挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

200文字しかない小説

ひどいやつ(200字小説)

作者:菜宮 雪
「終りにしよ。さようなら」

かわいい唇からさらりとこぼれた別れ言葉。
彼女は僕に背を向け歩き出す。

思い出の海岸へ行きたいと言われたときから、こうなりそうな予感はしていた。
食事中に無言でスマホをいじっていた彼女。僕がいてもいなくても関係ない。

彼女は未練の欠片も見せず、どんどん遠ざかっていく。

何だよ。
僕をここへ連れ出しておいて置き去りにするつもりかよ。

僕は足元の湿った石を拾い、全力で彼女の背に投げつけた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ