挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

179/200

21-179.祭壇

 
 そこは、円形の空間だった。先程まで通ってきたホール程大きくはない。半分程だ。天井はドームのような半球になっている。中央に大理石の階段が五段程ピラミッド上に積み上げられている。どうやら祭壇のようだ。

 祭壇の上には宝箱。両手で持てるくらいの大きさだ。宝箱(それ)を取り囲むように、五つの燭台が星形に配置されていた。燭台の青い炎は煌々と室内を照らしている。

「あれか!」

 ヒロが思わず半歩踏み出したその時、宝箱を護る青い炎が急激に燃え上がったかと思うと、人の形となり、ヒロ達の前に立ちはだかった。

死霊(アンデッド)!」

 エルテが叫ぶ。アンデッドとは幽霊とかゾンビの類のモンスターだ。ゲームではお馴染みだが、ここで出喰わすとは思わなかった。

 燭台の炎から生まれた死霊(アンデッド)は全部で五体。炎は青かった筈なのに、こいつらは黄色のオーラを身に纏っている。落ち窪んだ眼窩に目玉はなく、代わりに赤い光が妖しく光る。全身はローブのようなもので包まれてはいたが、腰紐が異常に絞られ(くびれ)れている。両手で掴めば指が届いてしまう程だ。明らかに生者ではない。気味が悪い。

「ヒロさん、気をつけてください。死霊(アンデッド)に触れると、マナ吸引(エナジードレイン)されます!」
「対抗策はあるのか?」

 ヒロはエルテの説明に振り向きもせず問うた。

「神官の浄化魔法なら。でもマナを集めないと……」
「一旦、外に出よう。体勢を立て直すんだ」

 エルテの答えにヒロは一度退いた方がよいと判断した。エルテといえどもフォーの迷宮内で魔法を発動させるにはそれなりに時間が掛かる。扉の外に出て、そこでマナを集めてから再び入り直せばいい。死霊(アンデッド)が扉を越えて襲ってくる可能性もなくもないが、それなら扉を開ける前から襲われていてもおかしくない。それは都合の良い憶測に過ぎなかったが、それでも此処にいるよりはマシな筈だ。

 だが、そんなヒロの計算は即座に否定された。

「そう出来れば良かったかもしれねぇけどよ。こっちもお客さんだ」

 ソラリスが緊張した声を出した。ヒロが振り向くと、頭に角を生やし、背に翼を背負った漆黒の怪物がゆっくりとこちらに顔を向ける。

 ――ガーゴイル(パッサーシュバイ)!?

 此処に来る通路に飾られていた彫像が動き出していた。台座を降りてくるガーゴイル(パッサーシュバイ)が遠くに見えた。彫像だと思っていたが、どうもそうではないらしい。あるいはお宝を荒らすものを駆逐するために置かれていたのかもしれない。ガーゴイル(パッサーシュバイ)は十を数えた。

「十匹か。仕事熱心なのも考えものだな。()()さん」

 ヒロは冗談を言った。こんな状況下でなぜそんな台詞が口をついいて出たのか分からなかった。だが直ぐにリムに向き直る。

「リム。確か君も浄化魔法を使えたな。あの死霊(アンデッド)に使えないか」

 ヒロは、前に承認クエストで小悪鬼(ゴブリン)を火葬した後、リムが浄化魔法を使ったことを思い出した。小悪鬼(ゴブリン)の骨を一瞬で灰にしたリムの魔法であれば、死霊(アンデッド)にも効くのではないか。ヒロはそれを期待した。

 だが、その思いに反してリムは首を振った。

「あれは肉や骨を浄化する魔法です。死霊となったこの者達には効かないです」
「……そうか」
「ヒロ、死霊(アンデッド)に剣は効かない。ガーゴイル(あっち)はあたいらが食い止める。その間に、死霊(アンデッド)をなんとかしてくれ」

 ソラリスが腰元の水筒を外してヒロに渡す。

「マルマを使いな。気休め程度だけど、聖水効果があるよ」

 ソラリスはそれだけ言うと踵を返して、扉を出た位置に陣取ると、カラスマルを正眼に構える。後に続いたミカキーノは下段の構えを取った。ロンボクは数歩後ろに下がる。

「ヒロさん、僕は神官魔法が使えません。エルテさんは神官魔法を使えないのですか? 伊達に神官の格好をしている訳ではないのでしょう?」

 ロンボクは首をこちらに捻って尋ねる。勘がいい。ヒロは頷いて、神官魔法の発動をエルテに促す。

「少し時間を下さい」
「頼みましたよ」

 エルテが詠唱を始めるのを見届けたロンボクは満足気に微笑むと、ガーゴイル(パッサーシュバイ)に向き直り、高く杖をかざした。


幻影(エフォート)!」

 ロンボクの杖の先端が紫色に光り、光球が四方に飛び散ったかと思うと、黒曜犬へと姿を変えた。ロンボクが杖を振ると一斉にガーゴイル(パッサーシュバイ)に襲いかかる。

 ガーゴイル(パッサーシュバイ)は一瞬、ぎょっとした様子を見せたが、直ぐに反撃する。ガーゴイル(パッサーシュバイ)の鋭い鍵爪が、黒曜犬を切り裂く。だが、次の瞬間、黒曜犬は雲のように消え失せ、別の場所に像を結んだ。

「幻の像で誤魔化しているだけです。長くは保ちませんよ」

 ヒロは、分かったとだけロンボクに答えた。ロンボクは禄に詠唱もせずに魔法を発動した。マナを集めるのに時間を必要とするエルテの魔法とは何か違うのだろうか。いずれにせよ、ロンボクも相当な魔法の使い手であることは間違いないとヒロは思った。

 このときロンボクは、ロッケンから借りた魔法の杖(マジックアイテム)の力を使い、殆どマナを消費しない幻影魔法を発動させたに過ぎなかった。もちろんヒロはそんな事は知らない。

死霊(アンデッド)が、ゆっくりと祭壇から降りてくる。ヒロは水筒を構え、死霊(アンデッド)めがけて、中の(マルマ)を浴びせかけた。

 ――ジュッ。

 灼熱の鉄板に落とした水滴が一瞬で蒸発するかのような音が鳴った。死霊(アンデッド)の姿がぐにゃりと歪み、動きが止まる。マルマの水滴が、死霊(アンデッド)の体に孔を穿っていた。

(これが聖水効果か!)

 ヒロは心の中で呟いた。映画か何かでは聖水で死霊を撃退するシーンが描かれることがままあるものだが、現実に目の当たりにすると、やはり驚いてしまう。

 だが、しばらくすると、その穿った孔は自然と塞がり、死霊(アンデッド)が再び動き出す。少しの足止めにはなるかもしれないが、それ以上ではない。撃退には遠く及ばない。

 ――やはり、退くしかないな。

 水筒の水(マルマ)とて限りがある。たとえ全部使ったとしても、稼げる時間はそう多くない。無論、帰りの行程だって水なしでは何日ももたない。

 ヒロはじりじりと後退しつつ、後ろでのエルテを見やる。エルテは詠唱を続けている。まだか。ヒロは次いで、ソラリス達の様子を窺った。

 ソラリスはガーゴイル(パッサーシュバイ)達に斬り込んでいた。幻の黒曜犬に気を取られたガーゴイル(パッサーシュバイ)を背後から斬りつける。しかし、巨人族のソラリスよりもずっと大きいモンスターが相手では、流石の彼女の剣(カラスマル)でも一撃でしとめられない。ソラリスは接近して斬りつけては、退いて距離を取る事を繰り返した。鋭い鍵爪を巧みに躱し、斬撃を加える。ガーゴイル(パッサーシュバイ)は、鎧や衣服の類は一切身につけていなかったが、その鈍く光る黒い皮膚は相当固いらしく、動かなくさせるためには、数度の斬撃を必要とした。ロンボクの幻影魔法で注意を逸らしてくれなければ、ソラリスといえどやられてしまっていただろう。

 ミカキーノはロンボクの正面に立ち、ロンボクのガード役を勤めていた。いつものミカキーノであれば、ソラリスと一緒に、ガーゴイル(パッサーシュバイ)の中に飛び込んで、大立ち回りをしたに違いない。だが、今のミカキーノにその力はなかった。多少回復したとはいえ、黒衣の不可触ブラックアンタッチャブルとの闘いでミカキーノは、大きなダメージを負っていた。本来であれば、フォーの迷宮(こんなところ)に踏み込むこと自体、ありえない。

 (ミカキーノ)のトレードマークでもあったミスリルの大剣も、もう振り回すことはできない。今、彼が手にしているのは、軽量のショートソードだ。小悪鬼(ゴブリン)相手に通用しても、人の倍以上の体躯を誇るガーゴイル(パッサーシュバイ)相手には、かすり傷を負わせるのが精一杯だ。

 ミカキーノは、至近距離に来たガーゴイル(パッサーシュバイ)を牽制するのに徹していた。ソラリスが奮戦してくれているお陰で、ミカキーノに向かってくるガーゴイル(パッサーシュバイ)は、殆どいなかったが、ソラリスでさえあれほど苦戦するモンスター相手に手負いのミカキーノが何処まで応戦できるか分からない。

 ――まずいな。

 ヒロはマルマの入った水筒をリムに託すと、ソラリス達の加勢に入った。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ