挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

149/200

17-149.御注文の品、届いておりますぞ

 
 ――三日後。早朝。

 ヒロとソラリスとリムの三人はエマの街の大通りを歩いていた。路の両脇には露天商が立ち並び、朝市で賑わっていた。ヒロ達はこの街でエルテと落ち合い、明日からフォーの迷宮に向かうことにしていた。出発前にこの街に寄ったのは、準備を整えるためだ。ヒロ達は時折、露天で足を止めて果物やパンを調達しながら、大通りから少し外れた道具屋に向かっていた。

「おはよう、カダッタ」
「おお、ヒロ殿。ようこそ。御注文の品、届いておりますぞ」

 店先に品物を出して開店準備をしていたカダッタが大きな体を揺らして愉快そうに笑う。注文の品というのはもちろん、ミスリル銀の特製鎖帷子のことだ。

「こちらで待って下され。持って参りますでな」

 カダッタはヒロ達を店内のテーブルに案内するとバックヤードに消える。

 ヒロは肩に掛けていたナップサックを降ろし、中から朝市で仕入れた果物(ラルパ)をソラリスとリムに渡す。朝食の代わりというよりは、水分補給の積もりだった。ソラリスとリムはヒロに礼をいってラルパを囓る。シャリシャリと歯応えのある果肉が桃の味を舌に伝える。ヒロ達がラルパを一つ平らげたところでカダッタが鎖帷子を手に戻ってきた。後ろに誰かを連れている。

「ヒロ殿、紹介致しますぞ。ギリアム工房のギム親方です。御注文の鎖帷子の製作者ですな」

 紹介された親方は、酷く小柄な壮年の男だった。背丈はリムよりも少し高いくらい。おそらく百四十センチもないだろう。深い緑色をした丈の長い服を、幅広の茶色い皮ベルトで止めているため、裾の部分がまるでミニスカートを履いているかのように見える。しかし胸板も腹回りも分厚い筋肉の鎧で覆われ、袖無しの肩口から見える二の腕などヒロよりも太いくらいだ。顎から耳に掛けて白髪混じりの長い髭が胸元辺りまで伸びているが、頭髪は全くない。薄い眉の下に光る眼孔は鋭く、頑固そうな顔付きを一層際立たせていた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ