挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

139/200

16-139.フォーの迷宮には何かありそうだ

 
「ヒロ、貴方はどう思います? 我々は石板の文字が読めない。ですから、このお嬢(リム)さんの言うことが本当か否かの判断ができません。貴方の先入観なしの意見を聞かせてください」

 ヒロはシャロームにおやという顔を見せた。エルテに協力している以上、たとえ石板に記されていることが分からなくても、エルテの言うことが正しいという前提で動いていると思っていたからだ。

「その前に君はどう思っているんだ。シャローム。君はエルテに協力しているんだろう? 今更、石板の真偽を疑うような発言をするのは理解できないが」
「だからこそですよ。仰る通り私はこの件でエルテに協力していますし、石板のことも本当だと思っています。けれども、それ故に目が曇ることがある。自分が肩入れしていることは、知らない間についつい贔屓目に見てしまうものですからね。そんなときこそ、他者の冷静な意見を聞きたいのです。自分が間違えない為にもね」
「なるほど」

 ヒロは頷いた。やはりこの男(シャローム)は優れた人物だ。いかなる時も正しい判断を下せるよう気を配っている。流石は一代で事を成しているだけのことはある。彼は将来大物になるのだろうなと、この時ヒロは感じていた。

「俺も君と同様に石板の文字は読めない。だが、リムの言った内容は本当だと思う。リムが今此処で石板の写しをハートに折って見せた事がその理由さ。普通に考えれば、石板を折ってみようだなんて、まず誰も考えない。写しだったからこそ出来ることだ。折り方だって色々あるだろうに、エルテが代々伝えられてきたという魔法印と同じハートに折って見せ、それがぴたりと文字になった。しかもその文字は、リムが言うところの、当時の王族と神官しか読めない宮廷文字と来ている。つまり、暗号としてみた場合、この石板は二重、三重にロックを掛けていると言える。代々受け継いでいく以上、石板に残すのは当然だとしても、解読されて宝を盗まれる事がないようにと考えたのだろうね。大したものだよ。だから俺は、この石板は本物だと思う」

 ヒロは、リムには嘘をいう理由がないと付け加えると、カップを手にとり、渋い茶を飲む。その視線の先でシャロームが笑みを浮かべていた。

「やはりヒロ(あなた)もそう思いますか。私も同感です」

 シャロームは自分の頭に手をやったが、帽子を被ってないことに気づくと、口元を苦笑いへと変化させた。

「エルテ、リムが今読んだ石板の内容からすると、フォーの迷宮には何かありそうだ。あとはどうやって探索するかだが……」

 ヒロは視線をエルテからソラリスに向けた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ