挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

192/200

23-192.黄金水晶

 
「大丈夫か! リム!」

 ヒロが駆け寄るより先に、エルテがリムを抱き抱える。応急の回復魔法を試みる。

 永久の火の燭台を斬ることで、多少のマナが補給されたとはいえ、まだまだマナが少ないこのホールで掛ける回復魔法はささやかなものだったが、リムが気を取り戻すには十分だった。

「う……」

 リムがうっすらと目を開ける。覗き込むヒロの顔をみて微かに微笑んだ。

「ヒロ様、御無事だったのですね。よかった」

 エルテが回復魔法の強度を上げる。リムの顔にみるみる精気が蘇ってくる。よかった。大事には至っていないようだ。

「アークムは?」

 リムは獣がどうなったのかと、ヒロに金の瞳を向けた。

(リム)に噛みついた後、急に上を向いて、そのまま消えてしまったよ。何が起こったのかさっぱりだ」
「……そうですか」

 リムは体を起こした。驚くべき回復力だ。リムはヒロの制止も聞かず、ゆっくりと起きあがると、その辺りを歩き始めた。やがて、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)から切り飛ばしたペンダントを見つけると、しゃがみ込んで拾った。

「リム?」

 リムは、それを両手で包んで胸に抱くと、ヒロの元に戻ってきた。顔を上げると金色の瞳からぽろぽろと涙が溢れていた。

「……リム」

 リムはヒロの前で両手を広げてみせた。その可愛らしい手の平には、光沢のある白地に茶の斑模様をした物体があった。

「巻き貝?」

 ヒロが驚きの声を挙げる。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が付けていたペンダントは三角錐だった筈なのだが、今、リムが手にしているのは形は似ているが唯の巻き貝だ。何故、山奥の地下迷宮にこんなものが。困惑するヒロに、リムが静かに口を開いた。

「ヒロ様、エルテさん。これが……黄金水晶です。いえ、黄金水晶だったものです……」
「?」
「先程のモンスターの名はアークム。女神リーファが巻き貝(これ)に封じた精霊獣です」
「!!」

 突如、ヒロの脳裏にウオバル図書館から借りたレーベ王の物語の一節が思い浮かんだ。女神リーファが自分の形見として黄金水晶をレーベ王に託した場面だ。

「あれは、ただの伝説じゃなかったのか」
「ヒロ様、前に……申し上げませんでしたか? あれは本当の話だったと」
「しかし、これはどうみても唯の貝だ。黄金にも水晶にも見えないが」
「はい。あの時、女神リーファはこの巻き貝を拾って、精霊獣アークムを封じてから、黄金水晶に錬成変化させました。でも、アークムがいなくなった今、元の巻貝に戻ったんです」

 リムの説明にエルテが口を挟む。

「リムちゃん、これが黄金水晶だったという証拠はあるの?」

 エルテの顔には困惑の色がありありと浮かんでいた。無理もない。エルテはラクシス家の再興を胸にレーベの秘宝を探し求めていたのだ。それなのに、この巻き貝がそうだと言われても、簡単に納得する訳にはいかない。彼女の少し尖らせた口がその気持ちを表していた。

「先程のモンスターが精霊獣アークムだということが一つ。そしてもう一つが宝箱の中に」
「どういうことなの?」
「宝箱の底に、黄金水晶が納められた経緯(いきさつ)が書いてありました」

 リムが宝箱を指さし、説明しますと言った。ヒロ達が宝箱に集まり、底を覗き込む。リムが金貨を脇に除け、底面を手で払うと、そこに古代文字が刻まれているのが見えた。

此処(フォーの神殿)に黄金水晶が納められたのは、精霊獣アークムを治療し、目覚めさせるためだったんです」

 リムは古代文字を見つめ、その内容を語り始めた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ