挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神封巫女伝 作者:栗田隆喬
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/28

プロローグ(4)

 アミネの意識は再び肉体に戻っていた。
 腕からの激痛が、森と溶け合った意識を現実に引き戻した。森の神が見せる美しい幻想に惑わされぬよう、シルメトの巫女は日々修練を行っていた。その一つが、覚醒の術。腕には無意識のうちにも、短剣が深く突き刺されていた。刃が肉をえぐり、あたりは鮮血に染まる。
 ――これはすこし、深く刺しすぎだな。
 尋常ではないはずの肉体の痛みも、すでに一度、身体を抜け出た意識には、どこか遠く、夢の世界のできごとのように感じられる。自分の傷の様子さえ、他人事のように思われた。
 むしろ、ひとたび結ばれた森の神の意識との一体感が、あまりに心地よかった。修練の成果とは言え、突然にそこから引き離されたことのほうが、深い心の痛みとなった。
 しかし、木の枝に身を貫かれ、命を失った若い兵士の苦悶の表情が目に飛び込んできた瞬間、アミネの意識は、完全に戻ってきた。
 あの、指揮官だった。
 彼が、死んだ……。
 自らの肉体の激痛とともに、抑えられないほどの怒りとなって渦巻き始めた。

 許さない。
 絶対に、許さない。
 力あるものであろうと。
 たとえそれが、神であろうと……。

 アミネは心のうちに、まだ残る森の神の意識を捕らえた。
 ――その名を明かせ。真の名を、我に明かせっ。
 アミネは自ら、神の意識を取り込んだ。

 神の側から見えたのは、人の姿だった。
 薄汚く醜悪な人の姿。それはイアの民。
 鉄。
 切り倒される木々。
 飢え、衰えていく動物たち。
 汚される水。
 命を失う、土。
 風は不浄を運び、火が森のすべてを焼き払っていく。
 清めの名のもとに……。
 そして薄汚く、醜悪な衣をまとった、不浄の人。
 アミネ自身だった。
 アミネの激しい怒りが、薄明かりの世界を大きくゆがめる。
 そして炎の柱がいくつも立ち上がり、森の神を完全に取り囲んだ。
 神は、ただ独りの娘の前に、為すすべもなく、炎で焼かれた。
 太古よりこの地を統べてきた、楢木の神だった。
 枝葉の焦げる音とともに、神の真名が音の塊となってアミネの元に飛び込んできた。


 ふたたびアミネの意識は、現実の森に戻っていた。
 無意識に入り込んで真名を明かしつつも、手には修練通り、神封の鏡を握っていた。
 いざ、儀式の最後の段に入ろうとすると、木の神の声が、人の言葉、それも、イアの言葉でアミネに語りかけてきた。
(人の身で、神を封じる、そのようなことが、許されると思っているのか)
 いつか聞いたのと、同じ問い。
 だが、アミネは答えない。
 先ほどまで笑顔を見せていた、若い兵士のむくろ。そっと唇を重ねると、アミネは血まみれの鉄鏡をかかげ、神の真名をそこに封じた。
 あたりに漂っていた神気は、渦を巻きながら鏡に吸い込まれていく。
(身に宿いし力を用いることのできぬ、愚かな女よ。同じ過ちを繰り返し、おまえの民は、やがて森だけでなく、大地も殺すだろう。愚かなることを、忘れぬよう、身体に刻み付けてやる。苦しめ。苦しんで、わが言霊を思い出せ。思い出せぬ限り、苦しみつづけるがいい)
 神の、最後の言葉だった。
 ――忘れるものか。
 アミネは泣いていた。
 何もかもが、離れていく。
 そして、すべては、自ら招いた結果なのだ。
 ――忘れるものか。
 アミネは手にした鉄鏡を、空に放つ。
 赤い血の滴を散らし、きらめきながら鏡は舞い上がった。
「はっ」
 傷つけることさえ難しい神封の鏡が、シルメトの気で粉々に砕け散った。
 その瞬間、全身を貫くような激痛が走り、呪いが突き抜けていく。
 だが、アミネにとっては、神の呪いも身体の痛みも、失ったものにくらべたら、どうでもよかった。


 森は静寂につつまれた。
 あたりには、折れた木の枝と、兵のむくろが散乱している。
 先ほどまでの、森の命を運ぶ輝く光の流れは途絶えた。
 風のそよぎさえ感じられない。
 遠くから聞こえる水音だけが、変わらず、かすかに響きつづけている。

 向こうで楢木の巨木が傾ぎ、地響きを立て、倒れた。


 古き森の神が、また一柱、消えた。
創作物語工房
作者のブログ。執筆状況なども書いてます。
なかなか新作・続きがアップされないときは
チェックしてみてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ