挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

188/200

22-188.切り札

 
――ちっ。

 ソラリスが間髪入れず反撃する。カラスマルの切っ先が小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を捉え、硬い皮膚を削る。だが、傷こそつけるものの、致命傷は与えられない。剣の腕はソラリスがやや上に見えたが、腕力では小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が勝っていた。それに加えて、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)のドラゴンの鱗にも比肩しうる硬質の皮膚は、生半な剣戟を通さない。総合的には小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が一枚上だ。それを互角の勝負に持ち込んでいるのは、ロンボクの幻影魔法によるサポートがあるからだ。

 真剣での勝負はたった一度の(やいば)が致命傷となることもある。剣道のような三本勝負でもなく、柔道のような有効も効果もない。あるのは生か死かの一本勝負だ。いかに相手の剣を触れさせず、こちらの攻撃をヒットさせられるかが鍵を握っている。

 ソラリスは小悪鬼騎士(ゴブリンロード)との間合いを正確に測りながら闘っていた。ゴブリンロードの体躯は普通の人間より頭一つ大きく、ソラリスと同じくらいだが、リーチはもっとあった。それ故、ソラリスは自分の間合いよりも、足の裏一つ分だけ遠い間合いを取っていた。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の剣から身を守るギリギリの間合いだったが、それが踏み込み不足となり、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に致命傷を与えられない原因ともなっていた。

 時折、ミカキーノが歯を食いしばって斬り掛かってはいるのだが、手負いで立ち向かえる様な相手ではない。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に簡単に受け止められては、弾き飛ばされる。その度にミカキーノは床に這い蹲り、呻き声を上げる。

 ロンボクは魔法で幻影のモンスターを産みだし、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の注意を逸らすことに成功していた。だが、最初こそ牽制効果があった幻影魔法も、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が慣れ、幻影を無視するようになってから、段々と効果を見せなくなっていった。

 それに伴い、ソラリスへの圧力が強まっていく。ソラリスよりリーチがあり、膂力に勝る小悪鬼騎士(ゴブリンロード)は、ソラリスの剣を片手剣で受け止め、即座に反撃に出る。一方ソラリスは、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の重い一撃を両手両足で踏ん張りながら、辛うじて受け止めていた。カラスマルは折れることなくよく耐えていたが、剣戟の重さまでは吸収できない。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の剣を受け止めるのが精一杯だ。ソラリスは即座に反撃出来ず、その度に、体勢を立て直す時間を必要とした。その分、手数が減る。それは、ロンボクの幻影魔法の効果が薄れるにつれ顕著となっていった。

 ――ガキィン、キン、ギャリ、シャリーン。

 互いの剣が激しくぶつかり、ホールに高い金属音が響きわたる。

 もう何十合も交わしたのだろうか。ソラリスに疲れの色が見え始めた。折角、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)から黄金の三角柱ペンダントを切り離したのに……。いや、切り離す事が出来たからこそ、今、この程度で押しとどまれているのだ。もしペンダントを切り飛ばす事が出来なかったら、とっくに全滅していただろう。

 ――ドン。

 激しい打撃音と共に、ソラリスがヒロの傍まで吹き飛ばされた。鍔迫り合いの最中に小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が空いた側の手で殴りつけたのだ。

「ソラリス!」

 床に叩きつけられたソラリスが必死に起きあがろうとするが、足が言うことを聞かない。ヒロがソラリスを庇って前にでる。ヒロは短剣を片手に構えたまま、目の前に迫る小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に向かって再び魔法発動を試みる。やっぱり駄目だ。マッチ程の火さえ生まれない。

「ヒロさん!」

 ロンボクが、ヒロに近づくと、幻影魔法を発動しようと杖を構える。だがそれより早く、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が剣の柄でロンボクを横薙ぎに殴りつけた。

「ぐっ!」
「ロンボク!」

 ロンボクはよろよろとよろけ、片膝をつく。エルテとリムはずっと後ろに後退してはいたが、ここでやられてしまったら、いずれ彼女達もやられてしまうだろう。ここで食い止めねば、しかりソラリスですら敵わない相手に短剣一本でどうやって……。

 ――差し違えるしかないのか。

 ヒロが短剣を脇に構え直そうと腕を動かした。だがその瞬間、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の剣が閃く。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の剣先がヒロの短剣に触れ、弾き飛ばした。腕が痺れる。軽く振っただけなのに、ものすごい剣圧だ。ヒロが指ごと斬り飛ばされなかったのは、ただ幸運だったという他ない。

 フルフェイスの兜の奥から、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の紅い目が怪しく光る。痺れた手を押さえるヒロに、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)が剣を振りかぶる。

光流星(ライトニングアロー)!」

 突如小悪鬼騎士(ゴブリンロード)を無数の光が襲った。横殴りの雨のような光の矢だ。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)は目が眩んだのか、剣を落とし、両手で目を押さえる。

「ロンボク!」

 ヒロが脇をみると、ロンボクが片膝をついた姿勢のまま杖を構えていた。微動だにしない。次の瞬間、ロンボクは、口から鮮血を吹き出して、その場に倒れ伏した。

「今だぁ!」

 ソラリスが叫び声と共に、懐からナイフを取り出し、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に投げつける。喉元を狙ったその一投は、寸分違わず、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の喉に突き刺さった。

「ヒロォ!」
炎粒(フレイ・ウム)!」

 ソラリスと、ヒロは同時に叫んでいた。

 ――ドガァァアァア。

 爆発音が響いた。

 小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の喉に突き刺さったナイフが燃え上がっている。ヒロの炎魔法だ。ヒロは予め、ソラリスのナイフに体内マナを纏わりつかせていた。そしてナイフが小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の喉に刺さってから、炎魔法を遅延発動させたのだ。

 それは、ヒロがモルディアスから教わった、炎粒(フレイ・ウム)の応用技だった。

 ――グォァオォォオオオオオ。

 弱点の喉の内部から炎魔法を受けた小悪鬼騎士(ゴブリンロード)はホールが揺れる程の悲鳴を上げた。ナイフを引き抜こうともがくが中々外れない。チャンスだ。

「ミカキーノ!」

ヒロの叫びと共に、ミカキーノが最後の力を振り絞り、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に突進する。ショートソードを構え、鎧が外れて剥き出しになった背中を一気に突き刺した。刃がズブリと柄まで通った。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)はさらに悲鳴を上げ、棒立ちになった。

「後は頼むぜ……」

 ミカキーノが崩れ落ちる。

「ヒロ、止めだ!」

 ソラリスが、よろよろと起きあがった。だが、彼女には剣を構える力はもう残っていなかった。ソラリスは、カラスマルをヒロに投げてよこす。

小悪鬼騎士(ゴブリンロード)がよろりとヒロに近づく。ブスブスとくすぶる喉にはソラリスの投げナイフ、背中にはミカキーノのショートソードが突き刺さったままだ。首は鮮血で()()()に染まっている。

 ヒロはカラスマルを左脇に構えた。ソラリスから教わった構えだ。一拍おいて、ヒロは気合いと共に小悪鬼騎士(ゴブリンロード)に突進する。一瞬で間合いに入る。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルとの闘いでは浅かった踏み込みも今度は十分だ。

「うぉぉぉぉぉおおおおお」

 ヒロの剣が下段からせり上がり、刃先が小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の首にくい込む。ガツンと音が鳴った。柄を握るヒロの両手に力が籠もり、両腕の力瘤が盛り上がる。

「ォォォォォオオオオオオオオッーーーー!」

 ――ゴリッ。

 重く、そして繊維を引き千切るような音を立てて、小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の首が宙を飛ぶ。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)は首から噴水のように赤い血液を吹き出した。飛ばされた首がゴツンと床に落ちた。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)の躰は膝から崩れ落ち、動かなくなった。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ