挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

130/191

16-130.ようこそ、お待ちしていました

 
 ――翌日の朝。シャローム商会。

 ヒロとリム、そしてソラリスの三人は、シャローム商会二階の応接室に通される。

 三人が中央のテーブルを囲むソファに腰を降ろしてしばらくすると、部屋の奥の扉が開いた。

「ようこそ。お待ちしていました」

 シャロームの快活な声が響く。シャロームは始めてヒロと会ったときと同じ、体にフィットしたシャツに細身のパンツを履いている。シャロームに続いてエルテが部屋に入ってきた。エルテも一昨日会ったときと同じ、薄紫のコットの上に袖のついた黄色のシュルコを纏っていた。額には魔法具(マジック・アイテム)でもある白のサークレットをしている。額にサークレットを着けるのは、冒険者の代理人(マネージャー)であることの証だ。彼女があの黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルだったと言われても、まず誰も信じないだろう。

「いや、こちらこそ」

 シャロームはヒロの答えにニコリとすると、エルテと並ぶように、ヒロの対面のソファに座り、エルテを紹介する。

「改めて紹介いたします。こちらの彼女がアラニスのエルテ。今回の依頼人です」

 エルテが軽く会釈をする。ヒロは軽く頷いた後、自分の左に座る仲間を紹介する。

「エルテ、シャローム。こっちの娘がリム、精霊見習いだ。二人とは既に会ったかと思うが」

 リムが椅子からぴょんと立ち上がって挨拶する。

「リムです。よろしくお願いします。シャロームさん、エルテさん。またお会いできて光栄です」
「こちらこそ」

 エルテがリムに微笑みを投げかける。続いてヒロは、右に座っているソラリスに視線を送る。

「そして、こちらがソラリス。俺に冒険者になるよう勧めてくれたベテラン冒険者だ」
「初めまして、シャロームと申します。『ギフトのソラリス』と対面できるとは光栄です」
「私はエルテ。宜しくお願いしますわ」
「あぁ、よろしくな」

 シャロームとエルテがソラリスに握手を求めたが、ソラリスはイヤな顔一つ見せずに応じた。一昨日、彼女(ソラリス)は全く乗り気でなかった様子を見せていたのだが、そんな素振りはおくびも見せない。大人の態度だ。ソラリスとリムにはエルテが黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルだったと知らせていたのだが、ソラリスはその事は口にしなかった。

 コンコンと扉をノックして、女性店員(パール)がポットとカップを持って入ってくる。女性店員は、落ち着いた所作で皆にお茶を淹れると、一礼して静かに部屋を出ていった。

 ヒロは普通に茶を啜ったが、リムとソラリスは手を付けない。ヒロから、団子虫茶じゃないよと言われてリムがそっと口を付けたが、うっと苦い顔をした。

「では、改めて説明させていただきますわ」

 シャロームから目で合図を受けたエルテは、静かに語り出した。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ