挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
神封巫女伝 作者:栗田隆喬
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/28

第一章(12)

 ヤツヒは、足元に横たわるイアの娘を見下ろした。
 衣の胸元が、ゆっくり上下している様子から、生きていることはわかる。寝ているのに近いのかもしれない。
「おい、起きろ」
 イアの言葉で声がけしても、反応はない。
 ヤツヒは目を閉じると、森の気配を受け止めた。隠れている光の流れを追って、樫の木の精霊に繋がる。
「もう出てきても大丈夫だぞ」
 そう呼びかけると、暗闇から少女が現れた。大きな黒い瞳でヤツヒを見あげる。
『御苦労だったな、ヤツヒ』
「おう。……本当にこいつが担い手なのか」
 少女は深々とうなづく。
『この娘、『外されっ子』であったろ』
「ああ。おまえにも、森の息吹にも気づかない」
『おまけに、草の組み合わせが見事に効いた。二つそろっとるのは何よりの証拠じゃて』
「それにしてもさ、なんで俺は平気なのに、この娘だけ眠りに落ちたんだ」
『ありゃ、毒落としじゃからな。身体にたまった毒がでていくと、強い眠気が起こる。いくら禊を繰り返しても、神々の呪いを受けている身ならば、あっと言う間にぐっすりと寝入ってしまうわけよ』
「俺も少し眠いや」
『娘に触れたり話したりで、気づかぬうちにおぬしも穢れたんじゃろ。あとでしばらく、うたた寝でもしてから、ようく禊しろ』
「ああ」
『それと、禊ぎの前は、わしに触れるなよ。……穢らわしい』
「分かってるって。それにしてもなぁ、こんどはさすがに内心ひやひやしてたんだぞ。もし俺の穢れが大きかったら、イアの娘と二人そろって、仲良く気を失ってたかもしれないんだろ」
『まぁ、そうなるの』
「下手をすると娘の方が先に目覚めて、俺を絞め殺していたかもしれないわけだ。つくづく危ないことをさせるな、おまえも」
『なぁに。そうなったら骨ぐらいは拾ってやる。感謝しろ』
 ヤツヒは苦笑いを浮かべた。
「ありがたいお言葉、だな……。だが、本当はそこの娘なんかより、俺の方が穢れていても不思議ではないぞ。さっき、嘘をついてしまった」
『一服盛るつもりはない、などと、下手なことを口走るからよ。それに、ほんとうに毒を盛ったわけではなし。ま、気にするでない。平気で言葉を違えるイアの連中に比べたら、全くかわいいもんじゃて。第一、精霊の言葉に忠実に従ったのじゃから、エナイの末としては、最高の行いぞ。よしよし、わしがほめてつかわそう。……どうじゃ、ほめたついでに、願いをもう一つ、かなえてやってもいいがな。何かないか、何かないか』
「断るっ。願い事などもう二度とするもんか。……特にあんたにはな」
『ふん。どうせそのうち、泣きついてくるに決まっとるに。楽しみにまっといてやるから、それまで取っとけ』
 笑っていた少女は真顔になると、足元に横たわるイアの娘を見下ろした。
『だいたい、一服盛るのどうのなど、ささいな事じゃ。こやつはイアの娘、それも神殺しの巫女。ついこの前、楢木の森神様がお隠れになったじゃろ……』
「おい、まさかっ……」
『信じられんかもしれぬがな、その、まさかよ』
 ヤツヒも、改めてイアの娘を見下ろした。こんな小娘が、神の代から続いてきた、古い森神を滅したとは。かたわらの少女も、イアの娘を睨みつけている。その瞳には、冷たい光が宿っていた。
『許されるならば即刻、わしがこの手で息の根を止めてやるんじゃが』
「俺がやる」
『待て、このまま運ぶんじゃ』
「……ここで殺してしまった方が、娘のためにもいいんじゃないか」
『殺すは一瞬。だが償いは、生きたものにしかできぬ。それも時間をかけての。そんなに易々と償いもせずに現世うつしよから逃げ出すのを、わしらが許すと思うか。ウイを甘く見るでない』
 少女は大きく背を反り、精一杯に意地が悪そうな笑いを浮かべている。
「だけど連中にはどう言えばいい。イアの娘の面倒を見てくれって言うだけでも気が重いのに、さすがにそいつが森神殺しだなんて……」
 今度は本当に意地の悪い笑みを少女は浮かべた。
『おぬしはまっこと、プノンよの。何をふざけたことを言うとる。おぬしが面倒を見るに決まっとるだろうが』
「ええっ」
創作物語工房
作者のブログ。執筆状況なども書いてます。
なかなか新作・続きがアップされないときは
チェックしてみてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ