挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

197/200

25-197.凱旋

 
 ヒロ達は、フォーの迷宮探索を終え、八日振りに無事、ウオバルに戻ってきた。ウオバルについたのは正午過ぎだったこともあり、冒険者ギルドに顔を出すことにした。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐を報告する為だ。

 ギルドでは小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐のクエストは出されていなかったのだが、討伐した時はそれを報告する義務がある。後日、討伐のクエストが出されたとき、対象が討伐済だったら困るからだ。

 ギルドでは小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の首実検を行った。首実検は首尾良く終わり、ギルドから討伐証明を受け取ることができた。

 勿論、クエストによる討伐ではないからギルドからの報酬はない。だが、ギルド長が特別報奨金としてバルド準金貨三枚をパーティ全員に与えてくれた。

 それだけではない。ヒロ達による小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐という快挙にギルドは沸いた。居合わせた冒険者達が次々と祝福の言葉を掛けてくる。やはり小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の討伐はそれほどの事だったのだ。仲間の冒険者達の賛辞を受け、ヒロは自分達が成した事の大きさを知った。


「どうする? ヒロ。大きなクエストを成功させた時には、仲間で祝うってのが、この辺りの相場だよ」

 ソラリスの問いにヒロはメンバーを見渡した。あの戦いをくぐり抜けた仲間だ。ヒロは仲間の疲労を気遣いながらも、ソラリスの助言に従った。

「皆がよければ、でも軽く一杯だけにしよう。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)討伐はクエストじゃなかったしな」

 ヒロ達は、近くの酒場でささやかな祝宴を上げた。ロンボクとミカキーノの労をねぎらう。ミカキーノは小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の首を持って、スティール・メイデンのメンバーで郷に帰り、討伐の報告と死んでいった郷の仲間達を弔うという。

 ロンボクもロッケンに付き添って、スティール・メイデンと共に彼らの郷を訪問するといった。

「ロンボク、しばらくのお別れだな。本当に世話になった。ミカキーノもだ。君達が居なかったら、生きて帰れなかったかもしれない」
「いえ、貴重な経験をさせて貰いましたよ。ヒロさん。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の討伐で、ギルドの中でも貴方のパーティは一目置かれることになるでしょう。ソラリスに、エルテさんがいるんですから……」

 ロンボクには、フォーの迷宮の帰りに、エルテが黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルだと明かした。フォーの迷宮でのエルテの魔法とあの青い珠(ドゥーム)をみた後だったから、ロンボクは驚きながらもすんなりと受け入れてくれた。無論、口外しないという固い約束付で。

「皆、今日はもう宿に戻ろう。シャロームのところは明日だ」

 ヒロ達は今日はギルドへの報告のみにして、シャロームへの報告は翌日にすることにした。


 ◇◇◇

 ――地下の小部屋。

 テーブルの前で一人の男が、対面の小柄なせむし男の言葉に耳を傾けていた。

「剣を見ると腕試ししたくなるのは貴様の悪い癖だな。バレル」
「……」

 バレルは黙ったまま一言も発しない。心なしかその顔が悔しさに歪んでいるようにも見えた。

「まぁよい。続けよ」

 報告を受けているのはラスター。レーベの秘宝を追っているウオバルの有力貴族だ。彼は手下のバレルからフォーの迷宮でのヒロ達の様子とその顛末について報告を受けていた。

「黄金水晶は実在した。だが、すでに黄金水晶としての力を失っているというのだな」
「はい。ラスター様」
「そうか。ご苦労だった。バレル」

 バレルはベスラーリと別れた後、単身フォーの迷宮に乗り込み、ヒロ達の様子を監視していた。精霊獣アークムの姿を拝むことは出来なかったが、リムが事の顛末を説明するのは聞くことが出来た。証拠として、黄金水晶だった巻き貝を奪い取ることには失敗したが、重要な情報を持ち帰ることができた。ラスターの(ねぎら)いの言葉がそれを示していた。

「黄金水晶を奪い取れなかったのは残念だが、報告の通りであれば、()()が本物だと証明できない限り、ないと同じだ。ただ、少しでも不安要素は残したくない。引き続き監視せよ。そして……」

 ラスターはバレルに何事か指示を出した。

「承知いたしました。キヒヒヒヒヒ」

 薄気味悪い笑い声と共にバレルは煙のように消え失せた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ