挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

104/113

13-104.本番はこれからだ

 
釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)!!」

 ドゴッという派手な音と共に、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの足元が爆発した。垂直に土塊が舞い上がり、小石が黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルのバリアの中で踊る。ヒロは伸ばした右手の先からマナを地中に伸ばし、黒衣の不可触(ブラックアンタッブル)がその真上にきたタイミングで一気に点火・爆発させたのだ。それは、ついこの間習ったばかりの魔法であり、老魔法使い(モルディアス)が実演してみせた、炎粒(フレイ・ウム)の応用技だった。

 しかし、練習ではどうしても上手くいかなかった釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)の成功にも、ヒロは喜んではいなかった。単に足元の地面を吹き飛ばした程度でダメージを与えられる筈もない。

 ヒロが足元に視線を落とす。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが自身の風魔法でズタズタに切り裂いた、木の幹や枝がそこら中に散乱していた。

 ヒロは、その中から木刀の代わりになりそうな堅い木の枝を手に取った。

 本番はこれからだ。ヒロは自分の狙い通りに行くことを願った。


◇◇◇


 ――ザザッ。

 足元から不意の攻撃を受けた黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは後ずさりした。爆発した土塊に混じって吹き飛んだ藪草に火がついて、ぶすぶすと黒煙を上げる。

(逃がすか!)

 ヒロは黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの足元に狙いを定めて、釣炎球ダゥ・フレイ・マーを次々と放つ。ヒロが左手の指をクイと動かす度に、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの足元が爆発する。

 やがて、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの姿が灰色に掻き消された。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの周りが煙で一杯となったからだ。火事になるほど激しくはないものの、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの足元で次々と着火した藪草がもうもうと煙を上げる。

 ――酸欠。

 ヒロは釣炎球(ダゥ・フレイ・マー)黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを仕止められるとは元より考えてはいなかった。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが張ったバリアの内側の草を燃焼させる。それがヒロの狙いだった。

 ヒロの脳裏に、ここで襲撃されスティール・メイデンが惨殺した小悪鬼(ゴブリン)()()したときの記憶がよみがえっていた。バリアの中で物を燃やせば酸素を消費する。酸欠になれば、バリアを解除しなければならなくなる。簡単な理屈だ。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルがバリアを解除すれば、その鉄壁の防御も消える。その一瞬に全てを掛ける。それがヒロの狙いだった。

(そろそろか……)

 ヒロは手にした木の棒を左脇に構え、低い体勢を取った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ