挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

透視ソフト

作者:尚文産商堂
きっと、このソフトを公開すると、10分かからずに公開停止になるだろう。
でも、俺は構わない。
その間に買ってくれる人たちがいるならば。

きっかけになったのは、一つのメッセージからだ。
そのころも、すでに俺はソフトをいろいろと作っていた。
とあるサイトでそれを売っていたが、あまり売れ行きは良くなかった。
その時、骨格から体型を推定する方法があるという、怪しいメッセージがとどいた。
ついでだったから、俺はそのメッセージに張られていたURLへ飛び、中を確認してみた。
骨格学の基礎のページに飛ばされたのだが、そのページに載っていたことを目で追っていくにつ入れて、だんだんと、骨格だけを調べるところから、脂肪のつき方を推定して、そこからすべてを計算してから、その人の体を想定するということが可能なのだと、理解できた。
最初のメッセージは、そのことを言っていたのだろうと、俺は考えたわけだ。
あとすることは一つだけ。
そのソフトを組み立てるだけだ。

さて、俺が考えているソフトの計算方法はこうだ。
まず、光源方向をあらかじめ指定しておく。
次にカメラ機能を使って、被写体の姿を撮影する。
その被写体の性別を入力すると、影や凸凹を自動的に判別し、推定される姿を映すことができる。
ちなみに、判別できるのは人間だけであるが、人間であれば、基本的に誰であっても行うことができる。
さあ、ソフトはできた。
どんな反応が帰ってくるか、これから楽しみだ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼悪い点
▼一言
― お薦めレビューを書く ―
レビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ