挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

160/200

19-160.侵入

 
 ――ヒロ達がフォーの迷宮に入って数刻。

 フォーの迷宮の地上部分入口に小さな影が一つ現れた。背丈は八歳の子供くらい。皮膚の色は緑で上半身は裸だ。肩から皮のバンドを襷掛けにし、そこに括り付けた丸い木の盾を背中に背負っている。

 腰には茶色の皮とも布とも分からないものを巻いているが、衣服と言えそうなものはそれくらいだ。足には何も履いていない。尖った爪が足の指から大きくはみ出して伸びている。小悪鬼(ゴブリン)だ。

 小悪鬼(ゴブリン)は使い古された小弓と矢を手に持ち、もう一方の手で兎のような動物を引きずっている。兎の背に矢が二本刺さっているところを見ると、どうやら狩りの帰りのようだ。

 緑の小鬼(ゴブリン)は、迷宮の入り口で一旦止まると、そのぎょろりとした目玉で、きょろきょろと周りを見渡した。敵がいないか警戒しているのだろう。

 やがて周りに何も居ないことを確認した小悪鬼(ゴブリン)はキッと一声鳴き声を発すると、フォーの迷宮に入ろうと歩きだした。

 ――ギッ!?

 突然、小悪鬼(ゴブリン)が小さな悲鳴を上げた。ドサリとその場に倒れる。一体何が起こったのか小悪鬼(ゴブリン)には分からなかった。次第に狭くなる視界で、小悪鬼(ゴブリン)がみたのは、黒いブーツの人間らしき足だけだった。

◇◇◇

 ヒロ達が足を踏み入れた隠し通路は、床こそ石造りだが、周囲を土壁で覆われた炭坑のような通路だった。一定間隔で木枠が壁に張られ支えている。山を掘ったのだろうか。通路は緩やかな階段となっており、ずっと下まで続いていた。

 ヒロ達はソラリスを先頭に、ヒロ、リム、エルテの順に足を進めた。

 通路には特に明かりらしきものは見あたらなかった。ソラリスはああいっていたが、明かりなど、とっくの昔に消えてしまっているだろうとヒロは考えていた。

 フォーの迷宮が何百年、何千年前の建造物か知らないが、そもそも永遠に灯る明かりなどある筈がない。

 よしんば、何らかの手段で簡単に消えない明かりを作る事ができるのだとしても、それならば町でも村でも、ふんだんに使われている筈だ。しかし、エマでもウオバルの街でさえも、明かりといえば、蝋燭かランプだ。日没になれば、その日の仕事を終える。家に帰れば、ささやかな灯火の下で食事を取り、神に祈りを捧げ、就寝する。そんな生活だ。

 事に人が滅多に足を踏み入れない迷宮(ダンジョン)であれば尚更だ。人が定期的に手入れでもしない限り、迷宮(ダンジョン)の中に明かりを灯すなんて事は不可能だ。それともモンスターが明かりを灯して廻っているとでもいうのか。

 馬鹿な、とヒロは首を振った。

 と、目の前にいくソラリスが自分の懐を探って、赤い皮袋を取り出した。此処に来る前、カダッタの道具屋で調達したものだ。確かアリアドネとかいっていたか。

 ソラリスは袋から小さな種のような粒を一つ摘む。粒はラグビーボールのような形で大きさは向日葵の種を二回り大きくした程度。向日葵の種のように縦に赤い縞模様がある。ソラリスはそれを一つ、足下の床にほうり投げた。

「ソラリス、何をしたんだ?」
「これか? 床を見てみな、ヒロ」

 ソラリスが赤い皮袋を懐にしまいながら、目線で床を指し示した。ヒロが目をやると、先程ソラリスが投げた「種」が青緑色に発色しているのが見えた。

アリアドネの種(こいつ)は、こうやって暗闇ん中で光るんだ。普通に土にほおっておけば十日もすれば発芽するけど、それまでは光ってる。ここは石床だから、もっと光ってるだろうけどね。自分達が何処を歩いたか分かるようにする目印さ」
「地図があるのにわざわざそんな事をしないといけないのか?」
「未攻略迷宮の地図が完璧である保証はないんだよ。たとえ地図が完璧だったとしても、自分が今何処にいるか分からなければ意味ないのさ。そうでなくても、此処は天井や壁が崩れ易いし、それで通路が塞がっていたりしていたら、地図には頼れなくなるからね」
「そうか。それでその種(アリアドネの種)は動物かモンスターに食べられたりしないのか?」
「はっ、こいつはね、もの凄く苦い上に毒がある。動物やモンスターもそれが分かっているから手を出さねぇんだ。迷宮(ダンジョン)探索には必須のアイテムさ」
「便利なものがあるんだな」

 色々なアイテムがあるものだ。光る種を目印に使うというアイデアは言われてみれば尤もだ。迷路というのは、似たような壁と幾重にも枝分かれした通路が延々と続く。意外に迷うものだ。地図がなくても、もと来た路など覚えているなどと多寡を括っていると大変なことになる。ヒロはソラリスの用意周到さに、ベテラン冒険者とはかくあるものかと頼もしく思った。

 やがて細い隠し通路は終わり、ヒロ達の視界が開けた。

「ここが第一階層の入り口だ」

 ソラリスがヒロに振り向いて、にやりと笑った。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ