挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
かくれんぼ 作者:土嶺菊
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/3

エピローグのようなもの

 ~次の日~




  彼女たちは物言わぬものとして見つかった。

  事故として処理された

  けれども私はわかっていた

  あいつだと言うことを

  あいつに殺されたと言うことを





 私は学校に行くのが嫌になった。
 いろいろと聞かれるから、行く前に由美はいろんな人に七不思議を解明すると言っていたらしい。バカだろ、あいつ。
 でも話したくなかった、話せなかった。
 話したらあいつがやって来そうだったから。
 でも、学校は行かなければならなかった。

 でも、しばらく二階には行きたくなかった。
 あの鏡は見たくなかった。





  ~数か月後~

  「ねえ鈴ちゃん、放課後ちょっとついてきて。お願い!!」
 そう急に言われたのはあのことがあってからしばらくしてからだった。私は(がん)として縦に振る気はなかったが、あまりにもしつこかったので縦に振ることしか出来なかった。

 まさかまさかまた





  「ごめんね、鈴ちゃん。
 ミコちゃん遊ぼ」


  「やめて」


 またどこからかコツリコツリと聞こえて


  『いーいよ』


 またどこからか声が聞こえてくる。


 やめてやめて

 また始まるの……

 なんでそんなことするんだ。
 なんで私を誘う
 好奇心で身を滅ばされるんだよ!!




























『みーつけた』













二回目になりますがよくわからないことになっているような気がします。申し訳ありません。
少しでも怖がっていただけたのなら……
何かおかしなところがありましたらお伝えください。
それでは読んでいただけたらありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ