挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

136/200

16-136.俺とパーティを組んでくれないか

  
(そうだった……)

 どんな仕事であれ、片手間で出来る程甘くはない。元の世界でいくつもの仕事を転々とした経験から、ヒロにもそれは分かっていた。分かっていた筈だった。いつの間に忘れてしまっただろう。いや、そうじゃない。きっと心の奥に燻っていたこの世界の住人ではないのだから、という気持ちがそうさせたのだ。まるで夢の世界の中にいるような、どこか部外者だという気持ちが、逃げ腰にさせていたのだ。

 今はこれが現実だ。自分が生きている世界なのだ。この異世界でこうして生きてこられたのは偶然ではない。リムやソラリスと出逢い、協力してくれているからこそだ。自分を取り巻く状況は当たり前のことでは決してないのだ。ヒロは自分の心に残っていた甘さを自覚した。

 であればこそ、今自分が出来る事に全力でぶつからなければならない。自分一人で生きている訳ではないのだ。そんな当たり前の事実を目にして、ヒロは迷いを振り払った。

「……そうだよ。(ソラリス)のいう通りだ。俺の考えが甘かった。いつまでも、こんな気持ちでやっていける訳がない。いや、やっていい筈がない。俺は本気で冒険者になるよ。生活基盤云々は、本当の冒険者になれてから考えればいいことだ」

 ヒロの頭に、モルディアスの所で異形の魔物を倒した後、ソラリスとリムに仲間になってくれと頼んだ時の光景がよみがえっていた。あの時、二人は快く承諾してくれたが、自分が甘い気持ちのまま、安易に頼んだのは間違いだったのではないのか。二人にお願いすべき時は、本気で冒険者になると決めた今なのではないか。ヒロはそんな自分の気持ちに素直に従った。

「ソラリス、リム。改めてお願いさせて欲しい。俺とパーティを組んでくれないか」

 ヒロは頭を下げた。

「へへっ。その言葉を待ってたぜ、ヒロ。お前は一級の冒険者になれるタマだ。あたいはお前のパーティに入るよ。よろしくな。ヒロ(リーダー)

 ソラリスの明るい声にヒロはほっとした。自分を見捨てないでいてくれた。ソラリスは、自分の生半可な気持ちをとっくに見透かしていたのだろうか。そうだと分かっていて尚、行動を共にしてくれていたのだろうか。ヒロはソラリスの懐の広さに感謝した。

 ヒロの脇に座る精霊の回答も同じだった。

「何を言ってるんですか。私は初めてお会いした時から、ヒロ様の仲間ですよ」

 リムは折り紙の手を止めずに答える。何を今更といわんばかりだ。リムの指先で、石板を写した羊皮紙が折られていく。いつしかそれはハートの形になっていた。

「出来ました」

 リムはハートに折った写しをひっくり返し、テーブルの真ん中に置いた。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ