挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

40/113

6-040.盗賊から物取るたぁ、良い度胸じゃねぇか

 
 冒険者ギルドを出たヒロ、ソラリス、リムの三人は、一旦虹の広場に出ようと足を向ける。その時、ソラリスの脇を一人の老人がスルリと追い抜いていった。刺繍入りの黒マントに先の尖った帽子を被っている。先程冒険者ギルドで、代理人エルテとやりとりしていた時に、向かいに座っていた老人だ。大股で早足のソラリスを追い抜くとは、見かけに寄らず凄い脚力だ。

「おい、待て。爺ぃ(ジジイ)!」

 突然、ソラリスが老人を呼び止めた。

盗賊(シーフ)から物取るたぁ、良い度胸じゃねぇか」

 ソラリスが老人を睨みつけた。どうやったのか分からないが、金貨の入った袋を袋ごと抜き取ったらしい。逃げようものなら容赦しないとソラリスの瞳が語っていた。

 老人は立ち止まって振り向くと、視線をこちらに向けた。三角帽の下から覗く眼光は全てを射抜くかのように鋭く、威圧感さえ漂わせている。飄々とした外見には一分の隙もなく、あらゆる事態に対応できる準備が出来ていることが見て取れた。さっきテーブルで向かい合っていたときは、否、今でも彼の風貌は魔法使いにしか見えないのだが、その小柄な体から立ち上るオーラは剣豪のそれと遜色ない。そう誤解させるだけの雰囲気を老人は身に纏っていた。

 ソラリスも、老人が只者ではないことを感じ取ったのだろう。右手を後ろに回し、腰のホルスターに収めたナイフの柄を握った。

「待て、ソラリス。この爺さん、俺達に話があるようだ」

 ヒロがソラリスを止め、老人に向かって静かに語りかけた。

「訳を聞かせて貰えないか?」

 ヒロの問いに、老人はまるでレーザー照準のような鋭い眼光をヒロに向けた。しばしヒロの瞳を見つめる。ヒロは、老人の視線に自分の意識の奥底を覗かれているかのような感覚を覚えた。

「……ほほう。少しは自制心があるようじゃ。ついて参れ」

 老人はそう言うと、身を翻してヒロ達の前をスタスタと歩き始めた。一瞬考えた後、ヒロは老人について行くことにした。ソラリスの金貨のこともある。老人について行く事にリスクがないわけでもなかったが、攻撃するなら、ソラリスを追い越すときに致命の一撃を与えることもできた筈だ。ヒロは、老人にこちらを攻撃してくる意思は低いと判断した。

 ヒロは、ソラリスとリムに目線で合図を送った。ソラリスはリムの顔をみた後、やれやれといった表情を見せたが、ヒロに従った。

 ヒロ達三人は老人に従って、ウオバルの街の裏門を出て北に向かった。もっとも、北というのはヒロの感覚で、太陽の位置からそう思っただけだったのだが、ソラリスに尋ねたら、やはり北だと答えた。このまま進めば、『深淵の杜』に入るという。

「なぜ、あの(じじ)ぃに話があると思ったんだ?」

 ソラリスがヒロの横に来て、前を向いたままヒロに問いかけた。ソラリスの横顔には不満の文字がへばりついていた。まぁそうだろうなとヒロは同意を示してから説明する。

「君の金貨を全部袋ごと獲ったからさ。ソラリス、君から金貨を掠めることが出来る程のスキルを持っているのなら、他の人から一枚ずつ抜き取るくらいにしておいた方がずっと気づかれない筈さ。だけど、あの爺さんは、そうせずに君から全部抜いた。盗賊の君からだ。これは気づいてくれということだよ。なぜそうしたのかは分からないけどね」
「ふん。どうせ碌でもねぇ話だろうよ。下らねぇ話だったら爺ぃをぶっ飛ばす。今度は止めるなよ、ヒロ」

 ソラリスが念を押したが、ヒロはソラリスに目を向けただけで何も答えなかった。前を歩く老人が何処に連れていくのか分からないが、自ら先導して案内するくらいだ。何らかの目的があるに違いない。反撃するのはそれを見極めてからでも遅くない。ヒロは咄嗟の出来事にも対応できるように心積もりをしていた。ヒロから後ろにつくように言われたリムは、身を固くしながらも言われたとおりヒロの真後ろにピタリと寄り添うように続いている。

 かれこれ一時間程歩いた頃だろうか。老人に導かれたヒロ達は鬱葱と茂る杜の中に足を踏み入れた。

「深淵の杜だぜ」

 ソラリスがヒロの背中に声を掛ける。

 背の高い木々の枝と葉で日の光は遮られ、地面の所々に影を落としている。地面もその殆どが草で覆われているが、人が何人も並んで通れるくらい広い路は土がむき出しだ。ヒロ達は老人に続いてその路を歩いていく。路の土は若干湿っていて、一歩踏み出す度に、ブーツの爪先がほんの少し沈み込む。杜の外とは打って変わった雰囲気に、ヒロの緊張は高まった。

 と、足下を見ていたヒロは、路に馬のひずめのような足跡に轍の跡も残っていることに気づいた。

 ――馬車?

 冒険者ギルドで受付嬢をしていたラルルは、『深淵の杜』には強力なモンスターが出るから、用が無い限り近づかない方がいいと言っていた。それなのに馬車が通った跡がある。それらの跡は出来たばかりであるかのように柔らかな土を深く抉っていた。ついさっきにもこの路通ったようだ。仮に冒険者がモンスター狩りにきたのだとしても、馬車を使ったりするのだろうか。ヒロはちょっとした違和感を覚えた。

「おい、爺さん。何処まで行くんだ。ここは……」

 ヒロが先頭をいく老人に声を掛けた。老人はヒロの声が届かなかったのか、それとも無視したのか、振り向きもせずどんどん路を進む。

 ヒロは老人の後ろ姿から視線を外さないまま、リムに念話(テレパシー)で問いかけた。

(リム、あの爺さんから何か感じるか?)
(いいえ、特に邪悪な感じはしません。というか空気のようで捉えどころがありません。不思議な感じです)
(何も考えてないってことか?)
(……分かりません)

 念話(テレパシー)でもリムが困惑している様子がヒロに伝わってくる。もしかしたら、罠に掛かってしまったのかもしれない。ヒロの心の中に微かな不安が忍び寄る。

(リム、この間みたいに、精霊の力でこの先の様子を探ることは出来るかい?)
(え~、えと。声に出して詠唱しなければなりませんけど、よろしいのですか、ヒロ様)

 ヒロは、アラニスからエマに向かう途中、リムに風の精霊の力を借りて行く先の様子を探って貰ったことを思い出していた。それと同じ事が出来ないかと思ったのだが、声に出して詠唱しようものなら、忽ち老人に気づかれてしまう。やはり危険だ。

(そうか。じゃあ駄目だ。もし、何かあったら、俺やソラリスに構わず逃げろよ)
(そんな事出来ません!)

 リムが間髪入れず反論する。ヒロがリムを悟そうとした時、急に視界が開けた。

「ここじゃよ」

 ヒロ達に振り向いた老人が静かに告げた。


◇◇◇


 そこは杜の中の空き地だった。ざっと見ただけでも、小学校のグラウンドくらいの広さがある。周囲は樹木に囲まれているが、この空間だけぽっかりと空き、陽の光が直接差し込んでくる。地面は芝生と(くるぶし)くらいの丈の雑草で覆われていた。その端に一軒の小屋があった。

 「ついてまいれ」

 老人はそれだけ言うと、またヒロ達を先導して歩き出した。杜と空き地の境界を踏み越えると空気が変わった。じめじめした杜の空気が、からりとした。心なしか気温も上がったような気がしたが、直射日光を受けているせいかもしれない。

 老人は小屋の前までくると、立ち止まる。小屋は平屋建ての煉瓦作りで、ちょっとした公民館くらいの大きさがある。杜の中の建物にしては大分違和感があった。壁は赤茶色の煉瓦で隙間なくびっしりと組み上げられ、窓の部分だけ空いている。窓の上辺には、窓の大きさに合わせた木の板がひさしのように被さり、窓の桟の下からの突っかえ棒で支えられている。小屋の大きさと窓の数からみて、部屋が複数あることは間違いない。一体、何人住めるのだろう。だが、屋根から聳える煙突が一つしかないことからみて、炊事場は一つしかないと思われた。だとすると、余程大きな(かまど)でもない限り、大人数の食事を用意するのは難しいだろう。だが、人の気配はなかった。

 老人は、小屋の正面中央にある扉の前で立ち止まる。よく見ると、その扉には取っ手らしきものが一切無かった。果たして扉なのだろうかとヒロが訝っていると、老人が小さく何かの呪文を呟いた。

 ――ギギィ。

 扉の中央に縦線が入ったかと思うと、手も触れていないのに、扉が観音開きに開いた。

 ――やっぱり魔法使いだ。この爺さん。

 ヒロは思わず、振り返ってソラリスとリムを見たが、こういう光景は見慣れているのか、多少緊張の面持ちを見せてはいたが、当たり前といった風だ。

 老人は首を回して横目でヒロ達を見ると、中に入るよう促した。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ