挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

153/191

18-153.行こうか、フォーの迷宮へ

 
 ――翌日、早朝。

エマの中央広場。エマの中心部に陣取るこの広場は住民の憩いの場所であると共に、朝は朝市のための多くの物資の荷降ろしをする場所でもある。ヒロ達はここでエルテと待ち合わせすることになっている。寝ぼけ眼のリムを連れだって、ヒロ達が広場に来たときには、すでにエルテが待っていた。

「待ったかい? エルテ」
「いいえ、先程来たところですから」

 ヒロの問い掛けにエルテが微笑む。

 エルテは純白のローブを身に纏い、手した長い錫杖の端を地面に付けていた。代理人(マネージャー)の証である白いサークレットを付けていたが、代理人で有ることなど全く感じさせない。その雰囲気はウオバルのリーファ神殿でみた神官そっくりだ。

「いかにも神官様といった格好だね」
「有り難う御座います。他の方にもそう見ていただければよいのですけれど」

 ソラリスの評価にエルテは礼をいう。

「エルテ、俺のパーティでは、見習い神官ということにしておこうか。元々、君は神官教育を受けていたそうだし、大丈夫だと思う。万が一怪しまれたとしても、見習いということにしておけば、誤魔化せるさ。それにその格好はその積もりでいるんだろう?」
「えぇ。それにヒロさんのパーティには神官はいらっしゃらないということでしたから、私がその役目を出来れば、と」
「神官は冒険者の中でも引っ張りだこだと聞いている。歓迎するよ」
「エルテさん。私と同じ見習いですね」

 エルテはヒロとリムに頷いて見せる。

 空は雲一つない快晴。ヒロのパーティ初のクエストには幸先のよいスタートのようにみえた。

「皆、持ち物は大丈夫か」

 広場にくる前にヒロ達はカダッタの所に寄って、十日分の食料を受け取っていた。準備は整っている。

「いいぜ、ヒロ」
「ヒロ様、行きましょう」
「よろしくお願いしますね。ヒロさん」

 ヒロはソラリスとリム、そしてエルテの顔を見てから、一つ深呼吸をする。

「じゃあ、いこうか。フォーの迷宮へ」

 ヒロのブーツが力強く地面を蹴った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ