挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

182/200

21-182.まだ手はある

 
「エルテ、まだ手はある」
「え?」
「俺の体内マナ(オド)を使えばいい。青の珠(ドゥーム)を使えばマナを集められるのだろう。それで神官魔法を発動するんだ」

 エルテは、そんな事あり得ないと首を振る。

「浄化魔法を発動させる程のマナを体内マナ(オド)で賄うなんて、そんな事をしたら命に危険が……」
「死なない程度に使ってくれればいい。それで発動できなければ尻尾を巻いて逃げるさ。でも、逃げるにしても、ソラリス達を置いていく訳にはいかない。最低でも足止めをしないとな」

 ヒロにはこの世界の基準を遥かに超える体内マナ(オド)を持っている。それはエルテも認めている。迷宮内でも魔法発動できる体内マナ(オド)を持つ人物として探し当てたのがヒロなのだ。事実、ヒロはフォーの迷宮に入ってから、自分の体内マナ(オド)を使って魔法発動していた。ヒロは、炎魔法とバリアを張る以外の魔法が使えないだけなのだ。

 ならば、自身の体内マナ(オド)の一部をエルテに譲渡して、彼女に神官魔法を発動して貰えばいい。ヒロは合理的な選択だと考えていた。

「でも……」

 ヒロの言葉にエルテは目を伏せた。

「マナが足りなくて、浄化魔法の発動が難しいようなら、さっきみたいに別の魔法に切り替えるのでも構わない。浄化できなくても、時間稼ぎの魔法くらいはあるんだろう?」
「……えぇ、不可視(インビジブル)の魔法を使えば……」

 しかし、エルテはそう答えたまま動かなった。何かを考えているようだ。

「迷っている暇はない。エルテ!」

 決然としたヒロの声に、エルテは一瞬びくりとしたが、顔を上げブルーの瞳でヒロを見つめた。

「分かりました。だけどヒロさん、条件があります。体内マナ(オド)を抜き取る量も、発動する魔法も私が判断します。それを約束してください」
「十分だ。それで頼む」

 ヒロの承諾を得たエルテは懐からアクアマリン色の水晶玉を取り出した。体内マナ(オド)を測ることの出来るアイテムだ。

「こちらに手を……」

 ヒロは、エルテの指示に従って水晶玉に手を乗せた。途端に水晶玉が真紅の光を放つ。

「天々駆ける、天の御使い、リーとセレスの名において命ず……」

 エルテが詠唱を始める。エルテの目の前に空気が渦を巻き、やがて小さな青い光が生まれた。

青い珠(ドゥーム)!」

 ヒロの胸元に青い光球が浮かんでいた。その珠はヒロの体内マナ(オド)を吸い込みどんどん大きくなる。それに反比例して、ヒロが触れている水晶玉が放つルビーの光は小さくなっていく。

 水晶玉の輝きが殆ど失せた頃、青い珠は人ひとりを優に包み込むくらいの大きさになった。エルテは水晶玉の光が無くなったのを見届けると、パチンと指を鳴らして、青い珠(ドゥーム)を解除する。

「大地母神リーファの慈悲と天空神エルフィルの御光よ、此処に臨まん。大いなる神の力を地に示し、迷える魂に救いを与えたまえ。全てを清め、天に導く白き路を示した給へ……」

 エルテが目を閉じ、浄化魔法の詠唱を始める。彼女の体が白く輝き出す。

「あらゆる命の源。根源の光。全ての全て……」

 エルテが両手を死霊(アンデッド)に向けると、神官魔法を発動する。

聖なる光セイクリッド・リュース!」

 エルテの手の平から、白い光が流れだした。光は螺旋を描きながら拡散し、祭壇のあるホール全体を包み込む。あらゆる邪悪を押し流す光の洪水は、死霊(アンデッド)を飲み込んだ。眩い光はやがて柱となって立ち登っていく。あたかも間欠泉が湯を吹き上げるように死霊(アンデッド)達の魂を天に送り届けた。

「ヒロさん、うまくいきましたわ」

 エルテが横を見やると、ヒロが片膝をついていた。肩で息をしている。

「ヒロさん!」

 エルテがしゃがみ込んで介抱しようとした手をヒロはそっと払った。

「やったか、エルテ。大丈夫、生きてるよ。ちょっと力が抜けただけだ。少し休めば動ける。それよりソラリス達を……」
「ヒロ。あたいは平気さ」 

 いつの間にかソラリスが傍に立っていた。カラスマルを杖のように床に突き立ててはいたが、さっきまでの苦しそうな表情は消えていた。

「大丈夫なのか。ソラリス」
「何とかね。でも、ミスリルチェインメイルが無かったらヤバかったよ」

 ソラリスは服の脇腹をたくしあげて見せる。白銀のリングは、所々千切れ、いくつかが欠損していた。

「また、カダッタを儲けさせちまうな」

 ソラリスは軽口を叩きながらも、その視線はロンボクとミカキーノに向けられていた。彼女(ソラリス)なりに心配なのだろう。

 ヒロがリムに二人の様子を尋ねる前に、リムから返事があった。

「ヒロ様。お二人とも大丈夫です。気絶しているだけです」

 ヒロとソラリス、エルテが二人の所に行った時には、ロンボクは意識を回復していた。

「モンスターは?」
「全て撃退した。もう心配ない」
「そうですか。救援隊が救援されていては世話ないですね。情けない話です」
「いや、ロンボク、君の幻影魔法でガーゴイル(パッサーシュバイ)を牽制してくれたからだよ。それにしても、マナが少ない迷宮なのによく発動できたな」
「それは、杖の……」

 そう言って、ロンボクが何かを探すように辺りに視線をやったが、リムが床に落ちていた杖を拾って差し出した。

「これですか?」
「ありがとう。これはロッケン(ロキ)から借りた魔法の杖でしてね。極少量のマナでも魔法発動ができる魔法具(マジックアイテム)です。といっても、幻影や不可視(インビジブル)といったあまりマナを使わない魔法にしか使いませんけどね」

 ロンボクは、ヒロに支えられながらゆっくりと上半身を起こした。立ち上がろうとするが、エルテにまだ無理しないでと止められる。ミカキーノを心配したロンボクだが、ヒロに大丈夫だと告げられ目線を向ける。

 ミカキーノは起きあがって胡座を掻き、頭を振っていた。ソラリスがその顔を覗き込むと、ばつが悪そうに目を逸らしたが、ソラリスが差し出した手を取って立ち上がる。頑丈な男だ。ミカキーノは自分の剣を探して拾い上げたが、ポキリと折れた刀身をしげしげと眺める。ミカキーノは、安物はこれだからなと一言吐き捨てると、腰の鞘に納めた。

 ヒロはその場で少し休憩を取ろうといった。特に外傷はないとはいえ、体内マナ(オド)を抜かれたのだ。正直ぐったりとしていた。その場で車座になって座る。

 リムはパーティメンバ一人一人に回復魔法を掛け始めた。エルテは他の方に、と断ったのだが、リムは首を振ってエルテにも回復魔法を掛ける。それにしても、此処はマナを集め難い迷宮の中だ。それも大魔法を発動した後で殆ど空になったこのホールで、リムはどうして魔法発動できるのだろう。それとも精霊魔法は、マナを必要としないのだろうか。

 ヒロはそんな事をぼんやりと考えていたが、それ以上考えるのを止めた。今は回復を第一に考えるべきだ。まだこの迷宮を出た訳ではないのだ。

 ヒロ達は、水筒に残った清冽水(マルマ)を分け合った。一口ずつではあったが、冷たい水が喉を通り、皆の活力を少し蘇らせた。

 ――よし、これなら動ける。

 そう思ったヒロに手が差し伸べられた。見上げるとソラリスが片目を瞑ってニヤリとしていた。

「ヒロ、そろそろお宝を拝みに行こうぜ」
「そうだな」

 ヒロ達は立ち上がり、宝箱のある奥の部屋に向かった。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ