挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

141/200

16-141.この地図は一枚目ということか

 
「分かったかい? 紋章印に使っている赤いのは朱泥と言ってな、香料を混ぜているんだ。香料の配分と調合方法は本人しか知らない。紋章印一つ一つ全部違う香りがするのさ。だから、印の形だけを完璧にコピー出来たとしても、偽物だと分かってしまうんだ。勿論、偽造印に適当な香りを付けたものが出回ることもあるよ。でもそんなのは直ぐに嘘だってバレるから意味ないのさ。偽物だって噂になったら誰も相手にしねぇからな。少なくとも紋章印とその香りを知っている相手は騙されないね。あたいは、この紋章印を使う奴を知っている。香りも変わっていない。だから本物なのさ。まさか、まだウオバル(こんなとこ)に残っているとは思わなかったけどね」

 ソラリスは懐かしい友に再会したかのような笑顔を見せた。ソラリスにそこまで言わせる人物とは一体誰なのか。ヒロはその人物に興味をそそられたのだが、そんな気持ちはもっと根本的な疑問に取って代わられた。

「ソラリス、今更な質問で悪いんだが、未攻略の迷宮(ダンジョン)なのに地図があるというのはどういうことなんだ? 結局攻略されているってことじゃないのか?」
「はっ、迷宮(ダンジョン)地図はな、一枚だけじゃ攻略されたって認められないんだよ。申請された地図が間違いないかギルドが確認クエストを出して、地図の通りだと確認できて始めて攻略したと認定されるんだ。ギルドは攻略したと認定した迷宮(ダンジョン)に対して、定期的に地図のとおりなのかの確認クエストを出してる。そうやって迷宮(ダンジョン)の状態や出現するモンスターの状況を把握してるのさ。クエストがないときは、その辺の攻略済みの迷宮(ダンジョン)をいくつか見繕って、ギルドがモンスター狩りのクエストを出すこともあるんだよ」

 確かにソラリスのいう通りだ。ギルドとはいっても、いつもクエストがふんだんにある訳でもないだろう。だが冒険者も食っていかなくてはならない。そんなときに自前で斡旋できるクエストがあるとないのとでは大違いだ。あるいは、そうすることで闇の仕事(アンダーグラウンド)に手を染める冒険者が蔓延(はびこ)る事を防いでいるのかもしれない。良く考えられた仕組みだな、とヒロは思った。

「そうか。この地図は一枚目ということか……」

 ヒロは地図をテーブルに置いて腕を組んだ。この地図が本物であれば、フォーの迷宮(ダンジョン)が未攻略といっても単に認定されていないだけということになる。闇雲に探索するのとは訳が違う。

 それでもヒロはエルテの依頼(クエスト)を受けるべきか迷っていた。未攻略迷宮(ダンジョン)の探索。目的はどこかに隠されているかもしれないレーベの秘宝を見つけて持ち帰ること。駆け出しの冒険者としてはハードルが高すぎるかに見える依頼(クエスト)だ。それにマナを吸い取る魔法(エナジードレイン)が迷宮に掛かっているというのも気になる。

 だが、ヒロ一人で行くわけではないという安心材料があることも事実だ。スティール・メイデンを退け、大学の教官や学生達を除けば、ウオバル最強かもしれないエルテが同行するのだ。それにベテラン冒険者のソラリスもいる。心強いメンバーであることは間違いない。

「エルテ、もし俺達がフォーの迷宮にいくとなったら、君も同行する、で良かったよな」

 エルテはヒロの確認に大きく頷いた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ