挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

175/200

20-175.助っ人

 
 小悪鬼(ゴブリン)達が距離を詰め、三列目が矢を放たんとしたその時。

 ――ブシャ。

 何かが寸断される音がした。小悪鬼(ゴブリン)達の最後列あたりで緑の血飛沫が舞う。小悪鬼(ゴブリン)の隊列が乱れ、キキッと鳴き声が上がる。

(今だ!)

 ヒロは、ソラリスに一瞬だけ目線をやると、バリアを解除した。同時に発動させていた炎粒(フレイ・ウム)小悪鬼(ゴブリン)めがけて投げつける。その名の通り、片手で覆い隠せるほどの小さな炎だ。

 ヒロは炎粒(フレイ・ウム)を複数同時に発動させることは出来なかったが、連続で発動させては次々と発射することでそれを補った。これだけの数だ。きちんと狙いをつける必要もない。いくつかは外れるものもあったが、半数以上は小悪鬼(ゴブリン)に命中する。

 ヒロの炎粒(フレイ・ウム)小悪鬼(ゴブリン)の盾を貫き、その身を焦がしていく。キキキィと耳をつんざく小悪鬼(ゴブリン)の声がホールに響きわたる。

 混乱と恐慌が小悪鬼(ゴブリン)達に襲いかかっていた。小悪鬼(ゴブリン)達は、隊列など忘れたかのようにバラバラになった。逃げる者もいれば、狂気に満ちた風貌(かお)で剣を振りかざす者もいた。

 ヒロ達に向かってきた小悪鬼(ゴブリン)もいたが、もはや統制も何もない。彼らはひとつずつ、ソラリスの剣の錆となっていく。

(このまま押し切れるか)

 ヒロがそう思った時、恐怖に駆られた小悪鬼(ゴブリン)が手当たり次第に矢を放ってきた。狙いも禄につけていないが、狙って避けられる数ではない。そのいくつかは確実にヒロ達に(あた)る。だが炎魔法で攻撃中のヒロにバリアを張る時間は残されていなかった。

リーの平安(パックス・リー)

 ヒロの背後からエルテの透き通った声が響いた。彼女(エルテ)はその手をタクトの様に振った。と、その白い指先から風の弾丸が飛び出し、小悪鬼(ゴブリン)の矢を迎撃する。一呼吸、二呼吸の間に小悪鬼(ゴブリン)の矢は全て打ち落とされた。

炎線斬(フレイム・アッシュ)!」

 ピンチを凌いだヒロは炎粒(フレイ・ウム)による攻撃を止め、炎線斬(フレイム・アッシュ)を発動させた。乱戦に成りつつあるこの状況で、炎粒(フレイ・ウム)による遠隔攻撃は同士討ちになる恐れがある。それに小悪鬼(ゴブリン)達の背後で突如起こった混乱の正体も見極める必要があった。ならば、攻撃先をある程度コントロールできる炎線斬(フレイム・アッシュ)の方が適している。

 ヒロの指先から炎のブレードが伸び、小悪鬼(ゴブリン)達を襲う。その炎は小悪鬼(ゴブリン)の盾を両断し、幾体かの小悪鬼(ゴブリン)の手足を貫いた。

 小悪鬼(ゴブリン)は、まるでこの世の終わりかのような声を上げ、ヒロが放つ炎の刃を避けようと逃げまどう。

 「ソラリス!」

 ヒロの言葉を待つまでもなく、ソラリスはダッシュしていた。赤毛の剣士(ソラリス)はヒロの意図を瞬時に理解した。ヒロの炎線斬(フレイム・アッシュ)から逃げる小悪鬼(ゴブリン)を一匹ずつ始末する。ヒロの炎魔法に恐れおののく小悪鬼(ゴブリン)には、ソラリスの剣など目に入らない。易々とカラスマルの餌食となった。

 ヒロが最後に残った小悪鬼(ゴブリン)炎線斬(フレイム・アッシュ)で両断すると、その先に二つの人影があった。

「ロンボク!」
「ミカキーノ!」

 ヒロとソラリスがほぼ同時に声をあげた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ