挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

108/181

13-108.黒衣の不可触に勝った男か(第二部エピローグ)



 ――石造りの小さな部屋。

 天井まで届く本棚にびっしりと囲まれたこの空間で、ラスターは老執事の報告を受けていた。それは秘密裏に探らせていた、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの動向に関するものだった。

「それは本当か?」
「はい。無名の冒険者と戦闘し敗れた由に御座います」
「その冒険者は何者か?」
「申し訳御座いませぬ。つい先頃ウオバル(ここ)のギルドに魔法使いとして登録を終えたばかりで、遠い東の国からの流れ者としか分かりませぬ」
「ふん。まぁいい。それで黒衣の不可触()の正体は分かったのか?」
(くだん)の冒険者との戦闘で仮面を剥がされたようですが、顔まではっきりとは……。ただ、バレルの報告によりますと、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは女だということで御座います」
「そんな事は分かっている」

 ラスターはつまらなそうに答えた。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルとは、裏の依頼(アンダーグラウンド)を通して何度か接触している。黒衣の不可触()は一言も発せず、魔法筆写による意思疎通であったが、肌の白さと手の様子から女であろうとは推測していた。それが確定しただけのこと。特筆すべき情報ではない。

「……黒衣の不可触()はどうしている?」
「自分を負かしたその冒険者と馬車に乗って、シャローム商会に向かったようで御座います」
「シャローム?」
「はい。馬車はシャローム商会のもので間違い御座いません。シャローム本人も姿を見せていたとのことで御座います」
「シャローム・マーロウがこの件に絡んでいるのか」
「それは分かり兼ねます。ですが黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの背後にシャローム商会がついている可能性は(たこ)う御座います」
「……」
「如何致しましょうか?」
「シャローム商会の取引を洗え。何処から何を仕入れ、誰に何を売っているかをだ。不可解な取引があれば報告せよ」
「はっ」
「それと……近いうちに黒衣の不可触()はフォーの迷宮に行く筈だ。そちらの監視を怠るなとバレルに命じよ」
「畏まりました」

 老執事が退出したことを見届けたラスターがぽつりと呟いた。

黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに勝った男か……」

 ラスターはその無名の冒険者に僅かな興味を覚えた。もしもその男が黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルと対立関係にあるのなら、使い様によっては役に立つかもしれないという思いが過ぎる。

 しかし今はまだその時ではない。まずは黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの動きを監視することだ。レーベの秘宝に繋がる手掛かりを黒衣の不可触()が見つけてこないとは限らない。

「御前、もう暫くお待ちください」

 ラスターは、薄暗がりの天井を睨んで呟いた。

第二部完
 

本話で第二部完結です。第三部は準備出来次第始めさせていただきます。引き続き、御愛読の程、宜しくお願いいたします。 
日比野庵拝
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ