挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

103/125

13-103.そっちが来ないなら、こっちから行くぞ

 
魔法の盾(シールド)

 ヒロが再び左手でシールドを張る。円形の盾だ。先程の魔法大盾(シールド)と違って、今度の円盾は小さく、ヒロの顔と胸あたりまでしかカバーしていない。動き易さを優先した為なのだが、その厚みは、さっきの魔法大盾(シールド)の倍以上はあった。ヒロは大きなバリアではなく、厚いバリアにすることで防御力を増すという選択をしたのだ。

 厚い魔法盾(シールド)を形成した所為(せい)なのか、頭から足迄カバーする魔法大盾(シールド)と比べて少し透明度が落ちている。だが向こうが見えなく成る程ではない。ヒロは、六角模様の若干青みがかった半透明の盾で顔面をガードしながら、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルを睨みつけた。

 ヒロの構えに違和感を感じたのか黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは足を止める。仮面の奥から微かに息が漏れるのがヒロにも聞こえた。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは右手を上げヒロを指さす。その指先はヒロの顔面から少しだけ外に逸れていた。

 ――バシュッ。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの指先が青く光り、風が集まって小さな塊となった。それは刃ではなく、風の矢だった。ミカキーノのミスリルの鎧を苦もなく貫いた魔法だ。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの指先から風の矢が放たれる。青白い空気の鏃が猛烈なスピードでヒロを襲った。

 ――ガキン!!

 ヒロの魔法盾(シールド)が高い金属音を立てる。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルが放った風の矢が、ヒロのシールドを掠って、軌道を逸らし、背後の林に吸い込まれていく。バサバサと枝葉が鳴った。

「どうした。当てないのか?」

 ヒロは挑発した。先程もそうだったが、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの攻撃はどことなく狙いが甘い。元々攻撃魔法が苦手なのか、それともわざと外しているのか。あるいは、さっきまで逃げ回っていた自分が、堂々と姿を表した事に警戒してのことか……。いずれにしても時間が稼げる。

(……まだ遠い。焦るな)

 ヒロは自分に言い聞かせた。

「そっちが来ないなら、こっちから行くぞ」

 そういってヒロは一歩踏み出した。黒衣の不可触(ブラックアンタッブル)の前の藪草が、風もないのにゆらりと動く。

 ――もう一歩。

 ヒロは更に前進した。互いの距離が数歩詰まる。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは右手を上げて肘を折り、手の平を左胸に当てる。風の大太刀魔法の予備動作だ。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルの指先が白く光った。

 それを合図に、ヒロは魔法を発動した。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ