挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

172/200

19-172.お客さんが来たようだぜ

 
 ――フォーの迷宮入口。

 茂みに隠れて、傀儡を使っての遠隔視をしていたベスラーリがちっと舌打ちする。

「どうした?」
「終わりだ」
「なに?」

 ベスラーリはバレルの問いに平然と答える。

例の冒険者(やっこさん)の炎魔法で、仲間(ゴブリン)二匹がローストだ。残り二匹は赤髪(ソラリス)()()にされちまった。パーティ用の料理にしては雑な仕上がりだがな。逃げられたのは、俺の人形(くぐつ)だけだ」
「何をもたもたしている。奴らを追え」
「無理だな。恐怖でパニックになってる。もうコントロール出来ないな」

 ベスラーリはバレルの要請を拒否した。傀儡にしていた小悪鬼(ゴブリン)はもう使い物にならない。傀儡使いとはいえ、彼のスキルは何時如何なる時でも発揮できる訳ではない。相手が強い感情を持った場合は効き目が弱くなる。特に精神恐慌(パニック)に陥った時はどうにもならない。最初から強度の精神支配を掛けておけば、ある程度パニックも抑えられるのだが、それをやると今度は動きが人に近づいてしまい、モンスターとしては不自然になってしまう。強度の精神支配を避けるが故のリスクだ。

「もう一度コントロール出来るようにはならないのか?」
「さぁな。女神リーファに祈りでも捧げるんだな」
「別の傀儡を探して監視を続けろ」
「はっ、御免だね。俺はラスターさんに視てやるとは言ったが、何時までも視ると言った覚えはないね。傀儡(こいつ)は疲れるんだ。一日一回が限度だ」
「貴様は、今の傀儡を再び操れるようになる迄、待つしかないというんだな」
「さてね。そんな時が来ればな。だが、バレルのおっさんよ。その前にお客さんが来たようだぜ」

 ベスラーリは顎を上げ、茂みの外を指した。バレルがそちらを見やると二つの影がフォーの迷宮に入っていくのが見えた。

「誰だ?」

 バレルが呟く。遠目ではっきりとは分からなかったが、ローブと皮鎧らしき後姿だった。冒険者で間違いないだろう。だが、昔ならいざ知らず、今や、フォーの迷宮を訪れる冒険者など皆無だ。このタイミングで別の冒険者などと……。

「大方、収穫祭でもやるんだろうぜ。貢ぎ物を持ってきたのか、此処で狩るのか知らねぇがな。女神リーファは今頃、葡萄酒片手に貢ぎ物のリスト作りに精を出しているだろうぜ」
「冗談はそこまでにしておけ。お前の傀儡(くぐつ)はまだコントロールできないのか?」
「あぁ? 何を言ってる。もう終わりだと言った筈だ。耳糞が詰まって聞こえねぇってんなら、こいつで右の耳と左の耳の穴を繋いでやってもいいんだぜ」

 ベスラーリはマントの下から手をだした。右腕に装着した短弩(クロス・ボウ)の先端をバレルの左耳にあてがう。矢がセットされていなかったからなのか、バレルは平然と答える。

「貴様が此処で降りたら、ラスター様が……」

 バレルの言葉が最後まで行き着く前に、ベスラーリは短弩(クロス・ボウ)を下げ、フォーの迷宮に視線を送る。

「どうした?」

 そう言い掛けたバレルをベスラーリが手で制した。目を閉じて集中する。まだ傀儡(くぐつ)との五感共有を切っていなかったのが幸いしたようだ。

 ベスラーリの瞼の裏に、数十匹を越える小悪鬼(ゴブリン)達が映っていた。傀儡(くぐつ)は仲間と会ったことで、落ち着きを取り戻したようだ。キィキィとした鳴き声がいくつも聞こえる。ベスラーリの唇が何かを復唱するかのように微かに震える。小悪鬼(ゴブリン)語は分からないが、何かを相談している事だけはベスラーリにも分かった。

 仲間の小悪鬼(ゴブリン)が何匹か通路の奥に消え、ベスラーリの視界がくるりと百八十度反転した。さっきまで逃げてきた路を戻り始める。

「バレルのおっさんよ。あんたはツイてるぜ。リーファの御加護があったようだ。たっぷり寄進しねぇとな」
傀儡(くぐつ)か?」
傀儡(にんぎょう)が仲間に会った。道案内を始めたようだな。収穫祭は延長になった。続きを見るか?」

 ベスラーリはにやりと笑う。傀儡(にんぎょう)のコントロールを取り戻したことにほっとしたのか、その声には張りがあった。

「当たり前だ。キヒヒヒヒ」

 バレルは薄気味悪い歓喜の声をあげた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ