挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第三部:フォーの迷宮編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

128/200

15-128.今じゃ物好きでもない限り誰もいかないね

 
「フォーの迷宮だって!」

 ソラリスがテーブルに両手をついて身を乗り出した。テーブルに置かれた空のカップがカランと倒れた。リムはヒロとソラリスの間も視線を行ったり来たりさせて、きょとんとしている。まだよく事情を掴めていないようだ。

 ヒロは昨晩、ソラリスとリムに伝えた通り、昨日あった出来事とエルテの依頼について説明していた。フォーの迷宮という単語が出た途端、ソラリスが鋭く反応した。

「知っているのか? ソラリス」 

 少し吃驚した表情でヒロが返すが、ソラリスの耳にはその声は届いていないようだった。ややあって、椅子に座り直したソラリスはゆっくりと口を開いた。

「ウォーデン領に残っている数少ない未攻略の地下迷宮(ダンジョン)の一つさ。エマから北に二日くらいの山ん中にある」
「ほう」
「今じゃ物好きでもない限り誰もいかないね」
「何故だい?」
マナを吸い取られる(エナジードレイン)上に、モンスターの住処になっちまってるからさ。昔剣士をやってた頃、一度だけ行ったことがある。入口辺りでうろついている雑魚を狩る分には大したことねぇけど、奥に行けば行くほど数が増えるんだ。マナの吸い取りはゆっくりだから、ニ、三日は平気だけど七日以上はヤバい。だから、あまり奥にはいけないんだ。おまけに壁や床が脆くて派手に暴れると崩れちまう。それに内部構造(なか)が分かっている浅い階層は、お宝の類は大体取り尽くされちまって、大して残ってないよ。せいぜい雑魚モンスターを狩って、小銭や装飾品を取るくらいだね。苦労する割には実入りが少ないのさ」

昨日、シャローム商会で、エルテとシャロームから受けた説明と合致している。エルテは嘘をついていないとヒロは確信した。

「どれだけ広い迷宮なのか知らないが、七日も彷徨(うろつ)かないといけないのか。入りっぱなしがヤバいのなら、ニ、三日したら一旦外に出てくればいいじゃないか」

 ヒロは、フォーの迷宮が地下にあると聞いて、それほど大きいものではないだろうと考えていた。地下に建造物を作るのは大変な土木作業を伴うからだ。それは、ヒロの元の世界の常識に照らし合わせてのものであったのだが、こちらの世界でも大差ない筈だ。

「地図も無しにか?」

 ソラリスはやれやれとばかり手を振った。あまり乗り気ではないようだ。

「ヒロ、お前が地下迷宮(ダンジョン)に入ったことがあるか分かんないけどよ。地図がない迷宮は何があるか分からないんだ。この路は安全か、罠がないか、モンスターは居るのか、どんな奴なのか。いちいち確認してからでないと進めない。舐めてかかるとすぐに迷ってしまうんだ。思っているよりずっと時間がかかるのさ。仮に、迷わなくても、モンスターに邪魔されたりすることだってある。未攻略迷宮は簡単に行けるところじゃないのさ」
「地図ならある。エルテが地図を入手したと言っていた」
地図(それ)は本物なのかい?」

 間髪入れないソラリスの切り返しに、ヒロは詰まった。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ