挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/200

0-002.知らない部屋のルイージ

「あ~。カカミさん、そんなに緊張しなくていいよ。此の部屋にいれば大丈夫。ドラゴン(あいつら)は入ってこれないし、壊すことも出来ないから」
「これは一体……」
「順番を追って話すから。こっち来て、まぁ座んなよ」

 タガミは部屋の真ん中で胡座を掻いて座り、ヒロを手招きする。少しだけ落ち着きを取り戻したヒロは、タガミの真向かいに座って胡座を掻いた。やっぱりこのおっさん、『ルイージ』に見えて仕方がない。

 タガミがヒロの顔色を伺っている。完全に落ち着くまで待っているようだった。ヒロはもう大丈夫だ、と言う代わりにタガミに問いかけた。

「さっきパラレルワールドって言ってたけど、それと関係あるのか?」
「あ~。やっと話を聞いてくれる気になったな。パラレルワールドの概念は分かる? その名の通り、自分達の世界とよく似た別の世界のことだけど……」

 ヒロが頷いたのを確認してから、タガミは続けた。

「パラレルワールドは一つだけじゃない。ほぼ無数にある」

 タガミは先程の紙のように薄いタブレットを取り出して、ホログラムを映し出した。真四角の薄い板が縦にいくつもスリット上に並べた映像だ。

 そのスリットを赤い点が突き抜ける形で移動し、端までくると、反対側に折り返して、またスリットを突き抜けていく。赤点は並べられたスリットの端から端まで何度も往復する。赤い点がスリットを突き抜ける度に、その地点の周りがほんのり赤く光った。

「この薄い板一枚が一つの世界。赤い点が神因子。神因子がスリットを抜ける度に周りが赤くなるのが物質波。俺達は神因子がスリットを抜けるときに出来る物質波で出来ていて……」
「ちょっと待ってくれ。田上さん、あんたが何を話しているのかさっぱり分からない。此処が何処で、あんたは誰で、それをまず教えてくれないか」

 ヒロは困惑していた。世界がどうの、物質がどうのという話が出てくるとは思わなかった。そんなことより、今自分が置かれている状況が知りたかった。

「あ~。そうか、そうか、ついてこれないか。すまんな」

 タガミは襟首に手をやって、またばつの悪い顔をした。

「カカミさん、まず此処は何処かなんだけど、簡単に言えば、汎宇宙の管理所だ。俺達は『枝』って呼んでる」
「管理所?」
「うん。パラレルワールドはな、一つの世界が枝分かれして出来たものだ。それは時間が経つ度にどんどん増えていくんだけど、枝分かれしたばかりの世界同士は、よく似ていて、違いなんてほとんど分からない。それくらいそっくりだ。だけど枝分かれしてから時間が経つとその世界同士の違いはどんどん大きくなる。だが、最初の枝分かれもな、いつも少しの違いしかないとは限らなくて、何かの大きなイベントがあった時は、大きく違った枝分かれをしてしまうことがある。……そう例えば、大きな隕石が衝突するとか、大陸が沈没したときとかな。大陸が沈没した世界と、しなかった世界ではその後の歴史は全然違ってくるだろうくらいは分かるよな。その大きく枝分かれした枝にまた、少しだけ違ったパラレルワールドがぶら下がっていくんだな。俺達はその大きな枝を見守って、監視している存在だ」
「……田上さん、要するにあんた神様なのか?」

 手近なことを聞いた筈なのだが、タガミの話のスケールが大きすぎて、やっぱりついていけない。

「あ~。元神様といったほうがいいのかな。俺も昔はパラレルワールドの一つで神様みたいなものをやっていたんだけど、その世界でやることがなくなったと思ったら、もっと偉い神様に呼ばれて此処にきた。それだけ。別に俺は偉い訳でも何でもないな」

 タガミは何の気負いも衒いもなく、当たり前のように自分を元・神様だと言った。どうも胡散臭い。

「その割には神様っぽくないね。神様ってのは、こう杖を持って白いぞろっとした服を来た爺さんじゃないのか」

 ヒロはつい思ったことを口にしていた。タガミは不思議そうな顔でヒロを見つめる。

「あ~。神様っていったら、この格好が標準なんだがな。カカミさん、あんたの世界はどれだけ田舎なんだ?」
「田舎かどうかなんて知らないよ。それで、田上さん、その神様のあんたが何故俺をこんなところに連れてきたんだ?」
「ん? 連れて来てなんていないぞ。あんたの方から迷い込んだんじゃないのか」

 どうも話が食い違う。ヒロは戸惑った。

「田上さん、相変わらず言ってることが分からない。あんたが連れてこないなら、何故、俺はこんなところに居るんだ?」
「あ~。パラレルワールドの住人はな。基本、その世界を抜け出す事は出来ないんだが、ごく稀れにパラレルワールドを抜け出しちまう『迷子』が居るんだよ。そいつらは、大概此処に来ることになってる。俺達はな、そんな『迷子』を元の世界に帰してやる仕事もしてるんだ」
「成程。じゃあ、俺は何故だか分からないがその『迷子』とやらになって、此処に来た、そう言うんだな」

 およそ信じられるような話ではなかったが、言っている内容は筋が通っている。ここで信じる信じないで押し問答をしても仕方ない。ならば、その前提で話をしたほうがまだマシだ。ヒロは念を押した。

「と思ってる」

 タガミはあっさりと答えた。

「なら、話は簡単だ。俺を元の世界に帰してくれ。迷子になった積もりも、そんな記憶もないが、さっきのドラゴンといい、ここが俺の知っている世界じゃなさそうなことだけは分かった。アンビリーバボーな体験はもう十分、お腹一杯だ。とっとと元の世界に帰してくれ。神様なんだから簡単に出来るんだろう?」

 ヒロは吐き捨てるように言った。もしこれが、どっきり企画だったとしても、もうそんな事はどうでもいい。視聴者サンプルだろうが何だろうがいくらでもなってやる。そんな気持ちだった。

「そんな簡単な話ならいいんだけどな」

 タガミは上を向いて一息ついた。その表情は少し曇っていた。

「どういうことだ?」

 ヒロの問いかけにタガミは身を乗り出した。

「カカミさん。当たり前の事だが、元の世界に帰すには、沢山のパラレルワールドの中で、どの世界の住人かが分からないといけない。でないと帰しようがない。それはいいよな?」

 タガミの言葉にヒロが頷く。

「勿論、俺達はそのための名簿を持ってる。さっき、あんたの名前を聞いたのは、あんたがどの世界の住人かを検索するためだ」
「それで?」
「……あんたの名前は名簿にないんだよ。カカミさん、あんた一体、どの世界から来たんだ?」

 そんな馬鹿な。ヒロは思わず叫んでいた。


◇◇◇


 それからヒロは有らん限りの言葉を尽くして、タガミに自分の世界の説明を試みた。文明、文化、社会、歴史さえも、およそ知っている事は全部話した。ヒロは説明しながら、自分がどのパラレルワールドから来たのかを判別してくれるものと期待した。

 タガミはヒロの説明を黙ってふんふんと聞いていたが、ヒロが説明を終えると一言だけぽつりと言った。

「……()()()じゃないな」
「どういうことだ? 田上さん、説明してくれ」

 ヒロはタガミに食いつかんばかりに迫った。自分の世界の目安がついたのかどうなのか。知りたいのはその一点だ。

「あ~。カカミさん。この枝はな、大分昔に枝分かれしたパラレルワールド群なのさ。今からざっと一億年以上も昔だ。あんた、さっき外に出ようとして、ドラゴンを見たと思うけど、当時はな、恐竜もドラゴンも普通にいたんだ。他にももっと色んな生き物がいた。この枝はそんな生き物達がずっと生き残っている枝なんだ。あんたの話だと、あんたの世界には恐竜もドラゴンもいないようだ。だから、もしかしたらこの枝にぶら下がっているパラレルワールドの住人ではないんじゃないかと思ったんだ」

 絶句するヒロを横目に、タガミは胸ポケットから携帯電話のようなものを取り出して、誰かを呼び出した。

「カカミさん、ちょっと確かめてみようか」

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ