挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

199/200

25-199.報酬提案

 
「では、こうしませんか? ヒロ、貴方は大学に行きたいといっていましたね。先日、配達クエストの報酬として、後見人を紹介できないかと要求していたかと思います。それを報酬に充てるというのは?」
「推薦してくれる人が見つかったということかい?」

 ヒロは思わず身を乗り出していた。前回のシャロームからの配達クエストでは、推薦人は見つからなかったと、報酬の銀貨を上乗せしたのだ。推薦人を紹介しろなどと、もとより無茶な要求だと思っていたから、差程、気にも止めていなかった。それをここで出してくるとは……。

 だがそれならそれで、その人物に会って、推薦して貰えるよう交渉しなくてはならない。シャロームの口利きがあるとはいえ、果たしてどんな人物なのか。情報を聞き出す必要があるなとヒロは思った。

 シャロームは、テーブルのカップに手を伸ばし、茶を飲んだ。そして、ポットから新しい茶を注いでから、ゆっくりと言った。

「えぇ、貴方の目の前に」

 シャロームがにこりと微笑む。

 突然のシャロームの申し出に、ヒロは即座に返答できなかった。シャローム本人が推薦人になるというのか。ならば、互いに知った仲だ。ヒロとしては申し分ない推薦人だ。

「君が推薦人になってくれるのか?」
「これでも商売柄、大学とも付き合いがありましてね。領主殿(ウォーデン卿)の書籍を探すのを手伝ったり、隣国から書物を運び込んでくるのも手掛けているのですよ。これまで学生の後見人をしたことはありませんが、多分何とかなるでしょう。ですが、一応これは出来高払いとさせてください」

 ヒロは、ソラリスとリムに視線を送る。それでいいかと了解を取るつもりだったのだが、ヒロがそう尋ねる前に彼女達は賛意を示した。

 ヒロがそれでいいと答える。シャロームがそれを確認した後、エルテに向かって口を開いた。

「残りの足りない部分は、エルテに肩代わりして貰いたいのですが……」
「あぁ、そういうことなのね。シャル」

 エルテは、一瞬、言っている意味が分からないとでもいいたげな顔をしたが、直ぐにシャロームの意図を理解したのか、口元を綻ばせながら大きく頷いた。

「ヒロ、大学への願書はエルテが代筆します。そして、エルテを貴方の専属の代理人(マネージャー)として契約していただきたい。代理人(マネージャー)報酬は今回のクエスト報酬で相殺。契約期限は貴方が卒業するまで。それでどうです?」

 フォーの迷宮での小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐は、クエスト対象外だった。もとより報酬は期待していなかったし、当座の生活費なら、先日換金した金貨がある。ヒロが大学に行くための障害は、推薦人と代理人(マネージャー)をどう見つけるかということだったのだ。それが一気に解決する。ただ……。

「俺としては、申し分ない条件だが……。エルテ、君はそれでいいのか? 黄金水晶の問題もあるし、俺が大学を卒業する迄なんていっても、いつ卒業できるか分からない。俺は助かるが、君は契約に拘束される。不本意ではないのか?」

 ウオバルの魔法騎士大学は後見人がいなければ入学できないが、卒業はもっと難しい。毎年の卒業生は一人か二人。学生達の中でも圧倒的に実力がなければならない。高き壁だ。ヒロはロンボクから受けていた説明を思い出していた。卒業するまで専属代理人(マネージャー)になるということは、それまで自由に動けなくなるということだ。エルテにとっては非常に不利な契約ではないかとヒロは思った。

 しかし、エルテは静かに首を振ってくすりと笑った。

「いいえ。黄金水晶の問題も残り二つのレーベの秘宝の探索もまずは情報収集が必要ですわ。私は、もう黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルとして、アンダーグラウンドで活動できないですし、その積もりもありません。変に裏で動くよりも、代理人(マネージャー)として活動した方が情報は集めやすいと思いますわ」

 エルテの答えは明快だった。今後、レーベの秘宝の謎を追うにしても情報が必要になることは間違いない。

「ただし、条件がありますわ」
「なんだい?」

 エルテはヒロの問いに直ぐには答えず、カップを手に取り、ゆっくりとお茶を口に含んだ。

「私をヒロさんのパーティ(アラニス・エマ)のメンバーとして加えて下さい。パーティのメンバーであれば、私も一緒に活動できますから。これからヒロさんには、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を討伐したパーティのリーダーということで、沢山のクエストがくる筈ですわ。私達であれば、大抵のクエストは問題なくこなせます。その大量のクエストの中から、黄金水晶や残りのレーベの秘宝探索に繋がりそうなクエストを私が選別してヒロさんに提示する。私をヒロさんのパーティに加えることと、クエストを精査する権利。条件はこの二つですわ」

 エルテが自分のパーティに加わる。ヒロにとって予想外の条件だった。もちろん良い方の。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルがパーティに入るということは、ウオバルの冒険者の中でも随一の実力者を迎えるということだ。それに冒険者仲間では別格とされるソラリスもいる。パーティの構成も、魔法使いの自分に、盗賊兼剣士のソラリス、神官のエルテとバランスが取れている。フォーの迷宮での戦闘でパーティとして十分に機能することも分かった。ヒロにとって、これ以上望むべくもない条件といえた。

「それに……」

 エルテが少しだけ悪戯っぽく笑った。

「ヒロさんには、リムさんもいます。古代語、それも宮廷古代語まで読めるリムさんがいれば、古文書の解読も難しくない。ヒロさんのパーティに入らない理由はありませんわ」

 エルテもヒロのパーティに入ることに十分のメリットを感じているようだ。強いて言えば、ヒロの代理人(マネージャー)になるということで行動に多少の制約が出るくらいだ。だがそれも、ウオバルを拠点にする限りは大した問題じゃない。シャロームの提案はウィンーウィンの提案だとヒロは思った。

「そうか。エルテがそういってくれるなら、俺としては大歓迎だ」
「エルテさん。ようこそ」
「あんたの実力はフォーの迷宮で見せて貰った。あんたが入ってくれるなら、大学のパーティにも負けやしないさ。よろしくな、エルテ」

 ヒロが確認するまでもなく、リムとソラリスはエルテを仲間として迎え入れると答えた。

 シャロームが口元を綻ばせる。

「では、決まりですね。私がヒロの身元引受人になります。入学式は五日後、審査は入学式前々日まで受付していますから、明日願書を出せばギリギリ間に合います。エルテ、願書をお願いできますか?」
「ええ、問題ありませんわ」
「審査は難しいのかい? 入学出来る見込みはどれくらいあるんだ?」

 ヒロは思わず尋ねていた。願書による審査だけとは聞いているが、それでも気になった。

「ヒロさんでしたら問題ありませんわ。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を討伐した人を入学させないことってあり得ませんもの」

 エルテは笑って受けた。

「あいにくヒロ達がフォーの迷宮にいっている間に、卒業式は終わってしまいました。ですが、入学式が終わる迄、街はお祭りですよ。ヒロ、ウオバルは初めてと言ってましたね。楽しんでいって下さい」

 シャロームの言葉はどこか弾んでいた。
 
現在連載中の『ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件』第三部も終幕が近づいてきました。

第四部以降の構想もありますが、少しお休みして、新作の準備に取り掛かっています。

 新作といっても、物語の舞台は同じで、ヒロ達の八千年前、本作で何度か出てきたレーベ王の息子達の世代の話になります。世界観も同じで、時代だけ異なります。

『ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件』で出て来たレーベの秘宝に纏わる話など、バックボーンとなる物話です。

 題名は検討中です。

 第三部の最終話と同時に新作スタートの予定です。

 第三部のあとがきで告知等させていただきますので、新作も応援よろしくお願いいたします。

日比野庵拝

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ