挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

181/191

21-181.炎と風

 
 こうなったら、もっと大火力の魔法を使うしかない。ガーゴイル(奴ら)に効くかどうか分からないが、もう他に手はない。それでも、どれほど大火力の炎魔法を使ったとしても、七体を同時に相手にすることは不可能に思えた。かといって、ホール全体を包む炎魔法を発動させたら、ソラリス達を巻き込んでしまう。

炎線斬(フレイム・アッシュ)

 ヒロの両の指先から炎の剣が伸びた。ロングソードよりも更に長い。モルディアス程とはいかないが、差し渡し三メートルくらいはある。ヒロは炎の剣を二刀流に構えた。

 七体のガーゴイル(パッサーシュバイ)のうち、先頭の一体がヒロに突進した。まるでスペインの闘牛のようだ。ガーゴイル(パッサーシュバイ)の足の鉤爪が、大理石の床を削る。ヒロは、ガーゴイル(パッサーシュバイ)の突撃を右に躱すと同時にその胴を横薙ぎに払った。

 ――ドフッ。

 ヒロの炎の剣がガーゴイル(パッサーシュバイ)を斬る。だが、その一撃は、ガーゴイル(パッサーシュバイ)の皮膚を焦がしただけで、肉を斬ることも骨を断つことも出来なかった。

 炎線斬(フレイム・アッシュ)は、元をただせば、炎粒(フレイ・ウム)の応用技だ。モルディアスはそう言っていた。同じマナから錬成した炎魔法。使うマナに大きな差があるわけでもない。炎粒(フレイ・ウム)が通じない相手に、炎線斬(フレイム・アッシュ)が通じる可能性は最初からなかったのだ。それに気づいたヒロはしまったと思ったが後の祭りだ。

 ヒロの炎線斬(フレイム・アッシュ)()()()()ガーゴイル(パッサーシュバイ)は、一旦立ち止まり、自分の少し焦げた腹を視た。そして何ともないことを確認すると、再びヒロに襲いかかった。

 ――駄目か。

 ヒロが観念しかけたその時。

風迅旋(エアリアルサッド)!」

 ガーゴイル(パッサーシュバイ)達の頭上が揺らめいたかと思うと無数の刃が現れた。刃といっても、半透明の空気の煌めきだ。()()()は、そのままギロチンの様に垂直落下し、正確にガーゴイル(パッサーシュバイ)を斬り裂いた。一体のガーゴイル(パッサーシュバイ)は首を落とされ、別の一体は胴と体に分断された。更に別の一体は頭から真っ二つになった。手足を失いながらも辛うじて息を残していたガーゴイル(パッサーシュバイ)さえも雨霰と容赦なく降り注ぐ、鋭い空気の刃に切り刻まれた。ほんの一息の間に、七体のガーゴイル(パッサーシュバイ)は、肉の固まりと化した。超強力な風魔法だ。誰がそれを放ったのか確認するまでもなかった。

「エルテ!」

 ヒロが振り返ると、エルテが両腕を交差させた構えを取っていた。ヒロ達の無事を確認すると、ほっとした表情を見せ、リムを連れだって、こちらに駆け寄ってくる。

「さっきの魔法は君が?」
「申し訳ありません。対死霊(アンデッド)の神官魔法は使いませんでした。ヒロさん達が危ないと思って……」

 エルテは独断で神官魔法を使うのを止め、風魔法に切り替えてガーゴイル(パッサーシュバイ)を攻撃したのだ。もし、ここがマナを集め易い屋外であれば、迷うことなく神官魔法を発動していただろう。しかし、その僅かな間にやられていたかもしれない危険を考えると、風魔法に切り替えたのは結果として正解だった。迷宮内でマナを集めるのに時間が掛かるという欠点が逆に幸いしたといえるかもしれない。

「ありがとう助かったよ」

 ヒロが礼をいう間にリムがソラリスの元に駆け寄る。リムはソラリスの脇腹に手を当て何かの呪文を唱えようとしたのだが、ソラリスは顎でロンボクとミカキーノを指した。先にあちらの手当をしろということだろう。リムは小さく頷くと、ロンボクとミカキーノの所に向かった。

 エルテはヒロの脇までくると、くるりと宝箱のある祭壇に顔を向けた。五体の死霊(アンデッド)の内、三体がゆっくりと近づいてくる。リムが施した霧のバリアももう殆ど尽きかけていた。

 だが、祭壇の部屋の外に出たヒロ達との間にはまだ五十歩以上の距離があった。

 死霊(アンデッド)の移動スピードがあの程度であれば、距離を取るのは難しくない。エルテに神官魔法を発動させる時間は十分取れる。ソラリスとロンボク、ミカキーノが動けるようになるまでは、死霊(やつら)の注意をこちらに引きつけておけばいい。

 ヒロは、自分を囮にして死霊(アンデッド)を引き寄せている隙に、誰かが宝箱を開けてしまうことはできないかという考えが頭を()ぎる。だがすぐに諦めた。死霊(アンデッド)のニ体は宝箱を守るかのように、その場から動かない。宝箱を開けている間にやられてしまう危険がある。やはり神官魔法で浄化、消滅させるしかない。

 ――だが。

 ヒロには気掛かりな点があった。それをエルテに確認する前に、エルテがそれが事実だと告げた。

「ヒロさん、今の魔法でマナを使い果たしてしまいました。このホールには殆どマナがありません。死霊(アンデッド)を撃退する神官魔法はもう……」

 エルテは右の耳朶にそっと手をやり、申し訳なさそうな表情(かお)を見せた。しかし、もしもエルテが風魔法でガーゴイル(パッサーシュバイ)を攻撃していなければ、ガーゴイル(パッサーシュバイ)の鉤爪でバラバラにされていたのは自分達だったのだ。

 エルテの判断は間違っていない。

 遠くでリムが、ロンボクを介抱する声を背に受けながら、ヒロは、まだ望みはあるとエルテに伝えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ