挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

146/200

17-146.あたいからクエストの発注だ

 
「ヒロさん、パーティ『アラニス・エマ』確かに登録いたしました。初登録ですので、ランキングはフリー。年間で獲得する報酬額がC1ランク最下位を超えるとランキング入れ替え戦への参加資格が与えられます。入れ替え戦の優勝者はランクアップします。パーティランクは全部で……」
「C1からAまでだったっけ? ちなみに入れ替え戦には何組も参加するのかい?」

 ヒロが口を挟む。ランキングシステムの存在はこの間、ラルルに教えて貰っていたが、入れ替え戦については聞いていなかった。そのときは自分がパーティを組むとは考えていなかったからでもあった。

「はい。去年ですと、フリーから三組参加しました。獲得賞金は正金貨百枚相当ですね。毎年、大学の卒業式の日を締め切りにして、年間ランキングが確定します。残念ですけど、卒業式まであと幾日もありませんから、ヒロさんのパーティは、今年はちょっと難しいかもしれませんね」
「いや、そんなことは考えてないから気にしないでくれ」

 ラルルから組紐を返して貰ったヒロに今度はソラリスが声を掛けた。

「ヒロ、ちょいと組紐を貸しな」

 ソラリスは腰からナイフを抜くと、ヒロから手渡された組み紐を二十センチばかり三本切り取る。残った長い部分をヒロに返し、短い組み紐をリムとエルテに一本ずつ渡す。

 ソラリスは自分用の一本を左の手首に結ぶと、リムにも同じ様にしてやる。エルテも自分で手首に巻き付けた。

「ヒロ、残りはお前のだよ」

 ソラリスの言葉にヒロは素直に従った。三色組紐を左手首に付ける。ヒロの組紐は長さがあったから、ぐるぐるっと三重巻きにした。

「これで、あたいらはヒロ(おまえ)のパーティのメンバーだ。よろしく頼むぜ、リーダー」
「よろしくお願いします、ヒロ様」

 ソラリスとリムが挨拶する。よろしくと頷き返すヒロにエルテも微笑みを投げかける。

「ヒロさん、道案内は私が務めさせていただきます。足手纏いにならないよう頑張りますので、よろしくお願いしますわね」

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが足手纏いだなんてとんでもない。足手纏いになるのは俺の方だよ、とヒロは苦笑した。

「ヒロさん、パーティを組まれるということはモンスター討伐か何かですか? 今、フリーのパーティに御紹介出来そうなのは……」

 ラルルが後ろの机から台帳を取ろうと振り向いたのだが、それは叶わなかった。ソラリスが懐から取り出した皮袋をカウンターに置いたからだ。

「ラルル。あたいからクエストの発注だ。あたい達はこれからフォーの迷宮探索に行く。大した用じゃないんだが、万一ということもある。十日経っても戻ってこなかったら、捜索隊を出してくれ。この金で雇える奴でいいが、あの(フォーの)迷宮は大人数じゃ無理だから、なるべくランクの高い冒険者で頼むぜ」
「え、は、はい。フォーの迷宮ですか。確かに未攻略迷宮ですけど、マナ吸引(エナジードレイン)を別にすれば、そんなに危険なモンスターが出没するという報告は上がって来てないですよ。小悪鬼(ゴブリン)はよく出るみたいですけど……」
「だから万が一さ。あたいも危ない橋を渡る積もりはねぇさ」
「はい。では、探しておきます。十日ですね」

 ラルルの返事にソラリスは満足そうに頷いた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ