挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

194/200

24-194.封印

 
 レイムの言葉にラメルが立ち上がり、両手を広げる。彼の右の親指には金の指輪、左の親指に銀の指輪が光っていた。

「天空世界を駆ける神々の御使い、リーとセレスより賜りし輪廻(レンガス)の力、此処に臨まん。天空と大地より命の源を集め復活の力となさしめ給へ……」

 ラメルの指輪から金色の光が迸る。

永久の火エナジー・フレイ・ドレイン!」
大ホールの燭台の白い光玉が消え、代わりに青白い炎が灯る。

「レイム殿」

 ラメルの言葉を受け、レイムが宝箱の黄金水晶に向かい、黄金の錫杖を向ける。

「大地母神リーファ、天空神エルフィルの名の下に命ず。精霊獣アークムの命の源、此処に臨まん。精霊界へ戻るその日まで深き眠りにつきなさい」

 レイムが錫杖を天に掲げる。

聖復アライ・アラ・エリアル!」

 黄金の錫杖が白く輝き、復活の力を与える。レイムはラメルの魔法が生み出した青白い炎からマナが細い糸のように、黄金水晶に伸びていくのを確認すると、ほっと息をついた。

「神域魔法は成功しました。これで大導師ラメルが神殿と神殿を取り巻く山々から少しずつ集めるマナが黄金水晶に注がれ、アークムを回復させる力となるでしょう。しかし、それでもアークムが復活するには時を待たねばなりません。アークムの傷が癒え、精霊界に戻れるようになるとしても、数千年は掛かりましょう。その間、此処を護る必要があります」
「黄金水晶を納めた宝箱と、この祭壇の部屋を封じるのですか? レイム様」

 フレイルが宝箱と扉に鍵を掛けるのかと問うた。レイムは静かに首を振る。

「いえ、それではアークムが復活しても、此処から出られなくなりましょう。守護者を……」
「はっ。畏まりました」

 フレイルがラメルに視線を送る。

「先生、召喚してよいでしょうか?」

 ラメルが静かに頷く。フレイルはエルフィートに合図すると、その場で立ち上がり、懐から革袋を出した。中に手を入れ、小さな黒瑪瑙をいくつか取り出す。エルフィートも腰にぶら下げた革袋から透き通った石英を取り出した。

エルフィートは石英を大ホールに、フレイルは黒瑪瑙を祭壇付近に撒いた。二人は右手の人差し指を唇にあて、同時に召喚と開封の呪文を唱えた。

「大地母神リーファ、天空神エルフィルの名の下に命ず。不滅の魂は大地に留まり、破邪の番人此処に来たれり。これよりのち、我が立ちたる場を何人も立入らぬ神域となさん。我の呼びかけに答え、聖なる務めを果たせ……」

 フレイルとエルフィートは口に当てた指を天に掲げた。

「守護者召喚!」

 宙から稲光が生まれ、先程撒いた宝石の中に吸い込まれていった。一呼吸置いて、宝石から煙のようなものが立ち上ったかと思うと、台座には巨大なガーゴイル(バッサーシュパイ)が現れ像となり、祭壇を包んだ煙が一瞬死霊(アンデッド)の姿となり、再び消え失せた。

 フレイルはレイムに深々と礼をした後、自分の師匠(ラメル)に報告する。

「祭壇に死霊(アンデッド)、大ホールにガーゴイル(バッサーシュパイ)を召喚開封しました。これで剣士からも魔法使いからも守れましょう」
「うむ。マナを吸い取られる(エナジードレイン)神殿だとの噂が広まれば、此処に近づく者もいなくなろう。だが、この地下大聖堂に僅かな日数で辿り着く勇者が今後数千年の間に出てこないとも限らぬ。故に守護者は置いておかねばならぬ。この永久の火のマナ吸引(エナジードレイン)の力は、一瞬で命を奪える程ではない」

ラメルが満足そうに頷くのを見てレイムは、静かに付け足した。

「大導師ラメルの御言葉の通りです。全てのマナを一瞬で奪う程のマナ吸引(エナジードレイン)を掛けてしまっては、フォーの神殿(ここ)を取り巻く山々は枯れ、死の世界となりましょう。そうなれば、黄金水晶に注ぐマナも枯れ果て、精霊獣アークムの復活は未来永劫ありません」
「レイム殿、もう一つよろしいか」

 ラメルはレイムが承諾したのを見ると、手を天に掲げ、短く呪文を唱えた。ラメルの両手から赤い光が広がり、大聖堂の天井に吸い込まれていく。

「念の為、崩壊の魔法を施した。これでフォーの神殿は激しい戦闘は出来ぬ場所となる。本来は此処に匿った人々の間で争い事を起こさせないための魔法なのだが……」

 レイムは皆が首肯するのを確認すると、黄金の錫杖を掲げて宣言する。

「これより後、フォーの神殿の地下聖堂への入り口を封印し、何人たりとも入室を禁じます。数千年の長き時、精霊獣アークム復活のその日まで、大地母神リーファの御加護のあらん事を」

 皆が一斉にレイムに頭を下げる。アークムが眠る黄金水晶が、フォーの神殿に封じられた瞬間だった。

レイムが宣言を終え、錫杖を降ろすと、エルフィートに視線を戻した。エルフィートの銀の瞳が何かを訴えていたからだ。

「エルフィート?」
「レイム様、今日のこの日を、我が血筋に伝える事をお許し下さい。数千年の時は、フォーの神殿(ここ)に黄金水晶を奉じた事など押し流してしまいましょう」
「どうされるのです?」
「フレイル」
「はっ」

 エルフィートはフレイルに命じ、部屋の隅に積み上げられていた石板状の化粧石を二枚持って来させ、床に置かせる。

 エルフィートは懐から固い繊維で編んだ紙のようなものを取り出し、ハートの形に折ると、それを唇にあて、囁くように呪文を唱える。折られた紙に、エルフィートの言葉が宮廷文字で焼き付けられた。

 エルフィートは紙を元通りに広げて化粧石に乗せると、別の呪文を唱えながら、手でなぞった。紙は溶け込むように化粧石に吸い込まれて消えた。

 エルフィートがフレイルにアイコンタクトする。フレイルは二枚の化粧石の一枚を手に取り、レイムの目の前に歩み寄った。レイムに深々と頭を下げ、片膝をついて、化粧石を捧げる。

「レイム様。この石板に精霊獣アークムをここに奉じたことを記しました。一枚をフォーの神殿に捧げ、もう一枚は私達ラクシス家が子々孫々伝えていきたく存じます」

 ラメルがその意図をレイムに説明した。

「レイム殿。石板を厳重に保管したとしても、一枚だけでは長い年月の間に失われ、紛い物として打ち捨てられることもあろう。ならば、同じ石板を二枚作って、別に保管するがよい。石板が示すフォーの神殿に同じ石板があるとなれば、その内容も担保されよう」

 師の言葉をエルフィートが補足する。

「この処置は、私達が大導師ラメル(せんせい)と相談して決めさせていただきました。何卒、お許しいただきますよう……」

 エルフィートとフレイルがレイムに頭を下げる。

「その日に備えて証を残したということですね」
「はい」
「その証は誰にでも分かってしまうものなのですか?」

 レイムが気品ある顔をほんの少しだけ歪めた。証を残したばかりに心なき者に奪われてしまっては元も子もない。

「いいえ」

 エルフィートは自分の左手の甲に右手の人差し指と中指を揃えて当て、呪文を唱えた。するとそこにオレンジのハートが浮かび上がった。

「私の紋章印(ケイデンシー)です。石板には宮廷(わたしの)文字でこの折り型に記したものを展開して刻んでおります。これが鍵の役目を果たしましょう」
「レイム様。私の手にも同じ紋章印(ケイデンシー)を施してあります。これを我がラクシス家の子孫に代々施し、鍵として継承させたく存じます」

 フレイルの答えにレイムが念を押した。

「では、あなた方の血を受け継ぐ者でないと解けないということですね」
「はい」

 レイムは目を閉じてしばらく考えていた。やがて目を開け、エルフィートの申し出を許可すると告げた。

「分かりました。この一枚はフォーの神殿で保管しておきます。エルフィート、フレイル、もう一枚はあなた達が責任をもって子孫に伝えてください」
「ありがとうございます、レイム様」

 エルフィート達が頭を下げる。

 レイムは静かに頷いてから、宝箱に向き直る。黄金の錫杖を両手に持ち、そっと呟いた。

「リーファ様、貴方が残された先帝レーベの証。目覚めの時のその日まで、大いなる御加護の在らんことを……」

 ホールを照らす青白い永久の火がそれに応えるかのようにゆらりと揺れた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ