挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

143/200

16-143.お宝が見つかるといいな

 
「ヒロさん、私の魔法バリアは、他の魔法使いの人が使うようなものではありませんわ。周囲に風を纏わりつかせているだけ。攻撃魔法は、その風を変化させて使っていますの。極一部の特殊魔法を除けば、バリアを貫通して攻撃している訳ではないのです。普通の攻撃魔法を使おうと思えば、当然バリアを解除しなくてはいけませんわ」

 エルテの風魔法は攻防一体のものだった。風のスクリーンで身を守ると同時に、それを変化させて攻撃に転ずることもできる。スティール・メイデンの襲撃を受けた時、ロッケンの魔法弾(マジック・ミサイル)を悉く打ち落とした魔法も、防御バリアを担っていた風のスクリーンを変化させたものだ。戦闘時にこれほど頼りになる魔法はない。それだけに、その威力が保証できないというのは残念という他なかった。

「ヒロ、なに湿ったこといってんだ。バリアは背後にだけありゃいいのさ。正面と横は、隊列を組んでカバーすればいいだけだ。そんな事いったら、魔法使いが居ねぇパーティは冒険なんざ一切出来なくなる。どうせ、見えない真後ろなんざぁ攻撃したって当たりっこねぇよ」

 ソラリスがからからと笑う。さすがはベテラン冒険者だ。ヒロの心配など問題にしない。ソラリスはかつて剣士だった頃、ロンボクのパーティに入っていたと言っていた。きっとパーティの戦闘方法も熟知しているのだろう。ヒロの気持ちは固まった。

「分かった。エルテ、君の申し出を受けさせて貰う。だがちょっと準備する時間が欲しい。三日後にエマの街で防具を調達する。そこで落ち合うことでいいかい」

 ヒロは少し時間を呉れるようエルテに申し出た。三日後というのは、エマの道具屋、カダッタの所で注文したミスリルの鎖帷子が出来上がる日だ。いくら、ソラリスや黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルであるエルテが同行するとはいえ、フォーの迷宮は未攻略迷宮なのだ。何が起こるか分からない。ヒロは当然、鎖帷子を装備して、フォーの迷宮に行くべきだと考えた。

「ありがとうございます。それで十分ですわ。宜しくお願いいたします」

 エルテは深々と頭を下げた。

「では、契約成立ですね。報酬は……」

 シャロームが手を差し伸べる。

「もしも、レーベの秘宝が見つかったら……無論、レーベの秘宝を売却する訳にはいきませんが、相応の額をお支払いします。私は他のお宝もあると踏んでいるんですがね。そちらは売却できるだろうと見ています。無くても迷宮(ダンジョン)探索の相場くらいはお約束しますよ」
「オーケーだ。お宝が見つかるといいな」

 ヒロはシャロームの手をがっちりと握った。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ