挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/200

3-023.神はサイコロを振らない

 
 ヒロは慌てて無くなったナップサックを探した。カウンターの周り。足下。近くは全部探した。

 ――ない。

 ナップサックには金貨やシャロームとの契約書も入っている。宿どころではない。ヒロは焦って、店内を見渡す。

 と、ヒロの視界に、フードを被った一人の背の高い人物が店を出ようとしているのが入った。その肩にヒロのナップサックが掛かっている。

「おい、ちょっと待て!」

 ヒロが呼び止める。()()()はフードを取ってこちらを振り向いた。真っ赤な髪に、少し日焼けした肌。整った綺麗な顔に意志の強そうな大きな紅い瞳がヒロを睨みつけていた。

「それは俺のだ」

 ヒロは、リムにそこから動かないようにと言ってから、その人物に向かって近づいた。が、すぐにある違和感を覚えた。

 ――女?

 ヒロのナップサックを担いだ人物は女だった。恐ろしく背が高い。ヒロより頭一つは高く、百九十センチ以上はありそうに見える。分厚いガウンを纏っていたが、ボリュームのある体のラインまでは隠し切れない。腰を紐で引き絞ったナイスバディーだ。長身というよりは、均整の取れた体をそのまま()()したという表現が相応しかった。

「返してくれ。それは俺のだ」

 ヒロは女の肩のナップサックを指さした。

「はぁ。これは其処に落ちてた奴を拾ったんだ。あたいのもんだよ」

 女は顎をしゃくってカウンターを示す。

「落ちてたんじゃなくて、置いていたんだ。ふざけるのもいい加減にしてくれ」
「証拠でもあんのかい?」

 女は腰の後ろに手を回してナイフを取り出した。ヒロの頬にピタピタと当てる。

「あたいはね。いつまでもウダウダと話してるのは嫌いなんだよ。死にたくなければとっとと消えな。気づかねぇお前が悪いのさ」

 頬に女のナイフの冷たい感触が走る。ヒロは、店主(マスター)が魔法で女を眠らせてくれないかと期待したが、女のナイフはヒロの陰になって、カウンターからは見えない。女の声も賭場の喧噪に紛れてカウンターには届かない。

 いつしか女はヒロの頬に当てたナイフを喉元に突き立ていた。相変わらず、店主(マスター)からは見えない角度だ。一見荒っぽく見えるがきちんと計算されている。侮れない相手だとヒロは思った。

 ――どうする?

 ヒロは思考を巡らせた。大声を出してトラブっていることを知らせるか。しかし、女がどう動くか分からない。

 女は入り口を背にしている。そのままナイフで喉を掻ききるのは一瞬で出来るだろう。その位置からなら、店主(マスター)の魔法が掛かる前に逃げることが出来るかもしれない。だが、たとえ、此処を上手く逃げおおせたとしても面倒を起こしたことには変わりない。後々を考えるとその選択は下策に思える。となるとナイフを出したのは、やはり只の脅しではないのか。ヒロは咄嗟に思考を巡らした。

 ただ、敢えて苦言を呈するなら、その考えはヒロの常識に照らしてのものだ。この異世界の刑法がどうなっているかは分からないのだ。もしかしたら殺人とて罪にならないかもしれない。先程のカウンターの男も眠らされている間は何をされても文句をいえない仕来(しきた)りだと言っていた。ヒロは自分の常識で全てを判断するのは危険だと考え直した。ならば――。

「賭けをしないか?」

 ヒロが提案する

「あん?」

 赤毛の女が眉根を寄せる。

「賭けをしようといったんだ」

 ヒロは繰り返した。流血沙汰又は魔法による強制的な行動停止を喰らわずにナップサックを取り返すには、武力以外の方法で双方の合意を取りつけなくてはならない。それが話し合いならベストだ。それで金貨を少しでも取り返せるのなら、良しとすべきなのだろうなとヒロは思った。しかし、この女は、その話し合いすら拒否している。話し合い以外に双方合意する方法なんてあるのか。賭場に出入りする女だ。もしかしたら賭け事なら乗ってくるかもしれない。

「あぁ、何寝ぼけたこといってんだ。こいつは、あたいが拾ったんだよ。何であたいがお前の言う事を一々聞かなきゃならないんだい?」

 女はヒロの提案を拒否した。考えてみれば当たり前のことだ。女は既にヒロのナップサックを手に入れている。このままヒロを脅して諦めさせればいいだけだ。それを態々(わざわざ)ヒロの提案に乗って賭けをやってやる道理などない。むざむざとヒロにチャンスを与える必要などないのだ。ヒロもそれは分かっていた。元より無理筋の提案であることは承知している。そうであるからこそ、その無理を押し通さなくてはならない。ヒロは、口にした賭けではなく、今この瞬間こそが賭けなのだと奥歯を噛みしめた。

「こんなところで血を流すよりいいだろ?」

 傍目にはヒロの言葉はハッタリにしか聞こえなかった。だが、女の反応は違っていた。ヒロの喉元にナイフを突き付けたまま微動だにしない。否、女の表情が僅かに歪んでいた。

 ヒロが鋭い金属片を女の腹に突き立てていた。リムが石から錬成変化させて作り出した『五寸釘』だ。

 ヒロの捨て身の反撃だが、それでも状況は断然女に有利だった。喉を掻き切るのと腹に小さな穴を開けるのとどちらが致命傷になるのかを考えれば答えは明らかだ。しかしヒロの狙いは相打ちではなかった。騒ぎにすることだ。騒ぎにすることで回りの注目を集めればその分好き勝手しにくくなる。このまま互いに動かなければ、異変に気付く者も出てくるだろう。少なくとも時間は稼げるはずだ。と同時に、ヒロは元魔法使いの陰気な店主(マスター)に早く気づいて欲しいとも思っていた。

「……ふん。馬鹿馬鹿しいが、お前の話に乗ってやろうじゃないか。で、何を賭けるんだ。この袋かい?」

 女はナイフを降ろして、腰のホルスターに仕舞うと、肩のナップサックを手に取った。

「そいつもあるが、それに付け加えて、俺の望みを一つ聞いて貰いたい」
「ほう。賭け金の上乗せかい。あたいが勝ったら?」
「その袋と、君の言うことを何でも聞く。それでどうだ?」

 ヒロは吹っかけた。賭けるのがナップサックだけなら、プレッシャーにはならないからだ。女は盗んだナップサックを取り返されるだけで、自分の腹が痛む訳ではない。賭けの対象を上乗せすることで、女に何か損するかもしれないと思わせたかった。そうすることで、少しでも自分のペースに引き込めないかとヒロは計算していた。心理的な揺さぶりだ。

 だが、女はヒロの思惑に反して、余裕たっぷりで返してきた。口元に笑みさえ浮かべている。流石にこんなところに顔を出すだけあって、賭け事には慣れているのかもしれない。やはり一筋縄ではいかなさそうだ。

「面白れぇ。何で勝負するんだ? ダイスか? カードか?」
「そうだな……ダイスでやろう」

 ヒロはダイスを選択した。この世界でも賭け事には賽子(サイコロ)やカードを使うようだ。しかし、ルールが分からないカードゲームより、単純明快な賽子(サイコロ)の方がまだチャンスがあるとヒロは考えた。

「いいぜ、こっちに来いよ」

 女は賭場の奥に向かって歩き出した。掌を上にして、人差し指でチョイチョイとヒロを呼ぶ。ヒロもリムに傍にくるよう中指でそっと手招きした。ヒロの頭には一つの作戦が浮かんでいた。リムが傍にくるとヒロはリムに念話(テレパシー)で語り掛けた。

(リム。ちょっと手伝ってくれないか)
(は、はい)

 ヒロはリムにある作戦を伝えた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ