挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

162/200

19-162.魔法が駄目でも剣は関係ない筈だ

 
「ヒロさん……」

 エルテだけでなく、ソラリスとリムもヒロを見つめていた。彼女達の言いたいことは分かっているとばかりヒロは説明した。

「あの炎のマナ吸引力と範囲を確認したんだ。手が届く距離で、俺の魔法の盾は壊れ始め、エルテの青い珠(ドゥーム)は変形した。つまり、それくらい近づくと、一気にマナが吸い取られるんじゃないかと思う。エルテに青い珠(ドゥーム)で掛けて貰ったのは、あの炎から逆にマナを吸い取れないか試してみたんだ。永久の火からマナを奪い取ることができれば、魔法発動も楽になると思ったんだがな……」
「それで、マナを吸い取る綱引きをさせたのですね、ヒロ様」
「でもエルテの青玉は消えちまったぜ」
「そう。永久の火がマナを吸い取る力は予想以上に強いみたいだ。永久の火の傍では青い珠(ドゥーム)は使えないだろうし、通常魔法も影響を受けてまともに発動できないと思う。エルテが言った通りだ」

 ヒロの言葉にソラリスが腰に指した剣の柄をポンと叩く。ヒロはその意図を直ぐに察した。

「うん。魔法が駄目でも剣は関係ない筈だ。青い炎に近づかないように進もう」

 ヒロはホールの奥に目をやった。奥の壁に先へと進む通路が見える。

「あそこからだな」

 ヒロの問いかけにソラリスが頷く。

「行こう」

 ヒロの言葉に、一行は奥に進んだ。

◇◇◇

 目的は第三階層。地図に記されているのはそこまでだ。地図には、第三階層最深部に何かを示す印がある。まずはその正体を確認することだ。

 地図に従って迷宮を進む。通路の所々に、半分壁に埋まった皿が設けられていて、例のマナを吸い取るという青白い炎がゆらりと輝いている。

 角に来る度に、ソラリスがアリアドネの種を落としていく。曲がる前と曲がった後に一つずつ。種は緑の蛍光色を発して居所をアピールしていく。

 ヒロ達はソラリスの先導で迷宮深くを進む。いくつ角を曲がっただろうか。体感では結構歩き回った気がするが、よく分からない。同じような景色が続くからか、時間感覚が麻痺してくる。

 やがて一行は、二つ目のホールのような空間に出た。

「ソラリス。ここで小休止しよう」
「ん。そうだね」

 ヒロ達は、ホールの中央で煌々と光る燭台の炎(永久の火)を避け、壁際に腰を降ろした。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ