挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

163/200

19-163.大陸にはこの程度の迷宮はザラさ

 
 ソラリスが腰にぶら下げた皮の水筒を取り出して一口含むと、ヒロに渡す。カダッタの所で仕入れた腐らない水『マルマ』だ。ヒロもごくりと飲む。清冽な冷たさが喉を潤す。何も入っていない純粋な水だ。

 ヒロは水筒を隣のリムに渡すと、ふぅと一息つく。そしてエルテに地図を見せてくれと言って手を伸ばした。

「意外と広いな。ここまでと思わなかったよ」
「そうでもないさ。大陸にはこの程度の迷宮はザラさ」
「モンスターの住処という割には、まだ出喰わしていないな」
「第一階層はね。冒険者が散々狩って回ったから、モンスター(奴ら)も出てこなくなっちまってるのさ」

 ヒロはエルテから渡された地図に目を落とす。暗くて見辛い。それを察したリムが人差し指をちょいと動かす。リムの魔法の光球がヒロの頭上に移動して地図を照らしてくれた。

「……下に降りるには、階段か何かあるのか?」
「そうさ。あたいは第二階層までしか行ったことないけどね」

 ソラリスが宙を見つめたまま答える。何かを思い出しているようだ。

「階段は、奥へ続く通路を真っ直ぐいって突き当たりを右にいけばあるよ。あたいの記憶に間違いなければね。今の所、此処に来るまでの道のりはあたいの記憶どおりだったし、地図も合ってるよ」

「そこを降りたら第二階層か……モンスターはそこから出てくるんだな。強いのか?」

 ヒロが手元の地図で、ソラリスが言った通りの道を指でなぞる。奥の通路の突き当たり右に斜線が三本書かれ、その上に矢印がある。多分これが階段の印なのだろう。

「昔来たときは小悪鬼(ゴブリン)に黒曜犬、コボルドといった奴らばかりだったな。仲間の冒険者の中には邪鬼(オーガ)に遭ったと言ってたのもいたが、今は分かんねぇな」
「そうか」
「奴ら程度なら、群れでこない限り大したことはないよ。邪鬼(オーガ)はちょっと厄介だがな」

 ソラリスは鼓舞するかのように言った。ヒロには、それが自分に向けられたものなのか、彼女自身に向けられたものなのか分からなかった。厄介だという邪鬼(オーガ)がどういうモンスターなのか聞こうかと思ったが、ヒロにはもう一つ気になることがあった。早いうちに確かめておきたい。ヒロは隣に座っているエルテに声を掛けた。

「エルテ。君が付けている額のサークレットだけど、術者がマナを吸い取られないための魔法具(マジックアイテム)と言っていたね。それは、この迷宮のマナ吸引(エナジードレイン)も防いでくれるのか?」

 エルテが操るマナを吸い取る魔法「青い珠(ドゥーム)」はその性質上、術者自身がマナを吸い取られないよう保護しなければならない。エルテが額に付けている白いサークレットは、「青い珠(ドゥーム)」によってマナを吸い取られる事を防ぐ魔法具(マジック・アイテム)なのだ。

「私もそれを期待していたのですけれど、まだ分かりません。元々、フォーの迷宮内マナ吸引(エナジードレイン)は、ゆっくりなものとされていますから。先程の魔法の炎に近づけば分かるかもしれませんけれど……」

 エルテの返答にヒロは(かぶり)を振った。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ