挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第一部:異世界転移編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/200

1-011.これでは如何でしょうか

 
 ヒロはリムに自分の事を部分的に話した。全部話したところで、理解して貰えないだろうと思ったからだ。自分は遠い異国の地から来たことにした。この世界に不案内であること。この世界を知りたいこと。できれば、生きていける算段をひとまずつけたいことなどだ。

「じゃあ、私達似た者同士ですね。――もぐもぐ」

 リムは最後の団子(キビエ)を食べながら、あっさりとヒロの言を受け入れた。見た目や振舞いは幼いのだが、言う事は妙に大人びている。ヒロはリムに不思議なギャップを覚えた。

「さて、どうするかな」

 互いの事情を一通り話し終えた後、ヒロは立ち上がった。ここからの脱出する方法をなんとか考えなくてはいけない。改めて穴の周りの石壁を確認する。僅かな出っ張りを探して足を掛ける。だが少し体重をかけただけで、出っ張りは割れて崩れてしまう。やはり壁をよじ登るのは無理だ。

「駄目か……」

 ヒロが頭上を見上げていると、後ろからリムが声を掛けた。

「何かお手伝いできることありますか?」
「ふむ。そうだ。リム、君は精霊なんだろう。精霊の何か凄い力でここから脱出することはできないのか。羽が生えて空を飛べるとか、地面を盛り上げて地上に出すとか」
「そんなこと出来るのなら、とっくにやってますよぉ」

 それもそうだ。余りにも常識的な答えにヒロは少しがっかりした。精霊というだけで普通の人間と変わらないじゃないか。いや、念話(テレパシー)能力はあるのか、と思い直して苦笑する。そんなヒロをリムは不思議そうに眺めている。

「……それもそうだね。じゃあ、リムの念話(テレパシー)で他の助けを呼ぶというのはどうだろう。さっき念話(テレパシー)を聞ける人は滅多にいないといってたけど、実際どれくらいなんだい?」
「えっと、詳しくは分からないですけど、千人に一人か、一万人に一人くらいです。多分……」

 リムはまた、下顎に人差し指を当てて天を仰いだ。

 そんなに少ないのか。この世界の事情は分からないが、こんな山の中で煩雑に人が行き来するとも思えない。ましてや、千人も人が通るには何日かかるやら想像もつかない。事実上、助けを呼んでも来てくれることはないと言っていいだろう。

「じゃあそれも無理そうだね」
「すみません……」
「……大丈夫、なんとかなるよ」

 ヒロはシュンとなるリムの頭を撫でた。別に当てがあるわけではなかったが、空元気でも無いよりはマシだ。

 そういえば、とヒロはさっきまでリムが隠れていた横穴を思い出した。取りあえず調べられるものは調べておこう。脱出の手掛かりが何かあるかもしれない。

「リム、君が隠れていた横穴はこれだよね」

 指さすヒロにリムは無言で頷いた。

「ちょっと調べてみようか」

 横穴は高さも幅も一メートル程で、横になれば大人でも十分入れる大きさだ。ヒロはナップサックを背負ってから、うつ伏せになり匍匐前進で、横穴に身を入れた。

「暗くて良く見えないな」

 そう呟きながら、手で回りの壁を探る。ヒロは手の感触から、内側の壁は、先程と同じ脆い材質の石壁で囲われていると判断した。

「光の精霊ヴァーロよ、大地母神リーファの名に於いて命ず。集いなさい……」

 後ろからリムの声が聞こえたかと思うと、ヒロの周りが急に明るくなった。ゴルフボール大の白い光の(たま)がいくつも浮かんでいる。

「これで見えますかぁ」

 ヒロが窮屈そうに体を捻って横穴の入り口を見ると、両膝を揃えてしゃがみ込んだリムがこっちを覗き込んでいる。

「ありがとう。ばっちり見えるよ」

 ヒロは礼をいうと、更に奥に進む。二メートル程進んだところで、行き止まりになった。穴の奥も石壁で覆われている。ただ周囲の石壁と違うのは、一枚の石で出来ていることだ。触ってみる。表面は完璧に平坦で、ツルツルと磨き上げられていた。明らかに人工物だ。

 ヒロはドアをノックするかのようにコンコンと壁を叩いた。その感触はこれまでの石壁とは全く違って硬く、重いものだった。まるで大理石だ。

(――ここだけ違う)

 ヒロはその場で少し考えた。どう見てもこの石は意図的に置かれているようにしか見えなかった。

(もしかしたら……)

 ヒロは、石の周囲を注意深く探った。ざらざらとした横穴の壁との接触面に僅かな隙間があるのを見つけた。何とかズラせないかと指を掛けてみたが、指先のほんの数ミリくらいしか入らない。とても無理だ。

 ヒロは手元に落ちていた、石壁から崩れたであろう石の欠片を拾って隙間に突っ込んでみる。上手く隙間に入った。更に奥まで押しこもうと力を入れる。だがその途端に、欠片はパキンと中程から割れてしまった。

 続けてヒロは、背負っていたナップサックからボールペンを取り出して同じことを試みた。だが所詮はプラスチックだ。どんなに押しても芯が少し入るくらいで、とても動きそうにない。ボールペンの胴体(ボディ)がミシミシと嫌な音を立てる。このまま無理にやっても折れるのが関の山だ。

 ヒロは、チッと舌打ちをして一旦横穴から這いずり出ると、周囲の地面を丁寧に探り始めた。あの隙間に差し込んで押し広げても割れないくらいの強度を持った硬い何かがないかと探した。だが、期待も虚しく、それらしきものが見つかりそうな気配は微塵もない。

「あのぅ、何をしているのですか?」

 リムが不安そうに訊ねる。

「うん。何か硬くて尖ったものがないか探しているんだ」

 振り向きもせずヒロが答える。

「これでは如何でしょうか?」

 ヒロの前にやってきたリムが両手を広げた。彼女の可愛らしい小さな手の中に、五寸釘のような金属片があった。だが釘にしては太さが均一ではない。胴の部分も丸くなくて所々四角い所があったり酷く不格好だ。但し先端部は削り取ったような鋭角をしている。

「リム。何処でこれを?」
「そこに落ちていた石の欠片を錬成変化させて金属にしただけですけど」

 リムは、出過ぎた真似をしているとでも思ったのか、少し肩を竦めてビクビクしている。リムによると、精霊の力で鉱物の組成を変化させ、石を金属に変えることができるらしい。

「こりゃあ凄い。いけるかもしれない」

 そういって、ヒロは再び横穴に入った。先程リムが魔法で作った白い光球が出迎えてくれる。ヒロは一目散に奥に向かうと、突き当たりの()()()の横の隙間に金属片を差し込んだ。上手く刺さった。ぐいと押す。先端部が隙間にゆっくりと食い込んでいく。ヒロは落ちていた小石を、差し込んだ金属片の胴の部分と横の石壁の間に挟んだ。梃子の要領で指し込んだ側の反対側の端を圧す。ギリギリと小石が軋み、それに合わせて、奥の壁が少しずつ横にズレていく。

 リムが石を錬成して作ったという金属片は驚く程頑丈で、渾身の力を込めているにも関わらず曲るどころか(たわ)みさえしない。挟んだ小石がパキンと鳴って、(ひび)が走ったころ、丁度指が入るだけの隙間ができた。

(よし!)

 ヒロは出来た隙間に指を入れて引っ張った。重い。石はほんの少しだけジリッと動いた。やはり固定されてはいない。ヒロは横穴の中で器用に体勢を入れ替える。隙間のある方の横壁に足を掛け、前屈の姿勢を取って、石壁と()()()の隙間に両手の指を入れた。

 ――ふぅ。

 ヒロは一度深呼吸をしてから、オールを漕ぐように一気に全身を使って()()()を引く。石はガリガリという音を響かせ、奥の壁はようやくその口を開けた。

 ヒロが開いた口を覗きこむより早く、白光球はまるで意志でも持っているかのように、奥に踊り込んだ。ヒロが覗いたときには、光珠が中の様子を余すところなく照らしていた。見たところ誰もいないようだ。

 ヒロは向きを変えて、横穴から這い出ると、ずっと見守ってくれていたリムにサムズアップして見せる。

「抜け穴だ。地上(そと)に出られるかもしれない」

 ヒロの言葉にリムは顔を輝かせた。

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ