挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

134/200

16-134.やっぱり落書きじゃねぇのかい?

 
 ヒロは二枚の羊皮紙を比べるように視線を移動させた。勿論、その文様は読めなかったが、四隅にのみ記され、真ん中が空いているところなど、()()()()で書かれたものであることは明らかだった。

「この隅に書かれたフォーの神殿という文字以外は読めないという訳なんだな?」
「その通りですわ」
「実は文字ではなく唯の模様で、何の意味もないということはないのか?」
「そうだとしたら、わざわざ石板に残して代々ラクシス家に伝える必要はありません。きっと秘密が隠されている筈ですわ」
「ふむ」

 エルテの言う事は筋が通っている。家宝になるということはそれだけの謂われがある筈だ。だが、今の段階では読める古語で書かれたフォーの迷宮しか手掛かりはない。

 ソファに背中を預けて考え込むヒロの横から、ソラリスとリムが羊皮紙を覗き込む。

「あたいは古語は読めねぇんだけどよ。さっきヒロも言ったが、やっぱり落書きじゃねぇのかい? 大して書いてないし、途中で削り取られたようにも見える。とても意味があるようには見えないね」

 ソラリスはヒロが気づいた事と同じ点を指摘した後、両手の平を上にしてお手上げのポーズを取る。もともとこの話には乗り気でなかったソラリスだが、石板の写しをみて、やっぱりガセネタではないのかと疑っているようだ。

 何も分からないかと手詰まり感が漂う中、リムだけは違っていた。

「えと、ちょっと見せて貰ってもいいですか?」

 リムが羊皮紙の片方を手にとってエルテに見せる。

「えぇ、何か有りまして?」
「ありがとうございます」

 エルテに礼をいったリムは、羊皮紙を両手に持って、暫くじっと見つめていた。やがて、羊皮紙をテーブルに戻すと、パタパタと折り紙の要領で何かを折り始めた。

「おい、リム、勝手にそんな事……」
「いえ、大丈夫ですわ。折ったくらいで破れはしませんから」

 ヒロがリムを咎めようとするのをエルテが制した。興味深そうにリムの手元を見つめている。

「エルテ、ヒロから聞いたんだけどよ、フォーの迷宮の地図を持っているんだってな。ちくっと見せて貰えねぇかな」

 ソラリスは、懸命に折り紙をしているリムを見やってから、エルテに視線を戻した。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ