挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【詩】愛する者の魂を天へ送る歌

作者:菜宮 雪
風よ 舞い上がれ
やさしく やさしく
魂よ それに乗り飛べ
この世に未練を残さぬよう
こころおきなく 旅立てるよう

風よ 二度と会えぬなら
その情熱を燃やして 舞い踊れ

風よ 包んでくれ
やわらかく やわらかく
魂よ それに包まれ笑え
あたたかい 思い出だけが残るよう
共に生きた喜びが 胸にあるよう

風よ 二度と抱けぬなら
激情のかけらも 包んでしまえ

魂よ 昇って行け
ゆっくりと ゆっくりと
風よ 魂と共に行け
新たな幸ある天へ まっすぐに
魂が迷わぬよう 戻って来ぬよう

風よ 二度と戻らぬなら
私の悲しみをすべて 消して行け

風よ 吹き抜けよ
さわやかに さわやかに
風よ 私の願いをかなえよ
愛する者の魂を 無事に天へ

この流れる涙も 共に
切り裂かれる思いも 共に 
どうか 持って行ってくれ 
私の心に 日が射すように

さらば 別れゆく愛する魂よ
ありがとう 私が愛した者よ
肉体は地へ 魂は天へ
生をうけし時から
定められたそれぞれの場所へ
今 別れゆく

風よ 風よ
どうか この思い届け

二度と会えぬなら
私の願いを 
風よ 愛する魂を無事に天へ




〜〜〜〜〜〜〜


 この詩は、自作のファンタジー小説(未発表)の中で作ったものを取り出したものです。
 お読みいただき、ありがとうございました。
   2008年7月   菜宮 雪

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ