挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

198/200

25-198.報告

 
 ウオバル、早朝。

 虹の広場に朝市が立ち、多くの出店が所狭しとひしめき合い、威勢の良い声が響く。広場は普段の三倍以上の人で溢れていた。

 五色通りに面した家の玄関には一つ残らず紋章旗が掲げられ、二階には路を跨いで反対側の家にロープが張られていた。そこに色とりどりの小さな旗がぶら下がっている。五色通りはさながら祭りのような活況を呈していた。

「なんか賑やかだな」
「大学の卒入学式だよ。前後十日くらいは町中祭りなのさ」

 ヒロの疑問にソラリスが何でも無い事のように答える。そんなソラリスの声はどことなく弾んでいた。意外とお祭り好きなのかもしれない。

 お祭りの街は、紫の路(ブレウ・ウィア)とて例外ではない。その路に店を構えるシャローム商会にヒロ達は入った。


◇◇◇

――シャローム商会二階の応接室。

「これが黄金水晶ですか……」

 フォーの迷宮から帰還したヒロ達が持ち帰った()を前にして、シャロームがぽつりと言った。その口調から落胆していることは明らかだ。一人一人に振る舞われた、砂糖の入っていない渋い茶は、同じくらい渋い顔をしたシャロームの顔を映し出していた。

 シャローム対面の革張りのソファには、ヒロとリム、ソラリスが座り、シャロームの右横のソファにはエルテが座っている。ロンボクとミカキーノは昨日、ギルドへの報告後に再会を約して別れた。

 ヒロは、ロンボクとミカキーノの二人には黄金水晶の事は口外しないように約束しているとシャロームに伝えた後、少し渋い顔で茶を一口啜った。ふうと一息ついてからシャロームに語り掛ける。

「リムの言うとおりならね。だけど、あの瞬間まで、こいつは黄金色に輝いていたことは、皆見ている。それは間違いない」

 あの瞬間とは、黄金水晶に封じられていた精霊獣アークムが復活した時のことだ。ヒロの言葉にシャローム以外の三人が深く頷く。

「証明するのは難しそうですね。伝説の精霊獣とやらをまた呼び出す事が出来れば別なんでしょうけど……」

 シャロームが両手の指を組んで自分の膝においた。困った様な顔でエルテを見つめる。

「シャル、それは女神リーファでもないと……」

 エルテが答える。

 そうなのだ。黄金水晶が黄金水晶たる証を示せない限り、誰も認めないだろう。せめて見た目だけでも黄金や水晶だったのであれば、まだ説明の仕様があるのかもしれないが、誰がどう見てもただの巻き貝だ。

 宝箱の底に刻まれた古代宮廷文字が語る経緯がその通りだったとしても、リム以外に読めるものがいない現状では証拠とするには弱い。

 ヒロのその思考を補足するかのようにエルテが説明する。

「状況証拠だけでは、たとえ英明なフォス三世陛下がそれを信じたとしても、王宮の重臣や貴族達を説得できませんわ。彼らが承知しなければ、いかに王といえども認める訳にはいかないでしょうね」
「エルテ、これからどうするんです? 貴方が言ったとおり、これを黄金水晶だと言ったところで、誰も信じない。黄金水晶を献上出来なければ、貴方の……」

 シャロームの言葉をエルテが遮る。

「シャル、これが黄金水晶だと証明する方法が何処かにある筈よ。それにレーベの秘宝は三つあると言われています。黄金水晶が実在した以上、残りもきっとありますわ。それを探すことが次の目標に……」

 シャロームが気の長い話ですねと言い、更に続けようとしたが、口を噤んだ。エルテの青い瞳がシャロームをまっすぐに見つめていた。シャロームはそこにエルテの強い意志をみたのか、それ以上何も言わなかった。

「そうそう、ヒロ。今回のクエストの報酬ですが……」
「それなら、宝箱から取ってきたよ」

 シャロームが話題を変えると、ソラリスが待ってましたとばかりに懐から赤い皮袋を取り出した。ザラザラとテーブルに開ける。アリアドネの種に混ざって金貨が顔を見せた。

「これは……、レーベン金貨ですね。百枚はある」

 シャロームが金貨の一枚を摘んで、裏表を確認する。

「換金してくれるかい?」

 レーベン金貨は、レーベ王時代の古金貨だ。今の王国では流通していない。ヒロはシャロームに始めて会ったときのことを思い出しながらそう言った。リムが持っていた同じレーベン金貨をシャロームに換金して貰ったのだ。

「この枚数だと、いきなり全部という訳にはいきませんね。でも、出来れば換金しない方がいいと思いますよ」
「どうしてだ?」
「このレーベン金貨を引き取ると、私はこれを売り捌かなければならなくなります。ですが、これは黄金水晶があった宝箱の中に入っていたのでしょう? 黄金水晶がそうである証明の一つに使えるかもしれない。それがはっきりするまでは、このままにしておくことをお勧めしますよ」

 シャロームは肩を竦めてみせた。商売人だからといって、何でもかんでも引き取る訳じゃない。これはシャロームなりの矜持だろうか、それともエルテに対する好意なのだろうか。

「一理あるな。ならば、これを預かってくれないか。預け賃が居るなら……」
「保管料は結構ですよ。今回のクエスト報酬の一部ということにさせてください」
「?」
「実のところ、今回のクエスト報酬の支払いに困っていたのですよ。前にも言ったかと思いますが、黄金水晶以外に売れそうなお宝があると思っていたんですよ。勿論、お宝そのものは見つけた冒険者の物ですが、大抵はパーティの仲間と山分けするために換金するのが殆どです。そのお宝を転売して、報酬に充てようと思っていたんです」

 シャロームはテーブルのカップを取り、茶を飲んでから続けた。

「でも、黄金水晶は御覧の通りで、他のお宝はレーベン金貨だけ。金貨が売れないのは先程言ったとおりです。仮に金貨以外に宝があったとしても、同じ理由で売りにくい。要するに報酬のアテが無くなったのですよ」
「君程の商人がクエスト報酬を払えない程、金がないとは思えないがな」
「いえいえ、火の車でして」

 シャロームが謙遜してみせているだけのようにヒロには思えたのだが、青年商人の目は真剣だった。

「お金は動かしていないとね……それはまあいいでしょう。ヒロ、単に迷宮探索だけならまだ御用意できたのですが、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を討伐したのでしょう? それの工面が直ぐには難しいのですよ」
小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐のクエストはギルドには出ていなかった。別になくても問題ないんじゃないのか?」
「建前では、ですね」

 シャロームは組んだ指を膝の上で軽く上下させる。

「たとえギルドからの正式なクエストが出ていなくても、それなりの働きにはそれなりの報酬を用意するのが慣例でしてね。そうしないと、契約した内容以外は誰も何もしなくなります。無論、契約上はそれで何も問題ないのですが、それだと大きなチャンスを逃してしまうこともある。ヒロ、貴方が小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を倒さなかったら、今でもフォーの迷宮は、未攻略迷宮のまま、取り残されていたでしょうね」

 ――そんなものなのか……。

 ヒロは俄には理解できなかったが、ここは反論せずに素直に従ってよい場面だ。なにせ予定外の報酬をくれるというのだ。ならば、とヒロは口を開いた。

「そうか。それならば、有り難く戴くことにするよ。こちらも無傷という訳でもないし、装備の手入れも必要だろうからね。で、どうするんだ?」

 ヒロはもっともらしいことをいって、シャロームの反応をみることにした。直ぐに全額は無理だから、分割ではどうか、と提案してくるのではないかと予想した。こちらの世界に()()という概念があるかどうか分からなかったが、別になければ多少の色をつけて貰えばいいだけの事だ。だが、シャロームの提案はヒロの予想を裏切るものだった。
 
 現在連載中の『ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件』第三部も終幕が近づいてきました。

第四部以降の構想もありますが、少しお休みして、新作の準備に取り掛かっています。

 新作といっても、物語の舞台は同じで、ヒロ達の八千年前、本作で何度か出てきたレーベ王の息子達の世代の話になります。世界観も同じで、時代だけ異なります。

『ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件』で出て来たレーベの秘宝に纏わる話など、バックボーンとなる物話です。

 題名は検討中です。

 第三部の最終話と同時に新作スタートの予定です。

 第三部のあとがきで告知等させていただきますので、新作も応援よろしくお願いいたします。

 日比野庵拝

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ