挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/200

3-022.賭場

 
 其処は濛々と紫の煙が立ち込めていた。

 カラカラと、何か堅いものがテーブルを転がる。ぺチリとカードをテーブルに叩きつける音に続いてザラザラとコインをかき集める音がする。テーブルのあちこちから、ちきしょうめ、という怒号が響く。

 充満するアルコール臭が鼻につく。アルバから近寄らないほうがいい、と警告を受けた賭場(カジノ)だ。

 ヒロは店内を一通り見渡した。店内は広く、緑色のラシャが敷かれたテーブルがいくつもある。どのテーブルもギャンブルに興じる客たちで賑わい、誰もヒロ達を気に止める者はいない。リムはヒロの腕をしっかと持って身を固くしている

 ヒロはどこか腰を下ろす場所がないか探した。テーブルは賭け事に興じる男達で賑わっていてとても座れる余裕はなかったが、カウンターにいくつか席が空いているのを見つけた。

 ヒロはリムを連れ立ってカウンターに行った。カウンターのマスターはヒロ達が席につくと、何も言わずに、銅のコップを二つおき、白葡萄酒を注いだ。

 カウンターのマスターは陰気な雰囲気を漂わせた年配の小男だった。七十歳くらいだろうか。顔の中心に陣取る大きな鉤鼻が印象的だ。マスターは虚ろな目でヒロを()め付ける。

 代金を請求されていると気が付いたヒロは、ナップサックを肩から下ろして、隣の空いた席の上に置いて、中にあるお金が入った革袋を探った。この葡萄酒二杯の値段が分からない。後々で揉めないようにと、銀貨を一枚だした。アルバは銀貨(これ)一枚で、水筒に並々と葡萄酒を注いでくれた。流石にこれで足りないということはないだろう。

 マスターは無言でヒロに背を向けると、直ぐに取って返し、カウンターに銅貨を二枚置いた。御釣りらしい。

 ヒロは御釣りの銅貨を革袋に仕舞うと、白葡萄酒の入ったコップを手に取った。不思議とコップはキンキンに冷えていた。冷蔵庫などありそうには見えないのにな、と不思議に思ったヒロだったが、その視線はコップの中の液体に吸い込まれていった。

 ねっとりとした黄金色の液体表面に、黒い粒が浮いている。エマ(こちら)に来る道中で痛い目にあった胡椒だ。ヒロは、胡椒を飲まないように、舐めるように口にしてみたり、啜ったりしてみたが、上手くいかない。我慢して少しずつ飲んだ。葡萄酒が冷えていたのだけが救いだった。

 「店主。宿を探しているんだが、ここで泊めて貰うことはできないかな?」

 舌をピリピリさせる甘い白葡萄酒を半分程嘗めたところでヒロはマスターに訊ねる。マスターはじろりと陰鬱な眼差しをヒロに向けると何も言わずに首を横に振った。

 (ここも駄目か……)

 適当な所で切り上げて店を出ようとしたヒロの背中で、怒号が飛んだ。

「テメェ、あんまり嘗めた真似してると、分かってんだろうな!」
「あぁ、ふざけてんのはテメェだろうが!」

 後ろのテーブルで、男が二人言い争いをしている。賭けのトラブルか何かのようだ。互いに椅子から立ち上がり、今にも殴り掛からんばかりだ。

 怒声に驚いて、そちらを振り向いたヒロだったが、関わり合いにはならないとばかりに肩を竦めて、カウンターに向き直る。

 そのヒロの目の前で、マスターがゆるりと右手を上げ、口論している男達を指さした。ヒロがもう一度振り向くと、男達は二人とも膝から崩れ落ち、元の椅子に座ったままぐったりとして動かなくなった。

 ヒロは目を丸くしたが、男達の周りは気にも止めない。先程の争いなど無かったかのように、また博打を再開する。

「変な恰好の兄ちゃん。見るのは始めてか。ここの名物さね」

 隣の中年男が声をかける。ヒロの答えを待たず、男は続けた。

「ここの店主(アラミド)は、元魔法使いでな。トラブルになりそうになると、ああやって眠らしちまうのさ。眠っている間は、丸裸にされようが、何されても文句言えねぇのがこの賭場(カジノ)仕来(しきた)りだ。兄ちゃんも喧嘩して眠らされねぇよう気をつけな」

 (だから、あんな荒くれ者を相手にしても店主(マスター)ができるのか……)

 最初、マスターを見たときは、こんな貧相な体格でどうやって賭場を仕切っているのか不思議でならなかった。剣を使うようには見えないし、ましてや、斧や棍棒などを振り回せそうにない。しかし魔法で眠らせてしまうことができるのなら、筋肉は必要ない。ヒロは得心した。

 また別の場所で歓声が鳴った。そちらを見ると両手を上げてガッツポーズを取っている若い男と、忌々しげにカードをテーブルに投げ捨てる髭面の中年男の姿が見えた。大勝負の決着がついたらしい。勝負の成り行きを見守っていたギャラリーは勝った男に群がり何やら話し掛けている。勝った金で驕れとでも言っているのだろうか。騒がしいところだ。ヒロはもう一杯だけ、今度は口直しにエールを飲んでから店を出ようと思った。

店主(マスター)、エールを一杯」

 そういってヒロは代金を払おうと隣の席に置いたナップサックに手を伸ばしたが、其の手は虚しく空を切った。ある筈の場所にナップサックはなかった。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ