ。何もしなければ何も起こらない、その通りだ」

 ヒロはモルディアスに近寄った。ヒロについてこようとしたリムをモルディアスが止めた。

「精霊よ、そこから動くでない!」

 モルディアスはピシリと言い放つ。それまでの静かな雰囲気から、空気が一変する。リムはびくりとして身を硬直させた。

 リムがその場から動かなくなったことを確認すると、モルディアスは何やら小さく呪文を唱えた。ヒロを含め、リムにもソラリスにも何が起こったのか分からなかったが、部屋の空気の流れがピタリと止まったことだけは感じ取ることができた。ヒロ達に不安が過ぎったが、特に何の変化もない。モルディアスは平然とした顔でヒロを見やり、右手の人差し指で水晶玉を指さした。

「そこに手をかざすのじゃ、ヒロ」

 ヒロは言われた通りに手をかざした。その途端、水晶玉は強く輝きだした。 
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ