挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

157/200

18-157.一つ聞いておきたいんだが

 
「ヒロ、じゃあ、あたいとリムは先に寝る。月が真上を過ぎたら起こしてくれ。そこで交代だ」

 エルテからの地図の説明を一通り聞き終わり、明日のフォーの迷宮(ダンジョン)探索の作戦が決まった。作戦といっても何のことはない。目的地は迷宮の第三階層だ。地図に記された印を目指して真っ直ぐに進むという至極単純なものだ。モンスターとの戦闘は極力避け、魔力消費も最小限にする。危険を感じたら引き返す。これが基本だ。

 明日に備えて交代で眠る。ソラリスがヒロに、自分が見張りをやるから、寝ておけといったが、ヒロは問題ないからと先をソラリスに譲った。

 見張りは夜を二つに分けて行うことにした。前半はヒロとエルテ。後半の見張りはソラリスだ。リムは満場一致で朝まで寝させようということになった。

 ソラリスがリムを連れだって、ふかふかの芝生に身を横たえた。野宿ではあるが、ヒロが張ったバリアの中だ。夜露に濡れることはないだろう。夜半に冷え込むようなら、焚き火をすればよいだけだ。無論、空気穴は開けておかねばならないが。

「おやすみ。ソラリス。リム」

 ヒロの挨拶にソラリスが横向きに寝そべったまま腕を上げ、サムズアップで応える。しばらくすると、リムがスヤスヤと静かな寝息を立て始めた。

「なぁ、エルテ、一つ聞いておきたいんだが」

 リムが寝入ったことを見届けたヒロがエルテに向き直った。どうしても聞いておきたいことがあったからだ。

「何でしょう?」
ブラック・アンタッチャブルと闘ったとき、君は最後に青い珠を出してみせた。あの後、俺が張ったバリアが崩れ出したんだが、あれは、対防御魔法か何かなのかい?」

 小悪鬼(ゴブリン)の矢や剣など全くうけつけなかったヒロのバリアが、いとも容易く剥がされた。青い珠の魔法についてはリーファ神殿でロンボクから説明を受けていたし、あの夜、シャローム商会でエルテから彼女自身の生い立ちを聞いた時も、そんな事を仄めかしていた。

周囲のマナを吸い取る恐るべき魔法が存在する。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルであるエルテがその使い手なのかどうか。それを彼女の口から確認しておきたかった。

「……神官魔法ですわ」

 エルテは小さく首を振ってから答えた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ