挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

昔物語集(童話)

屏風の狐女房 (昔物語11)

作者:かとうけい
 その昔。
 孫七という独り者の表具師がいた。
 表具師とは紙や布に書かれた書画を、巻物や軸物などに仕立てる者のことをいう。
 ある日のこと。
 かねてより知り合いの旧家より、捨てられる寸前の一本の掛け軸をもらい受けた。倉の整理中に出たのだが、虫食いがひどいのでいらないのだという。
 そこは表具師。
 孫七は虫食いだらけの掛け軸から、絵が描かれた紙をはがし取ったのち、流水で染みや汚れをていねいに洗い流した。それが仕上がると、日陰で乾かし、裏打ち紙を貼って虫食いを補修した。
 数日後。
 補修が終わって生まれ変わった絵は、この絵のために新調した二枚折りの枕屏風に貼られてあった。
 絵の中。
 一匹の狐が竹林にいる。
 孫七は屏風を枕元に開いて寝た。
 その翌夕。
 若い娘が孫七の家を訪れ、一晩だけでもいいので泊めてほしいと訴える。
「ゆっくりするがいい」
 孫七は娘を招き入れると、晩飯を食べさせ、手厚くもてなしてやった。
 すると……。
 娘はそのまま家に居ついて、孫七の女房になったのである。

 一年後。
 女房は赤子を産んだ。
 ところが……。
 女房はお産のあと病に伏し、赤子に乳をやらぬまま死んでしまう。
 して、その日の夜から。
 孫七は奇妙な夢にうなされるようになった。夜な夜な、女房の亡霊が夢枕に立つのである。
 孫七は兄者に相談をした。
「実は兄者、このごろ毎晩のように、女房の幽霊が枕元に現れるんで」
「赤子を残しては成仏できんのじゃろう。あの世に行くよう、ワシが言いさとしてやろう」
 その晩。
 兄者は隣の部屋から見張った。
 すると深夜。
 枕屏風から狐が飛び出す。
 狐は孫七が眠っているのを確かめてから、すぐさま女房に化身した。それから赤子を抱き上げ、己の乳を赤子の口にふくませた。
 赤子が乳を飲む。
 このようすを……。
――妖なるものだったのか……。
 兄者はただただおどろくばかりで、障子の穴からじっとのぞき見ていた。
 女房は赤子に乳を飲ませ終えると、狐に姿を変えて屏風の中にもどったのだった。

 翌朝。
 兄者は孫七に、死んだ女房は狐の化身、屏風の絵に描かれた狐だったことを教えた。
「では、この子に乳をやるために」
 孫七は我が子を見やった。
 孫七のそばには、スヤスヤと寝息をたてて眠る赤子がいたのである。
「だが孫七、そうであっても、あやつは妖だ。このままではいずれ赤子が、いやオマエまでも、屏風の中に連れて行かれるやしれん」
 孫七と赤子のことを心配した兄者は、今夜は狐の妖を退治してやると言う。
 その晩も。
 狐が屏風から出て女房に姿を変える。
 それを見た兄者は、すぐさま隣の部屋から飛び出すと、手にした棒で女房を打ちすえた。
 女房が狐にもどる。
 孫七は、そばに息絶えた狐がいることを知った。それから確かめるように屏風を見た。
 屏風の絵、竹林にいるはずの狐が消えている。
「では、やはり……」
 孫七は狐を抱きかかえると、庭の一画に手厚く葬ってやったのだった。

 その屏風は代々、今も孫七の子孫によって受け継がれているそうだ。
 屏風の絵。
 それは竹林の絵だという。
 狐は描かれていないという。




評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ