挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
かくれんぼ 作者:土嶺菊
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/3

プロローグのようなもの

 学校の七不思議っていうのはどこの学校にもあるのかな。少なくとも私の学校にはあった。知っている人は多くはないし、私自身興味なかったんだけど。じゃあどうして知っているのかって?そりゃ友だちに教えられたっていうのと、

 オカ研のメンバーだから

 かな?

 興味ないくせになんで入ってるんだって?まあ私自身今でも思ってるよ、なんで私入ってるんだろ?って。理由は簡単なんだけど。

 その友だちが入ったから。別にこれといって入りたいものも何もなかったし、ならいいや、みたいな理由で。
 多分君たちは私のことを省エネな人間だとか、やる気のない人間だとか思っているのだろう。確かにそうだ、基本的には。ただ困ったことにやる気はないくせに好奇心は人一倍あることを自負している。本当に困ったものだ。好奇心はあるのにやる気はない。なんという矛盾した人間なんだろう。
 ただそれが私なのだろう。
 それは変わらないのだろう。
 ずっと、ずっと。
 そう思っていた。


 そう思っていたかったのに

 なんで、なんで

 こうなった?

 コツリ、コツリと静かに足音が近づいてくる。
 嫌、こっちに来るな。
 あの子たちは何分に設定してた?
 五時?六時?
 何でも良い
 早く、早く

 時間が過ぎて…………

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ