挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

184/200

21-184.さっきの謎の答えだ

 
 ――ない。

 ヒロ達は声も出せず、その場で固まっていた。宝らしきものは何もない。いや、正確には少々の金貨だけ入っていた。が、山のような財宝にはほど遠い。ヒロは金貨に手を伸ばし、中に何か隠されていないか探った。だが、何も見つからない。

「やっぱりな」

 ソラリスが溜息をついた。

「扉に鍵が掛かってないと気づいた時から、嫌な予感がしていたんだが……」
「どういう事だ、ソラリス」
「見ての通りさ。先を越されたんだよ」
「私達より先に誰かが、この宝箱を開けて、中身を持ち去ったという事ですか?」

 エルテが振り絞るような声で確認する。

「それ以外考えられないね」
「でも、もし、その何者かが宝を持ち去ったのだとしたら、噂にならない筈がありませんわ。あの宝は……」

 エルテがレーベの秘宝といわず、宝とだけ言った。

「僕には事情は分かりませんけど、その宝は元から無かったという事はないのですか? 少ないとはいえ金貨だってお宝ですよ」

 ソラリスとエルテの会話にロンボクが割り込んだ。

「そうかもしれない。だが……」

 ヒロは独りごちた。もし、宝箱を先に開けた者がいたとして、金貨を残していくことがあるだろうか。最初から金貨以外の何かを探していたと考えるのが順当だろう。仮にそれがレーベの秘宝でなかったとしても、何らかのレア・アイテムだった可能性もある。

「しかし、先程のガーゴイル(パッサーシュバイ)死霊(アンデッド)を排除できる程のパーティはそう多くない筈ですわ。えぇ、最低でもクラスB以上の実力がないと……」

 エルテが思案顔で説明する。言われてみれば、ヒロ達の今のパーティは、クラスB以上に実力があると目されているミカキーノに、それを軽々と打ち破った黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルでもあるエルテ、冒険者仲間では別格扱いのソラリス、そしてクラスBのパーティに所属したこともあるロンボクと実力者揃いの面々だ。そのヒロ達でさえこれだけ苦戦したのだ。確かに生半可なパーティではこの宝にまで辿り着くことは困難だと思われた。

「ウオバルの冒険者で、最近、フォーの迷宮(ここ)に来たものはいない筈ですよ。ギルドで今回の救援クエストを受ける時に、過去の記録を見せて貰いましたから」
「そうするとウオバル以外の冒険者か、アンダーグラウンドか」
「けっ。今時、アンダーグラウンドで、こんなとこのクエストなんてねぇよ。端金(はしたがね)にもなりゃしねぇ」

 ミカキーノの捨て台詞に、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルだったエルテがヒロにだけ見えるように、そっと頷いた。

「アンダーグラウンドでないとすると、あとはウオバル以外の冒険者か……」

 やはり先を越されてしまったのか。悔しそうな表情を浮かべるヒロにリムが疑問の声を上げた。

「ヒロ様。でもなにか変ですよ」
「なんだい? リム」
「あのガーゴイル(パッサーシュバイ)ですけど、最初このホールに来たとき、彫像でしたよね」
「あぁ、そうだったな」
「さっき、ヒロ様達がやっつけましたよね」
「うん」
「あれを見てください」

 リムがホール中央を指さす。ソラリスの剣とエルテの風魔法で斃されたガーゴイル(パッサーシュバイ)の哀れな躯がバラバラになって転がっている。その姿は滑石のように黒光りしていた。肉であったものが岩へと変化していた。

「もし、ヒロ様の前に此処に来て、宝箱を開けた人がいたとしても、ガーゴイル(パッサーシュバイ)は黙って通したんでしょうか。その人がガーゴイル(パッサーシュバイ)を倒していたんだとしたら、死骸も残ってないのは変です。たとえ死骸が残らなかったとしても、ガーゴイル(パッサーシュバイ)の彫像が乗っていた台座は空になっていた筈です。それともあの彫像は自然にわいてくるのでしょうか」

 リムはその黄金の眼でヒロに訴えた。見た目からは想像も出来ない程の鋭い洞察だった。いや、見た目で判断してはいけない。彼女(リム)は人間ではなく精霊だ。人間の常識で考えてはいけないと思いつつも、容姿と話す内容とのギャップにヒロはたじろいだ。

「ハハハハハ。無限に涌いてくるモンスターってか。そりゃいいや」

 ミカキーノが手を額に当てて嗤う。そんなことあり得ないという顔だ。

「ミカキーノさん。フォーの迷宮(ここ)は、何千年の昔からあると言われている所です。僕達の知らない謎が隠されていたっておかしくない」

 ロンボクはそういってから、ヒロに目を合わせた。

「ヒロさん、でも死骸も何も残っていないというのは流石に不自然です。仮にガーゴイル(パッサーシュバイ)がバラバラの石に戻ったとしても、見た限りでは黒い石になっている筈です。このホールには、壁や天井から崩れたと思われる石もありますけど、色は白です。変ですね」

確かにリムのいう通り不自然だ。 モンスター達を跡形も残さず排除できる冒険者でもいるというのか。それでも、台座にガーゴイル(パッサーシュバイ)が居た事の説明は出来ない。

 ヒロは宝箱を探った。指先に凸凹を感じた。よく見ると箱の底に何か刻まれている。丁寧に金貨を脇に寄せて、手で埃を払う。刻まれた模様は規則正しく縦横に並んでいる。文字のようだ。

「リム。ちょっと来てくれ。文字が刻まれているみたいだ」
「あ、はい」

 ヒロがリムを呼び寄せ、宝箱の底の文字を見せる。劣化していて読みにくかったが、リムは明かり代わりの精霊の光珠を手元に引き寄せ、慎重に目を通す。文字は箱の底面に細かい字でびっしりと彫られていた。大分経ってから、リムの顔色が変わった。

「ヒロ様。これは……」
「待て!」

 リムが何かを話そうとするのをソラリスが制した。人差し指を唇に当てて、静かにするよう促す。一体何が。ヒロも耳を澄ませてみたが何も聞こえない。

「そういうことか……」

 ミカキーノがホールの入り口に向かって剣を抜いたが、途中で折れた刀身を見て、ちっと舌打ちをする。そのミカキーノに、ソラリスが腰の短剣を鞘ごと抜いてミカキーノに渡した。

「ミカキーノ。こいつを貸してやる。間合いは近くなるけど、そんな安物よりは役に立つ筈さ」
「へっ、借りといてやる。だが首は俺が貰うぜ」
「勝手にしろ」

 ソラリスがミカキーノに軽口を叩いている脇で、エルテとロンボクも身構えていた。ソラリスも腰を落としてカラスマルを構える。

「ヒロ、さっきの謎の答えだ。向こうからやってきたようだぜ」

 ――ガシャリ、ガシャリ。

 鉄靴が石床を叩く音が微かにヒロの耳に届いた。

「鎧の音ですわ。他にも冒険者が……」
「いや。僕達の他にはフォーの迷宮(ここ)に来るパーティはいない筈です」

 エルテの仮定をロンボクが否定する。じゃあ、と言い掛けてヒロは次の言葉の飲み込んだ。冒険者でなければ、モンスターしかいない。

 と、ヒロの頭にある仮説が浮かんだ。

 あのガーゴイル(パッサーシュバイ)死霊(アンデッド)が対人間専用で、モンスターに反応しないのだとしたら……。そして、そのモンスターに知性があり、宝箱を漁ったのだとしたら……。

 果たして、モンスターに宝箱を開けるスキルがあるかどうかは分からない。だが、それが一番答えに近いように思われた。ソラリスが謎の答えがやってきた、といったのも、きっと同じ様に考えたからに違いない。

 ――ガシャリ。

 一際大きな音を残して、静かになった。ヒロが目を凝らす。人型の怪物が一体、ホールの入り口に立っていた。

「お前に会う日を待ちわびていたぜ。小悪鬼騎士(ゴブリンロード)!」

 ミカキーノが、漆黒の怪物に向かって叫んだ。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ