挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結絶対保証】ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件【第三部:フォーの迷宮編】 作者:日比野庵

第二部:レーベの秘宝編

102/192

13-102.チートじゃないか

 
 そんなヒロの窮地を知ってか知らずか、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルはヒロのいる藪の中に足を踏み入れた。黒衣の不可触ブラックアンタッチャッブルの動きに合わせて、足下から半径一メートル程の範囲にある藪草が、見えない壁に当り、外側に押しのけられていく。

(やはりバリアを張っていたか……)

 何の回避行動も取らず、炎粒(フレイ・ウム)を弾き飛ばしたことから、なんらかのバリアを張っているとは推測していたが、意外とその範囲は広くなかった。だが、押しのけられる草の様子からみて、全身をぐるりと覆うタイプであることは疑いなかった。死角はない。

(糞ッ……)

 ヒロはまた舌打ちをした。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは、防御バリアを解除するような素振りを一度も見せていない。防御バリアを張ったまま、自在に攻撃魔法を繰り出せるとしたら、とんでもない相手だ。

(チートじゃないか)

 思わず呟く。

 魔法バリアの質が違うのだろうか。それとも風魔法ならバリアを張ったまま攻撃できるのか。いずれにしても、アドバンテージは黒衣の不可触(あちら)にある。

 ヒロと黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルとの距離は数十歩程にまで迫っていた。ヒロは周囲の林を見渡して落胆した。木の間隔が互いに一メートルを切るくらい密集していたら、黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは自分のバリアが邪魔になって、それ以上入ってこれなかったかもしれない。それでバリアを解除してくれたら、こっちにも攻撃できるチャンスが巡ってくる。

 ヒロは首を振った。今、自分がいる林の木はそこまで密集していない。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルは易々と入ってこれる。

 詰まるところ、スティール・メイデンでも歯が立たなかった黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブル鉄壁(バリア)を打ち破ることができなければ勝ち目はない。その事実は揺らがない。

 それに今からでは逃げ出す事もできない。それくらい接近されてしまっている。

(ここまでか……)

 ヒロは観念しかけた。

 ――!

 ヒロの口元に笑みが浮かんだ。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルに正対して立ち上がり、バリアを解除する。

 黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルはゆっくりと近づいてくる。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルのバリアで押しのけられ、一旦倒れた藪草は、バリアの内側で再び立ち上がる。バリアの厚みはそれ程でもなさそうだ。黒衣の不可触ブラック・アンタッチャブルのブーツが(くるぶし)あたりまである藪をかき分け、茶色の藪草がカサリと乾いた音を立てる。

 ヒロは左肩を前に出す形で半身の姿勢を取り、左拳を下顎の辺りに上げると、右腕を伸ばして肘を鳩尾にあてた。一見、拳法家か空手家の構えの様にも見える。だが、右の拳は腰の位置ではなくもっと前だ。しかも握り込んでおらずピンと指を伸ばして地面を指している。貫手(ぬきて)をするにしても肘を前に出した姿勢からでは威力のある攻撃は出来ない。奇妙な構えだ。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ