挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

20/190

2-020.こいつは餞別だ

 
 ――翌朝。快晴。

「ここを真っ直ぐ四半日も歩くと三叉路にでる。そこを一番右だ」

 ヒロとリムはウオバルの街へと旅立つ前に、アルバから道中の説明を受けていた。アルバが布の切れ端にチョークの様なもので図解している。

「三叉路を曲がったら、あとは一本道だ、そこからウオバルまで普通に歩いて、また四半日の行程だ。頑張れば此処からでも一日でいけなくもないが、それには夜中の内に出なくちゃいけねぇ。もう無理だな。途中で一泊していけ」

 ウオバルは城塞都市だ。この辺りを領地とする、ウォーデン卿の居城がある。ウオバルは王国の中でも学問が盛んなことで有名で、剣や魔法を学ぶことができる大学もあるそうだ。

 アルバによると城塞都市の周辺の街道には、ここアラニスのような村や街が都市を取り囲むように点在しているらしい。城塞都市といえば、外壁の中に住居があり、その外には何もないように思われがちだが、現実はそうではない。周辺の村の人々は農耕や牧畜をして生計を立て、次男坊や三男坊は都市に出るのだそうだ。要するに口減らしだ。ウオバルなら、ヒロがとりあえずの仕事を見つけられる可能性があるとアルバはいう。

「泊まれるところはあるのかい?」
「三叉路の手前にエマってえ街がある。アラニス(ここ)よりは(ひら)けたところだ。道具屋なんかもある。そこで必要なもんを揃えればいい」
「手持ちの金貨で足りるかな?」
「正金貨がたんまりあるんだろう? 贅沢言わなきゃ十分だ。そうだ、渡して置かなくちゃな」

 アルバはそう言って、思い出したように皮袋を取り出し、中身をカウンターに開けた。銀貨数枚と沢山の銅貨がじゃらじゃらと音を立てた。

「昨日の酒代と宿代の釣りだ。シル銀貨(ヘイス)枚にパム銅貨三十(ラーメ)枚。道の説明料は負けといてやる」

 ヒロは宿代として王国正金貨一枚を出したのだが、あれだけ飲んで、二人で泊まって、尚、これだけのお釣りがくるとは。ヒロは金貨の価値を思い知らされた。

「リム。釣りを少し使いたいんだが、構わないか?」
「はい。どうぞ」

 リムの承諾を得ると、ヒロは、目の前の硬貨の山の中から銀貨をかき分けて人差し指を乗せ、アルバの目の前にスライドさせた。

「道中、何か飲み物を持って行きたい。水はないか?」
「はぁ。水だぁ。腹ぁ壊すだけだぞ。悪い事は言わねぇ。止めとけ。……そうだな、その代わり」

 アルバはしゃがみ込んで、カウンターの裏をしばらく探った。やがて、土で焼いた一本の水筒を取り出す。

「これにとびっきりの葡萄酒を入れといてやる。水はすぐ腐るが、葡萄酒なら、そんな心配は要らねぇ。旨い酒だからって、調子に乗って飲み過ぎんなよ」

「分かった分かった。じゃあその『とびっきり』という奴を頼むよ」

 アルバは任せとけ、といってカウンター奥にある焦茶色の樽から葡萄酒を水筒に詰め始めた。

 ヒロは、カウンターに残った銀貨と銅貨を王国正金貨の入った皮袋に仕舞うと、リムに返そうと手を伸ばした。が、リムはそっとヒロの手を押し戻した。

「ヒロ様が持っていてください。私が持っているより安全ですし、必要な分は自由に使って下さい」
「それは、できないよ」
「無駄遣いする方でないことは今ので分かりましたから。これから一緒に旅をするんでしょ。遠慮は無用です」

 ヒロは屈託なく笑うリムに、有難うというと、アルバに別れの挨拶をした。

「じゃ、そろそろ行くよ。アルバ」
「道中気をつけろよ。ヒロ、リム。また近くに来たときにはうちに寄ってってくれ」
「ありがとう。そうするよ」

 水筒を片手に戻ってきたアルバは、水筒の口をコルク栓で蓋をしていたが、突然、思案顔で目線を上にやった。

「ヒロ、ウオバルまでは、モンスターに出食わすことはねぇと思うが……」
「なんだい?」
「エマで泊まるときは場所を選べ。俺みたいに優しい奴ばかりじゃねぇからよ」
「どういうことだい?」
「引っ手繰りには注意しろってことさ。エマはそこそこ人も金も集まる街だ。ぼんやりしてるとやられちまうぜ」
「……そんなに危ないのか?」
「だから場所を選べって言ったろ。ちゃんとした宿ならまだ大丈夫だがよ。特に賭場には喧嘩っぱやいのが多いからな。行かないに越したことはねぇ」
「ギャンブルなんてやる積もりはないよ」
「それならいいけどよ。ほら『とびっきり』だ」

 アルバが葡萄酒の詰まった土瓶をヒロに渡す。ヒロは土瓶をナップサックに入れると、土瓶の首に巻き付けてある麻紐をナップサックのベルトにくくりつけた。

「あと、こいつは餞別だ。持ってけ」

 アルバはパンを二本、ヒロに渡した。

「ありがとう。世話になったね。アルバ。じゃまた」
店主(アルバ)さん、お世話様でした」

 ヒロがパンをナップサックにしまう。その横でリムが両手でアルバに握手を求めた。

「おう。嬢ちゃん。ヒロ(あいつ)から離れんなよ」

 アルバも応じて、カラカラと笑う。その大音声にリムは出した両手を引っ込めて自分の可愛らしい耳を塞いだ。その光景にアルバがまた笑う。

 (エマの街には、アルバのような男がいるだろうか)

 ヒロは少しの不安と少しの期待を胸に、アルバの店を後にした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ