挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【三部作:完結】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

105/200

13-105.そこまでです

 
 ――ザザッ。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが藪草を踏みつける。消火しようとしているのだろう。だが、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの消火活動は少し遅かった。すでにバリアの中は煙で一杯だ。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを覆う()()()()()が、よろよろとさまよう。もうすぐだ。

 ――パキン。

 軽い金属音と共に、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに纏わりついていた煙が広がり拡散していく。バリアを解除した証拠だ。

 ヒロは低い体勢からダッシュして、一気に黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに向かった。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルはバリアを解除すると同時に数歩引いて、煙から脱出する。左右に首を振ってヒロの位置を確認しようとしたが、見つけられない。

 ――ザザザザッ。

 藪草をかき分ける音。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが音のする方を見やったが、拡散していく煙の中、音の主を捉えることはできない。気が付いた時には、ヒロが数歩の距離まで迫っていた。

「でぇぇえい!」

 ヒロが低い体勢から脇に構えた木の棒を一気に逆袈裟にすりあげる。ソラリスに教わった「抜き」の剣技だ。ソラリスのそれと比べると剣速も遅く、太刀筋も甘い。およそダメージを与える程のものではなかったが、牽制にはなった。

 ヒロは黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの向かって左脇腹を狙ったが、踏み込みが甘く届かない。それでも、懸命に伸ばした棒の先端が黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの仮面を僅かに捉えた。

 ――カツン。

 乾いた音を立てて、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの白い仮面が弾け飛んだ。ヒロの攻撃を避けようと体勢を崩した黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルはそのまま後ろに倒れる。

 ――貰った!

 返す刀で黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに一撃を加えようとしたヒロの手がぴたりと止まる。

 仮面の下には、端正な顔立ちの若い女の顔があった。見覚えのある白いサークレットに深い紺色の髪。仮面に劣らぬ真っ白な素肌。切れ長の青い瞳。薄ピンクに染まる紅を引いていない唇。間違いない。

「エルテ!?」

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの正体は、冒険者ギルドで自分を代理人(マネージャー)として雇わないかと持ちかけてきた若い女、エルテだった。

「動くな!」

 動揺する心を押さえつけながら、ヒロは、ぴたりとエルテの喉元に木の棒を突きつけた。少しでも変な動きをすると容赦しない。ヒロの目がそう語っていた。

 起き上がろうとしたエルテは、動きを止め、観念したかのように目を瞑る。

「お見事! そこまでです」

 ヒロを制止する声があった。
 

●新連載はじめました!

「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」(旧題:覚醒した俺は世界最強の聖剣使いになったようです)
※リンクを張っていますので、上記をクリックしていただければ直接飛びます。 URLはこちらhttp://ncode.syosetu.com/n2085ed/

本編の八千年前の物語。レーベの秘宝に纏わる秘密・背景が明らかに!
こちらもよろしくお願いいたします

script?guid=on俺Tueee.Net! Ψ(`∀´)Ψ
こちらもどうぞ。ボーイミーツガールな恋愛SFファンタジー学園物語! 「異世界の彼女が僕の心を覗き込む」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ