挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

132/191

16-132.守秘義務なんざぁ、冒険者には当たり前の事さ

 仮に石板の文様が文字だとして、それが我々に読めない古語だったとしても、もしかしたらリムなら読めるかもしれない。だが、一度石板(それ)を見てしまったら、もう引き返せない気もする。ヒロはほんの少し躊躇した。

「ソラリス、リム。エルテのいう石板は今回のクエストの鍵だ。だが、聞いての通り、石板の事はまだ秘密にしておかないといけない」

 ヒロの言葉にソラリスとリムは同意を示す。

「だから、石板の内容を見ることになっても、この場以外の誰にも口外せず、秘密にしておかなくちゃいけない。約束してくれるかい」
「はい。ヒロ様」

 リムが間髪入れずに答えた。

「守秘義務なんざぁ、冒険者には当たり前の事さ。ペラペラと秘密をしゃべる奴にはまともな依頼(クエスト)は回ってこない。あたいはそんな馬鹿じゃないよ」

 ソラリスも応じた。

 リムとソラリスの言葉に深く頷いたヒロは、ゆっくりと視線をエルテに向ける。

「……エルテ、そういうことだ。俺には君が嘘をついているとは思えない。俺達がみても何か分かる可能性は低いかもしれないが、一応、その石板の写しとやらを俺達にも見せて貰いたい」
「はい。……シャル」

 エルテはシャロームに目配せをした。シャロームは分かりましたとばかり小さく頷くと口を開いた。

「石板の写しは盗難を考え、私が預かっています。もちろん商会(ここ)は一般家屋より防犯はしっかりしていますが、それでも完璧ではありません。レーベの秘宝を記しているかもしれない石板の写し(ブツ)があると噂でも立とうものなら、いくら警備しても足らないかもしれませんからね。尤も、誰にも読めないので、すぐにレーベの秘宝(おたから)を取られるとは思いませんが」

 ヒロが頷くのを見たシャロームは、ちょっと失礼と言って、部屋の奥に消えた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ