挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

145/200

17-145.ミサンガみたいだな

 
「では、パーティー登録しますね」

 ラルルはカウンターの下から分厚い台帳を取り出した。カウンターの上で、ぺらぺらと羊皮紙をめくる。びっしりと書かれた文字の列を上から順に指で辿っていく。横書きの文字列に沿った羊皮紙の端には穴が開けられ、色の付いた紐が括り付けられている。先程ラルルが持ってきた組紐と同じものだろうか。異なる色の紐で編まれたそれは、羊皮紙をカラフルに彩っていた。しばらくして、ラルルはきらきらした瞳とヒロに向けた。

「はい。パーティ名の被りはないようですね。では『アラニス・エマ』で登録いたします。チーム名は王国各地にある冒険者ギルドに通達されます。大体、二蓮月(ろくじゅうにち)くらい掛かります。名前がまだ届いていないギルドでは、パーティとしての依頼(クエスト)は受けられませんので御注意ください。それまでは、此処(ウオバル)のギルドでの依頼(クエスト)をお勧めします。登録名の変更は何時でも可能ですけど、最初に登録したギルドでしか受付できませんので、此処(ウオバル)のギルドでお願いしますね」

 ラルルは笑顔を見せながら、先程カウンターに置いた組紐を勧める。

「こちらの中から、お好きな紐をお選びください」
「何だい? これは」
「ギルドに登録したパーティには、必ずこの紐を所持いただく決まりになっています。ギルドに登録しているパーティなのかどうかの身分証明になりますので、無くさないよう御注意願います。殆どの方が手首に巻いたり、首に掛けていたりしますね。紐は色の組み合わせが全部違ってまして、紐を見ればどのパーティか分かるようになっています。生憎、今ご用意できるのは、これだけしかありませんけど、この中から選んでいただけますか?」

 組み紐は三色の紐を編んだものだ。よく見ると編み方も微妙に違う。長さは一メートル半くらいあった。

(ミサンガみたいだな……)

 ヒロは、その中から青、水色、白で編んだ組紐を手に取った。特に理由はない。強いていえば、元居た世界での地元(よこはま)のサッカーチームを連想したからというくらいか。

「これにするよ」

 ヒロは後ろを振り返って、パーティの仲間に組み紐を見せた。皆、うんと頷いて承諾の意志を示す。特に異論はない。決まりだ。

「はい。では少しお預かりします」

 ラルルはヒロが選んだ組紐を受け取ると、小さなナイフで指一本くらいの長さを切り取った。次いで慎重な手付きで、羊皮紙の端に穴を開け、そこに切り取った組紐を通して結んだ。最後に今通した組み紐の横に、「アラニス・エマ」と書き込んだ。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ